SEO

【戦略】ブログを見てもらうには?PVを伸ばす5つのSEO対策

2021年4月8日

シン

現役エンジニア兼ブロガー/大阪在住29歳/受託開発IT会社勤務/Javaプログラマー/ブログ収益月5桁/エンジニア・ブロガー向け情報を発信/HTML/CSS/JavaScript/Java/SQL

本記事の内容

  • ブログで見てもらうためのSEO対策5つ
  • SNSも併用しよう
  • SEOがあくまでメイン

ブログを見てもらうにはどうすれば良いのかは、ブログ初心者なら誰もが悩むところですよね。僕も初期の頃はアクセスが全くこなくて、「このままブログ続けてて意味あるんかな?」と思ったこともあります。

ですがブログはアクセスが伸びるコツがわかれば、そこまで難しいものではありません。

今回は「ブログを見てもらうには?SEOで戦略的にアクセスを伸ばす5つの方法」について解説していきます。

本記事をお読みいただければ、自身のブログのアクセス数を増やし、読まれるブログ構築の方法について知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

ブログを見てもらうには?PVを伸ばす5つのSEO対策

ブログを見てもらうには、結論として「上位表示」が必要になります。検索上位に上がらないと、アクセスを集めるのが難しいからですね。

アクセスを集めるには下記の5つがポイントとなります。

  • キーワードは3語以上で組み合わせる
  • 見出しにもキーワードを入れる
  • 本文中にも自然にキーワードを入れる
  • 内部リンクで回遊率を高める
  • サイドバーでPVの底上げをする

順番に解説していきます!

SEO対策①キーワードは3語以上で組み合わせる

記事タイトルで狙うキーワードは、3語以上の組み合わせを推奨しています。なぜなら、1語や2語だと検索ボリュームが多く、ライバルも多い傾向にあるからです。

たとえば、2語だと「映画 おすすめ」でライバルだらけです。でもこれが3語で「映画 おすすめ 30代」にすると一気にライバルが減ります。

ブログを見てもらうにはアクセスを集める必要があり、それには「上位表示」が必要です。競合が強いと上位表示が難しくなります。

特に開設したてでブログのドメインパワーが弱いうちは、3語以上で競合の少ないところを狙う方が、効率よくアクセスが伸ばせます。

下記記事では、ブログの競合分析のやり方について解説しておりますので合わせてご覧ください。

見出しにもキーワードを入れる

「見出し2」にも狙うキーワードを入れましょう。理由は、検索エンジンと読者に記事内容とタイトルが一致していることを明確に知らせるためです。

仮に見出しにキーワードが入ってなくても、読者には伝わるかもしれません。ただ検索エンジンは機械なので、気が付かない可能性がありますよね。

あと検索結果を見ていただくとわかりますが、見出しが表示されている場合があります。見出しにも狙うキーワードを入れることで、クリック率が上がり、結果的にアクセスが増えていきます。

下記記事ではブログの見出しの作り方をご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

no image
ブログ記事の見出しの作り方【SEOに強い付け方のコツ】

続きを見る

本文中にも自然にキーワードを入れる

本文中にも狙うキーワードを入れましょう。こちらも検索エンジンに認知してもらい、上位表示を狙うためです。

たとえば狙うキーワードの1つが「新型iPhone」とします。ただ本文中に新型iPhoneと記載するのではなく、「あれ、これ、それ」などと書いていたらどうでしょうか。おそらく検索エンジンにも読者にも伝わりにくいと思います。

ですので、意識的にキーワードは本文中にもバランスよく入れるようにしましょう。

キーワードの入れ方については下記記事で解説しておりますので、今のうちにマスターしてみてください。

内部リンクで回遊率を高める

記事内に内部リンクを貼りましょう。内部リンクは回遊率を高めてくれるので、アクセス数が伸びます。

アクセスは「1を2にする」という意識をもつことも重要です。その記事に関連する内部リンクが多いと、「専門性が高い」と認知されやすく、結果的に上位表示も期待できます。

1記事内になるべく1~3以上は入れるようにしたいですね。ただし、内部リンクは適当な記事ではなく、その記事に関連する記事にしましょう。

サイドバーでPVの底上げをする

ブログのサイドバーもアクセスを伸ばす重要な役割があります。

非表示推奨

  • 最近のコメント→(見る人が少ない)
  • 最近の投稿→(トップページを見ればわかる)
  • メタ情報→(見る人が少ない)

