アフィリエイトは危険?やめたほうがいいと言われる理由

2021年9月6日

アフィリエイトはやめたほうがいいのか

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住

「アフィリエイトは危険だからやめたほうがいいという情報をみたのだけど、実際のところはどうなの?」

こんな疑問に答えます。

これからアフィリエイトをしようか迷っている方は、「アフィリエイトはやめたほうがいい」という意見をみると、本当にやめるべきなのか気になりますよね。

僕も過去に知人から「アフィリエイトは時代遅れ」といわれたことがあります。ネットを見ると「アフィリエイトはオワコン」という情報も散見されますね。

なぜ彼らはそのようなことを言うのでしょうか?

この記事をお読みいただければ、「アフィリエイトはやめとけと言われる理由」についてわかりますよ。

僕は現役のフリーランスブロガー兼プログラマーです。Webの資格でSEO検定を保有しておりますので、それらの知見をもとに、情報をお伝えしていきますね。

記事の後半では、「アフィリエイトは一度はやったほうが良い理由」についても解説しました。

ぜひ最後までご覧いただき、アフィリエイトはやめるべきなのかどうか、ご自身の目で確かめてみてください。

アフィリエイトは危険だからやめたほうがいい?理由4つ

結論として、アフィリエイトはやめとけと言われる理由は、以下の要因が大きいです。

  • 逮捕された事例があるから
  • 古いイメージがあるから
  • 実際に稼げなかった人が言っている
  • 胡散臭いイメージが強いから
  • 成果が出るまでに時間がかかるから

どういうことか解説していきますね。

逮捕された事例があるから

アフィリエイトで稼ぎたいがあまり、過度な広告宣伝をしたり、真実ではない情報を流して逮捕されてしまった事例があります。

そういった事例を見て、「アフィリエイトは危険」というイメージが世間に染み付いてしまったのでしょう。

とはいえ、アフィリエイトに限らず、何事も使い方を間違えると危険性は伴います。

正しいやり方で運営すれば、まず逮捕されることはありませんし、むしろ「情報を提供して人の役に立てる」というメリットがあります。

古いイメージがあるから

アフィリエイトはやめたほうがいいと言われる一つ目の理由は、「古いイメージがあるから」です。

アフィリエイト反対派の方は「アフィリエイトは時代遅れ」「他の副業の方がもっといいのあるからやめとけ」と言いたいのでしょう。

しかし、事実として、アフィリエイト業界は右肩上がりに伸びています。

さらにSNSやネットを見ればお分かりいただけますが、実際に現在でも、アフィリエイトで稼いでいる人はたくさんいます。

実際に稼げなかった人が言っている

アフィリエイトはやめとけと言う人の大半は、稼げていない人が多いです。

僕の知人は4年前に「アフィリエイトは時代遅れやな」といっていました。でも、知人にその話を深掘りしてみると、知人はアフィリエイトで数千円しか稼げなかったといいます。

