SEO

【最適化】内部リンクの貼り方とSEO効果【注意点あり】

2021年5月30日

シン

現役エンジニア兼ブロガー/大阪在住29歳/受託開発IT会社勤務/Javaプログラマー/ブログ収益月5桁/エンジニア・ブロガー向け情報を発信/HTML/CSS/JavaScript/Java/SQL

本記事の内容

  • 内部リンクとは
  • 内部リンクのSEO効果
  • 内部リンクの貼り方のコツ・注意点

内部リンクはブログをある程度やっている方でも、どう貼れば良いのかがわからず、曖昧にしている方が多いです。

この記事をご覧いただければ、もう内部リンクの貼り方に困ることは無くなります。僕自身、内部リンクの貼り方をマスターしてからは、PV数が一気に跳ね上がった経験があります。

もしあなたがブログのPV数の向上や上位表示を狙っているのであれば、ぜひ最後までご覧いただき、マスターしていってください。

本記事を読み終わる頃には、内部リンクについての理解が深まっているでしょう。
シン

内部リンクとは

初めに内部リンクとは何か、ワードプレスでの貼り方について解説します。

同一サイト内の記事同士を繋ぐリンク

内部リンクとは、同じブログ内の記事同士を繋ぐリンクのことを言います。

内部リンクとは

内部リンクは、読者の疑問点を解消するために貼るのが目的です。たとえば、A記事の情報をみていたら、他の情報について気になり始めたとします。そこでA記事にその情報が載っている記事の内部リンクを貼ることで、ユーザーが欲しい情報をすぐに提供できるようになります。

内部リンクをうまく貼ることで、ユーザー満足度があがります。
シン

内部リンクの貼り方(WordPress)

ワードプレスで内部リンクを貼る方法を画像で解説します。

その①「記事タイトルごとそのままリンクとして表示」をする貼り方

内部リンクの貼り方・タイトルの文字ごと表示する方法
  • 上部メニューのリンクボタンをクリック
  • 歯車マークをクリック
  • リンクページを選ぶ
  • リンク追加
  • 完成

その②「すでに入力してある文字」への内部リンクの貼り方

内部リンクの貼り方・既存文字へのリンク
  • テキストを選択
  • 上部メニューのリンクボタンをクリック
  • リンクページを選ぶ
  • リンク追加
  • 完成
後ほど解説しますが、内部リンクはPV増加やドメインパワー向上にも効果があります。
シン

ブログの内部リンクのSEO効果4つ

内部リンクによるSEO効果は下記の通り。

  • 直帰率が低下する
  • アクセス数の底上げができる
  • クローラーが巡回しやすくなる
  • 上位表示に有利になる

実は内部リンクはこんなにも多くのメリットがあるんです。

では順番に解説していきますね!

SEO効果①:直帰率が低下する

内部リンクを最適化することで、直帰率が低下します。直帰率とは、ユーザーが記事を読みにきて、他のページを読まずに離脱する率のことです。

直帰率が下がる理由は、記事内にリンクがあることで、ユーザーがブログ内を回遊するからですね。実際に内部リンクが貼ってあるページとそうでないページとでは、数字にも大きく差が出ます。

青色:内部リンクが張り巡らされてある記事(48.84%)

赤色:内部リンクを貼っていなかった記事(100%)

直帰率が高いということは、例えるならお客さんがショッピングモールに行ってあまり店を回らずに帰るのと同様です。
シン

SEO効果②:アクセス数が底上げできる

内部リンクを貼ることで、ユーザーが記事内をぐるぐると回遊してくれます。そのため、アクセス数の底上げが可能です。

  • 内部リンクなしの記事:合計1PV獲得
  • 内部リンクありの記事:合計3PV獲得

あくまで体感ですが、素で10万PVあるなら、内部リンクを最適化すれば20万~30万PVくらいにはなるかなと。

とはいえ、内部リンクはPV数向上が目的ではなく、あくまで「読者のために貼るもの」ということをお忘れなく。
シン

SEO効果③:クローラーが巡回しやすくなる

内部リンクを貼ることで、Googleクローラーが巡回しやすくなります。

クローラー
クローラー巡回イメージ図

クローラーはリンクを辿って記事を見に行っているので、リンクがあると記事を見つけてもらいやすくなるのです。

読者にもクローラーにも優しいサイトを作ろうと思うと、内部リンクはあった方がよいですね。
シン

SEO効果④:上位表示に有利になる

内部リンクがあることで上位表示に有利になります。

これまでお伝えした

  • 直帰率が低下する
  • アクセス数が増加する
  • クローラーが巡回しやすくなる

上記の3つの要素があることで、Googleからも評価されやすく、結果的にそれぞれの記事が上位表示されやすくなるのです。

上位表示されるとアクセス数もさらに増加するので、ドメインパワーの向上も期待できます。
シン

内部リンクが最適化する貼り方|コツ5つ

内部リンクを最適化させるには、下記5つのポイントを意識して頂ければ良いです。

  • 読者の疑問が出るところに貼る
  • SEOキーワードを入れる
  • リンク構造を意識する
  • 上位を狙う記事にリンクを集める
  • 収益記事のリンクを最後に貼る

詳しく解説していきます!

