ブログをやる意味は?メリットとデメリットを個人ブロガーが解説

2021年9月25日

ブログを書くメリットとデメリット

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住

「ブログをやる意味は何ですか?メリットとデメリットを教えて欲しい」

こんな疑問に答えます。

ブログは月々たったの1,000円ほどで運営ができて、収益化ができるメリットがあります。

一方で、なかなか継続ができなかったり、稼げずに辞めてしまう方も多いです。

本記事では、「ブログをやる意味」「ブログを書くメリットとデメリット」を解説していきます。

僕自身、フリーランスブロガー兼プログラマーをやっています。個人で当ブログを運営していますので、実体験を基にブログのメリットとデメリットをお伝えしますね。

今すでにブログをされている方や、これからブログを始めようか迷っている方には参考になる内容かと。

4分ほどでお読みいただけますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  1. ブログをやる意味とは
  2. ブログを書くメリット13選
  3. ブログを書くデメリット8選
  4. 無料ブログのメリットとデメリット
  5. WordPressブログのメリットとデメリット
  6. ブログに向いてる人向いてない人
  7. 個人が今からブログを始めても遅くない?
  8. ブログはコスパが良い:まとめ

ブログをやる意味とは

ブログをやる意味

結論として、ブログをやる意味は以下の通りです。

  • 副業で稼ぐ
  • 趣味で楽しむ
  • 備忘録として使う
  • 影響力をつける
  • SNSやYoutubeに送客する
  • 仕事を受注する
  • 時間と場所に縛られず働きたい

ブログをやる意味1:副業で稼ぐため

ブログを書く1つ目の理由は、「副業で稼ぐため」です。

自分で書いたブログの記事に広告を貼り、読者がその広告をクリックして商品の購入やサービス登録をすることで、収益が発生します。

世間一般で言うブロガーやアフィリエイターたちは、この広告収入を得る目的で運営されている方が多いです。

ブログをやる意味2:趣味で楽しむ

2つ目の理由は「趣味で楽しむため」です。

世の中には映画や読書が趣味という方がいるように、ブログを書くことが趣味な方もいます。

たとえば、

  • 映画好きな人:映画レビュー
  • 読書好きな人:書評
  • ゲーム好きな人:攻略サイト、レビュー

などなど。

上記の他にも、日常生活の出来事を、日記としてブログに書く方もいますね。

ブログをやる意味3:備忘録として使う

ブログを備忘録として使っている方もいます。

たとえば、資格試験の勉強で学んだことを、ブログでアウトプットしたり、新人研修で習ったことをまとめたりと。

ブログは備忘録として使うこともできます。

ブログをやる意味4:影響力をつける

4つ目の理由は、影響力をつけるためです。

影響力のある人、いわゆる「インフルエンサー」になれば、企業から案件の依頼がきたり、マーケティングがしやすくなったりします。

様々な恩恵を受けることができるので、一般人でもブログを書く価値はあります。

ブログをやる意味5:SNSやYouTubeに送客

5つ目の理由は「SNSやYoutubeに送客するため」です。

ブログに来た読者を、SNSやYoutubeにアクセスを流すことで、フォロワー数やチャンネル登録者数の増加が期待できます。

SNSやYoutube単独でやるよりも、ブログなどの複数のプラットフォームを掛け合わせて、相乗効果を発揮させている方もいるのです。

ブログをやる意味6:仕事を受注する

ブログを書く6つ目の理由は、仕事を受注するためです。

ブログのプロフィールに、自分のやりたい仕事とその業界での実績を記載しておけば、企業から仕事の依頼をもらえることがあります。

たとえば、Webライターの方であればライティングの仕事がもらえたり、コンサルができる人ならコンサルの依頼がきたりします。

ブログをビジネスとして、利用している方もいるのです。

ブログをやる意味7:時間と場所に縛られず働く

ブログを書く7つ目の理由は、時間と場所に縛られずに働くためです。

ブログは自分で書いた記事に広告を貼っておくことで、収益が発生することがあります。この広告収入を増やすために、ブログをしている方は多いです。

ブログ収入は月1円〜多い人で月1,000万円以上稼ぐ方もいます。ブログ収入を増やし、「時間と場所に縛られずに生きていきたい」という方もいるのです。

ブログは月1,000円ほどで運営できるので、気軽に始めてみると良いですよ。

以下記事で、10分でブログを開設できる手順をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブログを書くメリット13選

ブログを書くメリット

ブログを書くメリットを13個解説していきます!