ちなみにその知人は、ネットショップで生計を立てていました。

つまり、数千円しか稼げなかったアフィリエイトよりも、「ネットショップの方が儲かる」というイメージが強かったのでしょう。

胡散臭いイメージが強いから

アフィリエイトはやめた方がいいと言われるのは、胡散臭いイメージがあるからです。

ときどきアフィリエイターが、不適切な広告運用を行い、逮捕されるニュースが流れることがありますよね。

そういった一部の人の影響により、「アフィリエイトは胡散臭い」というイメージが、世間に浸透していると考えられます。

でも、実際アフィリエイトは、リアルでやっている営業をネット上で行っているだけにすぎません。

アフィリエイトは、読者にとって必要な商品を必要なタイミングで届け、その対価として報酬がもらえるのです。

成果が出るまでに時間がかかるから

アフィリエイトはやめた方がいいと言われる理由のひとつとして、「成果が出るまでに時間がかかるから」という意見があげられます。

たしかに、アフィリエイトはブログを立ち上げてから約半年〜1年、長いと2年ほど経ってから成果が出るケースがあります。

そのため、即金性がなくて稼げずにやめていく方が多いのも事実です。

やめていく方は、稼げない期間に耐えられないので、「何のためにやっているのかわからない」という状態に陥っているのです。

なので、「アフィリエイトはやめたほうがいい」と、反対されるのではないでしょうか。

アフィリエイトはやめたほうがいい人の特徴

アフィリエイトは適切に取り組めば、成果を上げることはできますし、真っ当な事業の一つです。

しかし、実際にアフィリエイトはやめたほうがいい人の特徴もありますので、その特徴をあげていきます。

以下の流れでみていきましょう。

  • 自己流でやりたがる
  • 作業時間が作れない
  • リスクを背負う
  • 稼ぐことだけを目的にする
  • できない理由ばかり探す
  • 分析を怠る
  • 一人で黙々と作業するのが苦手

自己流でやりたがる

自己流でやりたがる人は、アフィリエイトはやめたほうがいいといえます。

なぜなら、アフィリエイトで成果が出るパターンは、大体決まっているからです。

それは、「ユーザーが120%満足する記事を書く」です。

読みにきてくれた人は、何かしらの情報が知りたくて、何かしらの悩みを解決したくて検索してみにきています。

その要望にきちんと応える記事を書き、その対価として広告収入が得られるのです。

自分の書きたいことを優先し、日記のようなことを書いてしまうと、読者にとって有益とはならないので読まれないというわけです。

アフィリエイトは自己流よりも、「ユーザー目線で運営ができる人」が向いています。

作業時間が作れない

作業時間が作れない人も、アフィリエイトは向いていないと言えます。

理由としては、アフィリエイトで成果が出るには、時間がかかるからですね。

そして時間がかかると言っても、「膨大な作業をこなした上で時間がかかる」ということなので、量をこなすことが前提です。

100記事書いたり、アクセスがこない記事を分析したり、記事をリライトしたり

やることが多いので、「仕事が忙しい」「時間がない...」という方は、アフィリエイトよりも、即金性のある副業を探した方が良いですね。

リスクを背負う

自らリスクを背負う方は、アフィリエイトには向いていないと言えます。

アフィリエイトはルールを守っていれば、さほどリスクはないです。しかし、ときどきルール違反をする方がニュースになっています。

たとえば、「美容関連の偽造ビフォーアフター画像を使う」とかですね。読み手は、その偽物の情報を信じて実際に商品を買ってしまったりするので、これは大問題です。

「そんなの当たり前にアウトでしょ!」と思う方もいるかもですが、このような違反をする方が中にはいるのです。

当たり前のことを守れないなら、アフィリエイトはやめたほうがいいかもです。

稼ぐことだけを目的にする

アフィリエイトはすぐに成果が出ないので、稼ぐことだけを目的にしてしまうと厳しいです。

成果が出ない期間も、コツコツ愚直に作業できるひとが、結果を出している印象があります。

1年で月10万円稼ぐ方や2年で月100万円稼ぐ方などもいます。でも、そんなすごい人でも、最初の半年は0円とかよくある話です。

ある程度の期間は、「タダ働きする」くらいの方が長続きしますし、結果が出やすいです。

できない理由ばかり探す

できない理由ばかり探すのもアフィリエイトには向いていないです。

たとえば、「今日は疲れたから動画でもみて寝よう」「キーワード探すの面倒だから今日はやめよう」とかですね。

そうではなく、「今日は疲れたけど、5分だけでもやってみよう」「キーワード探すの面倒だから、ツールを使って一気にまとめて探しておこう」といった"できる理由"を探せる人が、アフィリエイトには向いています。