貼り方①:読者の疑問が出るところに貼る

読者は記事を読んでいると、疑問が発生することがあります。そのタイミングで内部リンクを置いておくことで、読者の疑問を解消する手助けができます。

こちら具体例を上げますね。

内部リンク設置の例
当ブログ記事「タイトルの付け方」の一部内容

上記画像の内容は、1文目で「ペルソナ」というワードがありますが、読者からすると「ペルソナってなんぞや?」と疑問を感じる方もいると思います。

そこで「ペルソナを解説した記事」の内部リンクを設置しておくことで、疑問点をすぐに解消することができるのです。

ちなみにリンクの設置方法は上記以外にもいろいろあります。
シン

貼り方②:SEOキーワードを入れる

内部リンクのテキストは書き方があります。結論、「SEOキーワードを含める」ことが重要です。

たとえばリンク先の記事タイトルが「ブログの書き方」であれば、「ブログ 書き方」というキーワードを含めるということです。

よくない例としては、「〇〇はこちら」といったリンクですね。

内部リンク良い例と悪い例

「こちら」だと、キーワードが入っていないので、Googleクローラーが認識しにくいのです。なのでSEO的にプラスにはなりません。

基本的に内部リンクは、「その記事タイトルで狙っているキーワードを入れる」と覚えておくと良いですね。
シン
no image
【最新】SEOキーワードの入れ方とコツ【7箇所に設定】

続きを見る

貼り方③:内部リンク構造を意識する

内部リンクは構造を意識するとSEOにも強くなりやすいです。

内部リンク構造
内部リンク構造イメージ図

イメージとしては上記の通り。ポイントは「記事を孤立させない」と覚えると良いですね。

関連性のあるページ同士を相互でリンクするとクローラーも巡回しやすくなり、結果的にサイト全体の評価UPが期待できます。

内部リンクは関連性のあるページ同士でリンクしましょう。関連性のないページを張ると逆に評価がさがりやすいです。
シン

貼り方④:上位を狙う記事にリンクを集める

内部リンクが多く集まっているページは、Googleも重要なページと認識します。そのため、上位を狙う記事にリンクを集中させると、ページの評価が上がりやすくなります。

上位記事への内部リンク

たとえば、月間検索回数が多いキーワードを狙っている記事や、収益性の高い記事にアクセスを流したいときに効果的です。

  • 記事Aの月間検索回数:1,000~10,000
  • 記事Bの月間検索回数:100~1,000
  • 記事Cの月間検索回数:100~1,000

上記を例にすると、検索回数の多い記事Aを上位表示させたいのであれば、記事BとCからAにリンクすると良いですね。

貼り方⑤:収益記事のリンクを最後に貼る

記事の最後の内部リンクは、クリック率が高い傾向にあります。読者が記事を読み終えてひと段落するタイミングだからですね。

そこにキラーページ(収益性の高い記事)のリンクを設置しておくことで、収益の増加につながります。

まだキラーページを作っていない方は、1記事でいいので優先して作成してみてください。
シン

内部リンクの注意点

内部リンクの注意点についても解説します。結論、以下に注意しましょう。

  1. 関連性のないページには貼らない
  2. リンク切れを放置しない
  3. 新規記事へのリンクを忘れずに
  4. 同じ記事へのリンクは多すぎないように

どれもSEOにおいて重要なことなので、順にみていきましょう!

注意点①:関連性のないページには貼らない

関連性のないページ同士を内部リンクで繋ぐのはNGです。理由は、ユーザビリティ低下につながるからですね。

たとえば、ラーメン屋にいってお寿司を出されても困ると思います。それと同じで、関連性のないページへはリンクは貼らないようにしましょう。

上位を狙いたいからといって、関連性のないページから無理矢理リンクを送ったとしても、逆効果なのでやめておきましょう。
シン

注意点②:リンク切れを放置しない

内部リンク切れはSEOでマイナス評価につながります。記事をリライトしたり、削除したりすると、よくリンク切れを起こしやすいので注意です。

内部リンクがきれているかどうかは、リンクチェッカーというサイトで確認できますので、時々確認するようにしましょう。

注意点③:新規記事へのリンクを忘れずに

これは忘れがちなのですが、新規記事を公開した後、その公開した記事へのリンクを過去記事から送るようにしましょう。

先延ばしにすると忘れがちになるので、公開後すぐにやると良いですね。

関連性のある過去のページに新規記事のリンクを張りましょう。
シン

注意点④:同じ記事へのリンクは多すぎないように

内部リンクは多すぎるのもかえってよくないです。具体的にいくつ以上という例はないのですが、明らかにページ評価UPのみを狙った不自然なリンクはNGですね。

個人的にですが、同一記事の内部リンクは、1ページで多くても3つくらいまでにしています。同じページのリンクをあまり連続して貼ってしまうと、読者からも嫌がられます。

記事の「上・中・下」に貼るなど、バランスよくしましょう。
シン

内部リンクの貼り方とSEO効果:まとめ

内部リンクの貼り方とSEO効果:まとめ

  • 内部リンクは関連するページ同士を繋ぐと効果的
  • 上位を狙う関連記事にリンクを集める
  • 構造を意識した内部リンクを貼る
  • リンク切れには注意する
  • 新規記事へのリンクは忘れずに

内部リンクを貼れていないページがある場合は、今からでも良いので貼るようにしてみてください。内部リンクを最適化し、ユーザーとGoogle両方から評価されるサイトづくりを目指しましょう!

今回はここまでとなります。

  • この記事を書いた人

シン

現役エンジニア兼ブロガー/大阪在住29歳/受託開発IT会社勤務/Javaプログラマー/ブログ収益月5桁/エンジニア・ブロガー向け情報を発信/HTML/CSS/JavaScript/Java/SQL

-SEO