ポイント

  1. プロフィール→(ファンができやすい)
  2. 記事内検索バー→(回遊率が上がる)
  3. おすすめ記事→(PVと収益向上が期待できる)
  4. 人気記事ランキング→(PV向上が期待できる)
おすすめ記事には「収益記事」を。人気ランキング記事は1位が特にクリックされやすく、PVが伸びます。
シン

ブログを見てもらうにはSNS流入も狙っていくべき

ブログを見てもらうには「SEO」を駆使することが必須ですが、それだけでは安心できません。

結論、「SNS」も一緒に育てていくと良いです。

  1. SEOだけに頼るとアップデートで吹き飛ぶ可能性がある
  2. SNS流入はブクマや被リンクが期待できる

こちらも順番に解説しますね!

SEOだけに頼るとアップデートで吹き飛ぶ可能性がある

ブログを見てもらうには検索流入をメインにするべきです。でもそれ一本だと「Googleアップデート」で吹き飛んでしまうと終わります。

相当な被リンクがあって強いブログなら、アップデートの影響は受けにくいかもしれませんが、それでも100%安心はできません。

たとえアップデートで飛ばされたとしても、SNS流入やフォロワー数が多ければ、持ち堪えることができます。

とはいえ、ブログがまだ伸びてない時の力の配分は「ブログ7~9割」は確保したいところです。
シン

SNS流入は被リンクが期待できる

SNS流入を狙うことで、直接的なドメインパワーの向上にはつながらないと言われていますが、間接的効果は期待できます。簡単に言うと「ブックマークと被リンク」獲得が期待できます。

被リンクとは何?という方にお伝えすると、あなたのブログ記事のURLを、他の方のブログで外部リンクとして貼られている状態のことです。外部リンクで貼られる=Googleからも有益なブログと認識されやすくなります。

またブックマークされるとリピートされやすく、アクセスアップにもつながります。SNSであなたの記事を見つけてもらい、気に入った方があなたの記事をブックマークすることがあります。

ブックマークされるということは、有益なブログと認識され、Googleからも評価されやすいのです。被リンク数とブックマーク数が多ければ多いほど、ブログのドメインパワーもあがり、上位表示がしやすくなります。

なのでSNSも育てつつ、ブログ運営をやっていくことをお勧めします。
シン

ブログを見てもらうには検索流入が「メイン」

これまで「アクセスを伸ばす方法や、SNS流入も狙いましょう」とお伝えしてきました。

でもやっぱり一番重要なのは「検索流入」です。

SNS流入はあくまで補助

SNS流入はあくまで補助程度です。僕はこれまでブログ運営をしてきた中で、アクセス数の「8割以上は検索流入」でした。

正直Twitterのリプ交流会やブログ記事の宣伝をいくら頑張ってやったとしても、大きくアクセス数を伸ばすことは難しいです。

そこに大きな労力を使うよりも、1記事でも検索上位を取るために新規記事作成したり「リライト」したり、SEOの知識を増やしたりすることに時間を割く方が効率が良いです。

検索流入がメイン

大事なことなので繰り返しにはなりますが、アクセスを伸ばすには「検索流入」が必要です。検索流入を伸ばすには、数多くのSEO対策をする必要があります。

それと同時に「どうすれば読者にとって最適なコンテンツを提供できるか」を思考する必要もあります。Googleは「ユーザーファースト」を推奨しているのはみなさんご存知だと思います。

とはいえ検索エンジンにも好かれた方が良いことは間違いないです。なので僕たちブロガーが意識することは「ユーザーとGoogleに好かれる記事」を書くことです。

SEO対策の全体像は下記記事でまとめておりますので、是非ご覧ください。

ブログを見てもらうには5つのSEO対策をマスターしよう:まとめ

本記事のまとめ

  • キーワードは3語以上で組み合わせる
  • 見出しにもキーワードを入れる
  • 本文中にも自然にキーワードを入れる
  • 内部リンクで回遊率を高める
  • サイドバーでPVの底上げをする
  • SEOだけに頼るとアップデートで吹き飛ぶ可能性がある
  • SNS流入は被リンクが期待できる
  • SNS流入はあくまで補助で検索流入がメイン

SNSも継続しつつ、ブログに注力していきましょう!

  • この記事を書いた人

シン

現役エンジニア兼ブロガー/大阪在住29歳/受託開発IT会社勤務/Javaプログラマー/ブログ収益月5桁/エンジニア・ブロガー向け情報を発信/HTML/CSS/JavaScript/Java/SQL

-SEO