分析を怠る

アフィリエイトは新規記事ばかり書いていても、実は稼げません。

過去記事を新しい情報に更新したり、アクセスが来ない原因を分析して、改善をしないといけないです。

分析をするには、アクセス解析用のアナリティクスやサーチコンソールといったツールを使い、キーワードや記事の構成を見直す必要があります。

アフィリエイトは地味な作業が多く、数字と向き合う必要があるため、分析と改善が必要になります。

なので、分析が好きな方は、アフィリエイトに向いているといえますね。

一人で黙々と作業するのが苦手

誰かと一緒じゃないと作業ができないという方は、向いていないかもしれません。

アフィリエイトは基本的にパソコンでの作業なので、ひとりで記事の構成や執筆を行なっていきます。

一人で黙々と作業をするのが苦痛という方には、淡々と作業をするアフィリエイトは厳しいです。

アフィリエイトは一度はやってみるべき理由

アフィリエイトはやめとけという意見もありますが、僕はみんな一回は経験しておくべきと思っています。

何事もそうですが、向いてるか向いてないかって、やってみないとわからないですよね。

ここからは「アフィリエイトは誰でも一度はやってみるべき理由」について解説していきます。

  • 自分の力で稼ぐ感覚を身につけられる
  • 低コストでできる
  • Webスキルが身につく
  • リターンが大きい
  • パソコン音痴でも簡単に始められる

自分の力で稼ぐ感覚を身につけられる

アフィリエイトは、一度は経験しておくべきだと、僕は思っています。

理由は、「自分の力で稼ぐ感覚を身につけられるから」です。

正社員やアルバイトで働くと給料がもらえますが、それは会社の利益を上げるために働いて、その対価として給料をもらっていることになります。

別の言い方をすると、仕事をサボっても、ばれなければ給料がもらえます。

しかし、アフィリエイトは自分次第で成果が変わる、「自己完結のビジネス」です。

自分の頑張り次第で収入が変わるので、サラリーマンでは味わえないメリットがあります。

低コストでできる

アフィリエイトは月々1,000円ほどでレンタルサーバーを借りれば、すぐに始められます。

株やFXとかだと、一気に資金がマイナスになるリスクがありますが、アフィリエイトはそんなことはありません。

月1,000円の経費に対して、1万円でもリターンがあれば、プラス9,000円になります。

ここまで低コストで運営できるのは、かなりお得です。

いまからアフィリエイトを始めたい方は、以下でブログの開設手順をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Webのスキルが身につく

アフィリエイトをすることで、色々なWebスキルが身につきます。

  • Webマーケティングスキル
  • SEO
  • ライティング
  • 論理的思考力
  • 継続力

などなど。

一度これらのスキルを身につければ、別のアフィリエイトサイトを作ったとしても、横展開すればいいです。

リターンが大きい

アフィリエイトで稼げる金額の目安は、月0円~100万円ほどと幅広いです。

仮に会社で給料月5万円をあげようと思うと、1年頑張ってもあげられるかどうか不明ですよね。と言うよりも難しいと思います。

しかしアフィリエイトであれば、1年間頑張って記事を書き続けることができれば、月1~5万円は目指せます。月1万円でも稼げるスキルが身につけば、あとはその方法で良質な記事を増やしていけば、収入をさらに伸ばすことが可能です。

アフィリエイトはローリスクなので、やってみる価値は大いにありますよ。

パソコン音痴でも簡単に始められる

昔はブログを立ち上げるのに普通に丸1日かかりましたが、今は10分もあれば誰でもすぐにブログを開設することができます。

パソコン音痴の方でも問題ないです。

アフィリエイトを始める方法をざっくりいうと、「ブログを立ち上げる→広告を選ぶ→キーワードをもとに記事を書く」です。

アフィリエイトは、プログラミングのような専門知識は不要で、人に伝わる文章が書ける人なら始められます。

アフィリエイトは今から始めても遅くはない:まとめ

アフィリエイト業界は右肩上がりに伸びていますし、今からでもおそくないですよ。

アフィリエイトは昔からあるので「古い」「時代遅れ」と言う方もいますが、そういう方の大半は、実際に稼げていないことが多いです。

アフィリエイトは月々の費用は1,000円ほどあれば運営できますし、失敗しても失うものは費やした時間くらいでしょうか。

副収入として、月1万円でも5万円でも稼げるようになれば、今の生活にプラスになりますし、圧倒的に心に余裕ができますよ。

以下の記事では、アフィリエイトに必要な知識を身につける方法を解説していますので、あわせて読んでみてください。

  • この記事を書いた人

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住