メリット①:文章力が向上する

1つ目のメリットは「文章力が向上する」です。

なぜなら、ブログは1記事あたり3000文字〜5000文字は書くことが多いからです。

たとえば、それが100記事とか積み上がっていけば、かなりの文章力が身についています。

文章力があれば、仕事のメールやチャットを送る際のコミュニケーションコストがさがります。

それだけではなく、ブログで読まれる文章を書けるようにもなります。記事が読まれると、検索の上位に上がりやすくなります。

検索上位に上がることで、アクセスアップや収益化につなげることもできますよ。

メリット②:専門知識が身につく

2つ目のメリットは「専門知識が身につく」です。

ブログ記事を書く前は、書くネタについてリサーチを行うので、知識がインプットされるんですよね。

たとえば「40代におすすめの映画」というタイトルで書く場合、どんな映画があるのかについて調べるため、映画について詳しくなれます。

インプットした知識をブログに書くことで、アウトプットもできるので、知識が定着しやすいです。

メリット③:思考が整理される

3つ目のメリットは「思考が整理される」です。

頭に思い浮かべていることを文章に表すことで、言語化ができます。

普段から頭の中であれこれ物事を考えるより、書き出した方がスッキリしますよね。

文章を書くにしても、わりと頭を使って考えないといけないので、考える力も身につきます。

メリット④:情報収集力が身につく

ブログを書く4つ目のメリットは「情報収集力が身につく」です。

現代社会では情報がありふれていますが、アンテナを張っていないと、情報不足になりがちです。

ブログは記事を書く際に、インターネットやSNS等でリサーチをしますので、色々な情報に触れる機会があります。

特に雑記ブロガーは、常にブログ記事のネタがないか日頃からアンテナを張っているので、情報に敏感になっています。

メリット⑤:web周りの知識が身につく

ブログを書く5つ目のメリットは「web周りの知識が身につく」です。

Web用語

  • URL
  • ドメイン
  • WordPress
  • SEO
  • HTML
  • CSS
  • サーバー

主に上記の通り。他にもたくさんあります。

これからは技術が発展していって、どんどん便利な時代になっていきますので、基本的なWeb用語は知っておいて損はないです。

メリット⑥:人の役に立てる

ブログを書く6つ目のメリットは「人の役に立てる」です。

インターネットで検索するユーザーは、何かしらの問題を抱えております。

ブログでユーザーの悩みを解決する記事を書くことで、困ってる読者の役に立てているのです。

ちなみに読者満足度が高い記事は、検索結果の上位に上がりやすく、アクセス数も伸ばしやすいです。

メリット⑦:収益が上がる

ブログを書く7つ目のメリットは「収益が上がる」です。

ブログ記事にアフィリエイト広告を貼っておき、読者がその広告をクリックすることで収益が発生します。

クリック課金型広告1クリック数円〜数十円GoogleAdSense
成果報酬型広告商品の購入やサービスへの登録が成果地点A8.net、もしもアフィリエイト、infotop

