SEO

SEOに強いブログ記事構成の作り方【要素毎に解説】

シン

ブロガー|本業プログラマー|大阪在住|29歳|SEOライティング独学|特化ブログ月間33万PV達成|使用プログラミング言語:Java/HTML/CSS/SQL|好きな食べ物はカレー|猫好きです。

 

ブログって記事構成が重要と聞いたけど、どうやって作れば良いの?

初心者にもわかりやすく作り方を教えて欲しい。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

本記事の内容

  • ブログの記事構成とは
  • ブログの記事構成の作り方
  • ブログの記事構成の注意点

 

本記事の執筆者

本記事の執筆者

シン(@shin_memo09

 

記事構成を作ろうと思うけど、具体的にどうやって作れば良いのかわからないですよね。

 

本記事をご覧いただければ、もう記事構成に迷うことはなくなるでしょう。

 

実際に僕自身、これからお伝えする構成の型を決めたおかげで、執筆もスムーズにできるようになりました。

 

記事の後半では、構成を作る際の注意点についても解説しております。
シン

 

ぜひご覧ください。

 

 

ブログの記事構成とは

 

前提として、「ブログの記事構成とは何か」について解説していきます。

 

記事の設計図

 

ブログの記事構成とは、記事の設計図のようなものです。

 

事前に記事の設計図を作ることで、スムーズに執筆をすることができるのです。

 

ちなみに記事構成を作るメリットは他にもあります。

①記事内容に一貫性を保てる

②読者ニーズを120パーセント満たせる

③SEO対策にもなる

 

これからお伝えする型通りに構成すれば、誰でも一貫性のある記事に仕上げることができます。
シン

 

構成で8割決まる

 

ブログは記事構成で8割決まるといっても過言ではありません。

 

設計図なしだと、記事内容にブレが生じてしまうからですね。

 

たとえば、構成なしにいきなり本文を書くと、おそらく大抵の人は「ん?何書いてたっけ?」となりますよね。

 

話の路線がそれると結論もどこに書いたのかわからなくなり、何を伝えたかったのか迷ってしまいがちです。

 

僕自身、構成の作り方を知らなかったときは、タイトルと記事内容が一致していない記事を量産していたこともありました。

 

なので、ブログは事前に記事構成を作ってから執筆しましょう。
シン

 

ブログの記事構成の作り方

ブログ記事構成

 

ブログ記事構成は上記画像の通り、大きく4つにわけて考えます。

 

さらに、リード文と本文に関しては、以下の通りに細分化して構成していきます。

 

構成名主な役割補足
①タイトル記事タイトル名30文字前後でキーワードは左詰
②リード文読者の悩みの具体化読者に自分に必要なことが書かれていると認識してもらうため
記事内容の要約滞在時間を伸ばすため
読者の悩みが解決できることを主張解決できることを知ると、記事を読み進めてもらいやすくなるため
読者の悩みが解決できる根拠を述べる根拠を述べることで、信憑性が高まるため
記事を読むメリット最後に一押し
③本文前提知識前提として知っておくべき知識
顕在ニーズ読者が求めている答え
潜在ニーズ読者が自分で気づいていないけど知りたい情報
④要約まとめ箇条書きか文章で簡潔にまとめる

 

1つずつ画像付きでわかりやすく解説していきますね!

 

①タイトル

 

まずは記事タイトル(H1)を決めていきます。

 

記事構成:タイトル

当記事のタイトル(H1)

 

タイトルは基本的に「30文字前後」「キーワードを左詰で入れる」を意識してみると良いです。

 

ちなみにタイトルを決めるまでの過程は、

①キーワード選定→②ペルソナ設定→③ライバルチェック→④タイトル設定

 

上記の通りですね。

 

 

②リード文

 

タイトルが決まったら、次にリード文を構成していきます。

 

リード文は細分化すると下記の通り。

 

①読者の悩みの具体化

②記事の要約

③悩みが解決できることを主張

④悩みが解決できる根拠を述べる

⑤記事を読むメリット

 

リード文は滞在時間にも影響を与えるほど重要な構成要素なので、これを機に型を習得してみてください。

 

一度型を決めておけば、毎回楽に執筆することができますよ!

 

 

③前提知識

 

続いて本文の構成要素の一つである「前提知識」について解説していきますね。

 

まず前提知識とは、読者が求めている答えを知る前に、前提として知っておくべきことをいいます。

 

当記事を例にすると、初めの見出し「ブログの記事構成とは」が前提知識になります。

ブログ記事構成(前提知識)

記事構成:前提知識

 

 

前提知識がないまま結論をしっても、理解度が浅くなりがちです。

 

たとえば、SEOを知らない初心者の方に「SEOのテクニックその①」などと解説をはじめても「SEO?」となりますよね。

 

なのでこの場合は、初めに「SEOとは?」から解説した後に「SEOのテクニックその①」と順に解説する方が、理解度も高まります。

 

④顕在ニーズ

 

前提知識の後に、顕在ニーズの見出しを作っていきましょう。

 

ちなみに顕在ニーズとは、読者が求めている答えのことをいいます。

 

当記事を例にすると「ブログの記事構成の作り方」の見出しが顕在ニーズとなります。

 

ブログ記事構成(顕在ニーズ)

記事構成:顕在ニーズ

 

タイトル:ブログの記事構成の作り方|5つの要素毎に解説

想定読者:記事構成の作り方を知りたい人

顕在ニーズ:ブログの記事構成の作り方

 

上記の流れで、読者の顕在ニーズを分析します。

 

顕在ニーズの見出しを読み終えたら、読者は求めていた情報をGETしたはずなので、検索意図も100パーセント満たしている想定です。

 