1クリックあたり数円〜数十円発生するクリック課金型広告や、クリックされて商品やサービスの申し込みまでが成果地点の成果報酬型広告があります。

収益額は人によって様々で、月1円〜月100万円あたりが目安で、トップになると月1000万円稼ぐ方もおられます。

メリット⑧:実績の証明になる

ブログを書く8つ目のメリットは「実績の証明になる」です。

自分が得意なことや興味のあることを記事に書くことで、どのくらいその分野について詳しいのか、記事で証明することができます。

転職活動をする際に、面接でブログを見せてアピールすることもできます。

たとえばWebマーケターになりたいなら、ブログで月1万円ほど収益を上げて、面接時にそのブログを見せるとかですね。

実績のあるブログを見せることで、評価が上がって採用されやすくなります。

メリット⑨:継続力が身につく

ブログを書く9つ目のメリットは「継続力が身につく」です。

ブログでアクセス数や収益を伸ばすなら、だいたい半年〜1年ほどはかかります。その間、記事作成や過去記事のメンテナンスなどを継続する必要があります。

ブログを副業でやっている方であれば、正直さぼっても誰にも何も言われません。その中で毎日1時間でもブログ作業に取り組んでいると、自制心もついてきます。

コツコツ作業を続けていくことで、継続力が身につきます。

メリット⑩:低コストで運営できる

10個目のメリットは「低コストで運営できる」です。

ブログは、アメブロやはてなブログなどの無料で運営できるものと、レンタルサーバーを借りてWordPressで運営する有料のものがあります。

有料でレンタルサーバーを借りるにしても、月々千円前後で運営できるので、かなり低コストです。

その上で月1万円でも稼げるようになれば、プラス9千円になりますので、ハイリターンですね。

ここまで低コストでできる副業は、なかなかないと思います。

メリット⑪:場所を選ばすに書ける

ブログを書く11個目のメリットは「場所を選ばずにかける」です。

ブログはスマホかパソコンがあればどこでも作業ができます。僕自身も通勤電車でスマホでブログを書くこともありますし、外出先のカフェで書くこともあります。

外でブログを書く際におすすめの場所は、下記記事を参考にしてみてください。

メリット⑫:タイピング速度があがる

12個目のメリットは「タイピング速度が上がる」です。

ブログは1記事あたり何千文字と書く場合が多く、それを50記事100記事とたくさん書いていくことで、キーボードを打つ速度が向上します。

タイピング速度が速いと、本業でパソコンを使う際にも役に立ちます。

何よりキーボードを打つ速度が速いと、時間も短縮できますからね。

メリット⑬:趣味や特技を活かせる

ブログを書く13個目のメリットは「趣味や特技を活かせる」です。

ブログ記事で検索結果の上位に表示されるには、「専門性」が高くなければなりません。

たとえばギターが好きで詳しいのであれば、ギターの弾き方についての記事を書くことで、濃い内容が書けるはず。

自分の得意なことや興味のあることは、熱意を込められます。熱意があればクオリティの高い記事を作成することができます。

質の高い記事を書けば、検索上位に上がりやすくなりますよ。

ブログを書くデメリット8選

ブログを書くデメリット

ブログは圧倒的にメリットが多いですが、デメリットもあります。

ここからは、ブログを書くデメリットを8つ解説していきます。

デメリット①:成果がでるまで時間がかかる

1つ目のデメリットは「成果が出るまで時間がかかる」です。

ブログは立ち上げてから約4〜6ヶ月くらいまでは、Googleから評価されづらくなっています。

新規サイトがすぐに評価されると、検索結果が荒れてしまうので、仕方のないことではあります。

そして成果が出るまでに時間がかかるため、先が見えず挫折してしまう方も多いのが現状です。

反対に継続しつつも、分析改善を繰り返すことで、アクセスや収益を伸ばすことができます。

デメリット②:アクセス数が気になる

2つ目のデメリットは「アクセス数が気になる」です。

自分のブログに何人のアクセスがあったのかを、つい気になってたくさん見てしまうのです。

ちなみにGoogleAnalyticsというツールでアクセスを見ることができます。

ブログを始めたばかりの頃は、アクセス数が少ないので、正直みてもあまり意味がなかったりします。

時間がもったいないので、スマホにAnalyticsのアプリを入れないようにしたり、「週一回だけみる」などのルールを作っておけば良いですよ。

デメリット③:ブログ中心になる

ブログを書く3つ目のデメリットは「ブログ中心になる」です。

ブログを書くのが楽しくなってくると、ブログを優先しがちになります。

たとえば、友人との遊びを断ってでも、ブログを書きたいと思うようになったりします。そうなると友達が減ってしまう可能性もあるのです。

ただこれはデメリットでもありメリットでもあります。というのも、「ブログで毎月収益をあげれるようになってから思う存分遊べばいい」という考え方もできるからですね。

もちろん「プライベートあってこそのブログ」という考えも大切ですので、自分に合ったやり方を見つけるのが重要です。

デメリット④:記事を書く時間がかかる

ブログを書く4つ目のデメリットは「記事を書く時間がかかる」です。

僕は基本的に1記事あたり4000文字以上書くことが多く、1記事完成させるのに5時間前後はかかっています。

  • キーワード選び:20分
  • リサーチ:1時間
  • 記事構成:1時間
  • 記事執筆:1~2時間
  • 装飾や画像挿入:30分

概ね上記の通り。

もちろんネタの内容によっては、10時間かかることもあれば、反対に3時間くらいで完成することもあります。

いずれにせよ、1記事作成するのに数時間はかかりますね。

デメリット⑤:他人と比較してしまう

ブログを書く5つ目のデメリットは「他人と比較してしまう」です。

ブログが伸びてくる時期は、人によって様々です。4ヶ月で出す人もいれば、1年かかる人もいます。

そのため、自分より早く成果が出る人を見ると、つい比較してしまいがち。

しかしながら人それぞれ環境や費やせる時間も違うのと、扱っているジャンルの難易度も違います。つまり、他人と比較して落ち込むこと自体、間違ってるんですよね。

この場合は、「先月の自分と比較をして前進できているか?」を確認するのがおすすめです。

デメリット⑥:誹謗中傷コメントがくるかもしれない

ブログを書く6つ目のデメリットは「誹謗中傷コメントがくるかもしれない」です。

ブログでもSNSでもリアルでもそうですが、主張をすると共感してくれるひとがいる一方で、批判してくる方もいます。

論理的な批判をされるならまだ良いですが、理不尽な誹謗中傷は、メンタルに良くないですよね。

なので、その場合はブログのコメント欄を非表示にしてけばOKです。

デメリット⑦:挫折率が高い

ブログを書く7つ目のデメリットは、「挫折率が高い」です。

「ブログは1年以内に9割の人が挫折する」と言われております。僕自身、過去何度か挫折しています。

もししんどくなったら一旦休憩するのもありです。ブログ仲間を作って相談し合うのも良いと思います。

以下では、ブログが継続できない理由と対処法をまとめています。

デメリット⑧:ネタ切れになるとつらい

8つ目のデメリットは「ネタ切れになるとつらい」です。

記事を書こうとしてもネタが思い浮かばず、「書きたいのに書けない」という現象が起きてしまいます。

特に一つのジャンルに絞った「特化ブログ」を運営されている方は、ネタ切れはあるあるかもしれませんね。

この場合の対策は、「事前に数記事分のキーワードをまとめて決めておく」ことです。そうすればネタ切れは回避できます。

記事ネタの具体的な探し方は、以下で解説しています。

無料ブログのメリットとデメリット

無料ブログのメリットとデメリット

ブログには無料と有料があります。それぞれのメリットとデメリットを解説していきますね。

ちなみに無料ブログとは主に下記の通り。

無料ブログ一覧

  • Amebaブログ
  • はてなブログ
  • FC2ブログ
  • ライブドアブログ
  • note

他にもたくさんありますが、上記は有名どころです。

無料ブログの利点や欠点を見ていきましょう。

無料ブログのメリット

無料ブログのメリットは、「無料でできる」「すぐに始められる」辺りですね。なんといっても「無料」というのがいちばんでかいです。

始めるのも簡単ですし、やめるのも簡単。そして無料でできるので、「試しにブログを書いてみたい」という方はおすすめです。

無料ブログのデメリット

無料ブログのデメリットは、「SEOに弱い」「デザインを自由にカスタマイズできない」「サービスが終了したら記事もなくなる」辺りですね。

検索結果の上位に表示されるための「SEO対策」が弱いので、有料ブログにすぐ追い抜かされてしまうのが一番のデメリット。

無料ブログはサービスが終了すると、自分が書いた記事もなくなりますので、これもデメリットといえます。

WordPressブログのメリットとデメリット

WordPressブログのメリットとデメリット

WordPressのメリットとデメリットもお伝えしていきます。

ちなみにWordPressは、有料で月々1000円前後支払ってレンタルサーバーを借りれば、簡単にインストールすることができます。

WordPressのメリット

WordPressのメリットは「SEOに強い」「デザインが自由にカスタマイズできる」「独自ドメインで運営できる」「収益化しやすい」です。