ただ、上位表示するには、読者の満足度を120パーセント以上にした方が取りやすいです。

 

120パーセント満たすことで、読者に感動を与えることができ、ライバルサイトと差別化もできます

 

なので、次で読者ニーズを120パーセント満たすための、「潜在ニーズ」について解説します。
シン

 

⑤潜在ニーズ

 

顕在ニーズの後に、潜在ニーズの見出しを作っていきます。

 

潜在ニーズとは、読者が自分で気づいていない欲求のことをいいます。

 

潜在ニーズを利用して記事を書くことで、読者の検索意図を120パーセント以上満たすことができます。

 

たとえば、この記事で言う潜在ニーズは、「ブログの記事構成を作る際の注意点3つ」の見出しになります。

 

ブログ記事構成(潜在ニーズ)

記事構成:潜在ニーズ

 

読者は顕在ニーズ(記事構成の作り方)は満たせたけど、「注意点」も知っておきたい人もなかにはいるかなと。

 

読者が求めていた情報を知った後、次に気になりそうなことを「潜在ニーズ」として書くと良いですね。
シン

 

⑥要約

 

最後に記事の要約をします。

 

読者は記事を最後まで読み進めると、内容を忘れていることがあるからですね。

 

ブログ記事構成(要約)

記事構成:要約

 

要約のやり方は基本的に以下2点で行います。

 

・要点を箇条書き

・文章でまとめる

 

この辺は執筆者の好みになりますね。

 

僕は基本的に箇条書きでまとめることが多いです。

 

あと、記事の最後は読者がひと段落する箇所なので、内部リンクを張っておくとクリックされやすいですよ。
シン

 

内部リンクのSEO効果と貼り方のコツ【注意点あり】

続きを見る

 

ブログの記事構成を作る際の注意点3つ

 

ブログの記事構成を作る際の注意点を3つご紹介します。

 

結論、以下の3つが注意すべきポイントです。

 

  • 少数派な前提知識の解説は不要
  • 見出しの構成を正しく行う
  • 読者の検索意図を把握する

 

詳しく見ていきましょう!

 

少数派な前提知識の解説は不要

 

前提知識は誰もが知っているであろうことは解説しなくてもOKです。

 

たとえば、映画の感想が知りたい人に向けて「映画とは」の解説は不要かなと。

 

なぜなら、「映画」の意味を知らない人は、かなり少数派だからです。

 

それなら「〇〇の映画の概要」or「〇〇の映画のあらすじ」等の前提知識を解説する方が得策です。

 

見出しの構成を正しく行う

 

基本的に見出し2(H2)と見出し3(H3)で組み合わせていくと良いです。

 

H2は「第1章」のようなイメージで、1つのテーマを決め、SEOキーワードを入れていきます。

 

【最新】SEOキーワードの入れ方【7箇所に設定】

続きを見る

 

H2だけでは解説しきれない場合、H3を使って補足します。

 

ちなみに見出しはH1~H6まで存在していますが、本文で使うのは基本「H2~H3」でOKです。

 

見出しタグ役割
H1記事タイトルなので必ず使う
H2必ず使う
H3見出し2の補足として使う(基本使う)
H4見出し3の補足として使う(あまり使わない)
H5見出し4の補足として使う(ほぼ使わない)
H6見出し5の補足として使う(全く使わない)

 

見出しは多すぎると、かえって内容がわかりにくくなります。

 

なので、使ってもH4くらいまでで良いかと思います。

 

詳しくは、ブログの見出しの使い方|SEOに強い付け方や構成で解説しておりますので、よければどうぞ!
シン

 

読者の検索意図を把握する

 

記事の構成を作る際に、読者の検索意図を把握しておきましょう。

 

検索意図を把握するには、ペルソナ設定が必要です。

 

ブログのペルソナの作り方は?想定読者の決め方や考え方についても

続きを見る

 

もしどうしても検索意図がわからない場合、狙うキーワードで実際に検索をし、上位にいる記事をみてください。

 

今上位にいるライバル記事=Googleから評価されているということなので、読者が求めている内容が書かれている可能性が高いです。

 

>>ブログのライバルチェックのやり方

 

検索意図さえ把握できれば、あとは本文の各見出しに落とし込むだけです。
シン

 

まとめ:ブログは記事構成で8割決まる

 

本記事の内容をまとめます。

ブログの記事構成:要約

  • 記事の設計図
  • 構成で8割決まる
  • 構成は①タイトル②リード文③本文④要約
  • 少数派な前提知識の解説は不要
  • 見出しの構成を正しく行う
  • 読者の検索意図を把握する

 

以上となります!

 

おまけ:最後に、僕が実際に構成を作る際の画像を添付しておきます。

 

先にタイトルとリード文を決めた後、下記画像のように構成を作っています。

 

上記はワードプレスに「前提知識→顕在ニーズ→潜在ニーズ→要約」と一旦箇条書きしています。

 

箇条書きした後に見出しにして、あとは見出しに沿って本文を執筆です。

 

ちなみに構成は「エクセル」等で作成しても良いですが、僕は効率重視なので直接ワードプレスでやっています。
シン

 

この辺りはお好みでどうぞ。

 

読者の検索意図を満たすためにも、あなたの執筆をスムーズにするためにも、記事構成は事前に作成しましょう!

 

>>【SEO神ツール】RankTrackerの料金・ダウンロード手順【無料版有り】

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

シン

ブロガー|本業プログラマー|大阪在住|29歳|SEOライティング独学|特化ブログ月間33万PV達成|使用プログラミング言語:Java/HTML/CSS/SQL|好きな食べ物はカレー|猫好きです。

-SEO