ブログでアクセス数を増やしつつ、収益を上げるのであれば、SEOに強いWordPress一択です。

WordPressであればデザインテーマを導入することで、簡単におしゃれでかっこいいデザインにすることも可能です。

稼ぐブロガーやアフィリエイターの多くはWordPressを使用しています。

WordPressのデメリット

WordPressのデメリットは「サーバー代がかかる」「最初はデザインカスタマイズが難しい」あたりですね。

ただ、サーバー代といっても、個人ブログの規模であれば月々1,000円前後のプランで十分です。

デザインカスタマイズや管理画面の操作に関しては、正直慣れの問題なので、そこまで大きなデメリットではないかなと。

ブログに向いてる人向いてない人

ブログを書くことに「向いてる人と向いてない人の特徴」について解説していきます。

ブログに向いている人

ブログに向いている人の特徴は以下の通り。

ブログに向いている人の特徴

  • 文章を書くことが好き
  • 論理的思考力を身につけたい
  • コツコツレベルを上げるのが好き
  • 時間や場所に縛られずに働きたい

上記に当てはまる方は、ブロガーに向いていると思います。

ブログで文章構成を考えるためには、「論理的思考力」が必要になってきます。またアクセスや収益が伸びるまでに地道な積み重ねが必要です。

「ゲーム感覚でコツコツレベルアップするのが楽しい」という方も、ブロガーが向いているでしょう。

ブログに向いていない人

ブログに向いていない人の特徴は以下の通り。

ブログに向いていない人の特徴

  • すぐに結果を出したい
  • コツコツ作業が苦手
  • 時間が取れない
  • 文章を書くのが苦痛

上記に当てはまる場合はブログに向いていないです。

コツコツ作業が苦手な方や、即金性を求める場合は、向いていないかなと。ただ何事もそうですが、やってみない限りは、本当に向いてるのか向いていないのかは判断が難しいと思います。

もし今ブログをやっていない方で、少しでもブログに興味があるのであれば、一度試してみると良いですね。

以下でWordPressブログの始め方をまとめていますので、これからブログを始めようか検討している方は、参考にしてみてください。

個人が今からブログを始めても遅くない?

個人が今からブログを始めても遅くない?

結論として、個人が今からブログを始めても、遅くはないです。

その理由について、以下3つを解説していきます。

  • アフィリエイト市場は今後も伸び続ける
  • テキストの文化は終わらない
  • Webマーケティングスキルは市場価値が高い

アフィリエイト市場は今後も伸び続ける

なぜ今からブログを始めても遅くはないのでしょうか?それは、アフィリエイト市場が右肩上がりに伸び続けているからです。

ちなみにアフィリエイトとは、広告をクリックし商品の購入やサービス登録をすることで、報酬が発生する仕組みのことをいいます。

そしてこの市場は、今後も伸びていくと予想されています。

なので今からブログを始めても、全然遅くないかなと。

テキストの文化は終わらない

ブログはテキストの媒体なので、テキストの時代が終わらない限り、「ブログの時代も終わらない」と考えられます。

今は動画やラジオが流行っていますが、何か調べ物する時って大体ネットで検索しますよね。

いますぐ情報が欲しいときに、わざわざ動画を見る人はあまりいないと思います。

ブログは「オワコン」とか、もうかなり前から言われていますが、2022年でも成功している個人ブロガーはたくさんいます。

Webマーケティングスキルは市場価値が高い

Webマーケティングのスキルを持っている方は、市場価値が高いです。

Webマーケティングとは、Webで集客をしてモノを売ること

このスキルをもっているとかなり有利です。

たとえばリアルの営業であれば、足を使ってしないといけないですよね。ブログはネットで集客して、さらに記事という営業マンが寝ている間にも勝手に営業してくれます。

今からでもこのマーケティングスキルはみにつけておいた方が良いです。

ブログはコスパが良い:まとめ

ブログをやる意味と、ブログのメリットとデメリットを解説しました。

ブログはすぐに結果は出ませんが、毎日コツコツ作業をしていけば、徐々にアクセスも収益も伸びていきます。

積み上げた記事は資産となり、Web上で自動的に集客してくれます。

月々の維持費も1,000円前後あればできますし、「ライティングスキル」や「Webマーケディングスキル」も身につくので、やっておいて損はないですよ。

ブログは10分もあれば始めることができます。開設手順は以下でまとめていますので、ぜひ始めてみてください。

  • この記事を書いた人

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住