ブログ

エンジニアブログの始め方は?技術ネタで収益化する方法も解説

2021年8月29日

シン

ブロガー|本業プログラマー|大阪在住|29歳|SEOライティング独学|特化ブログ月間33万PV達成|使用プログラミング言語:Java/HTML/CSS/SQL|好きな食べ物はカレー|猫好きです。

エンジニアやってるんだけど、ブログでアウトプットしたい。

技術ブログでアウトプットしつつも収益化ってできるのかな?ブログの始め方を教えて!

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • エンジニアブログの始め方は2通り
  • エンジニアブログを10分で開設する方法
  • エンジニアが技術ネタで収益化する方法
シン(1000)
Twitter(@shin_memo09)

本記事を書いている僕はブロガー兼現役のエンジニアです。副業ブログで月5桁の収益を上げたことや、技術ネタでアクセスを集めた経験があります。

これからお伝えする内容を実践していただければ、ブログ未経験のエンジニアの方でも、10分もあればエンジニアブログを開設することができます。

とはいえ、ブログをやる目的によって始め方も変わってきますので、その点に関しても解説していきますね。
シン

この記事を読み終える頃には、ブログを開設してから収益化までの流れについて熟知できていることでしょう。

エンジニアブログの始め方【前提知識】

エンジニアブログを始める前に知っておきたいことを2点サクッと解説していきますね。

エンジニアブログの始め方は大きく分けて2つ

まず、エンジニアの方がブログを始める目的はおそらく大きく分けて2つあると思います。

  • 目的その①プログラミングやエラー解決の備忘録など、アウトプットをする為→エンジニア向けの無料ブログ「Qiita」でOK
  • 目的その②アウトプットしつつも副業ブログで稼ぎたい→レンタルサーバーを借りて「WordPress」でOK

アウトプット中心ならお金をかける必要もないので、無料ブログサービス「Qiita」がいいとおもいます。

ただ、アウトプットしつつも収益化したいのでれば、「WordPress」でブログを始めた方が良いです。

WordPressとは、当サイトのようにブログを独自のデザインに自由にカスタマイズできるソフトウェアサービスです。

アウトプットしつつ稼ぐならWordPress一択

WordPressを導入するメリットは以下の通りです。

  • 収益化しやすい設計にカスタマイズできる
  • 個性あるデザインにカスタマイズできる
  • オリジナルのポートフォリオが作れる
  • 世界の6割以上のWebサイトが使っていて信頼性が高い
  • アクセスを増やすためのSEO対策がしやすい
  • 自分だけのブログを持てる

アウトプットしながら稼ぐって一石二鳥なのですが、それを実現させやすいのがWordPressです。

WordPressであれば、デザインのテーマにもよりますが

<p>コードもかけます</p>

広告用リンクもあります

こんな吹き出しもつくれます。
シン

エンジニアブログの始め方【10分で開設】

ではエンジニアブログの始め方について解説していきますね。

無料でQiitaを始める

Qiita公式ページ

技術ネタをアウトプットすることが中心の方は、無料で始められるエンジニア向けのブログサービス「Qiita」が良いです。

Qiitaの始め方はとても簡単で、

Qiitaにアクセス→新規登録

以上でブログを始めることができます。

ただ、Qiitaは利用規約にもありますがアフィリエイトはできないようなので、アウトプット中心にブログを始めたい方には良いと思います。

Qiita公式サイトより
僕は一応Qiitaの登録はしてあるのですが、WordPressでブログを書いてるのでほぼ使ってないです。
シン

10分でWordPressを開設する

技術ネタをアウトプットしつつ収益化もしたい方は、WordPressにしましょう。

WordPressの始め方は以下の手順で行えます。

  • サーバーをレンタル契約
  • 独自ドメインを取得
  • WordPressをインストール
  • 完了

WordPressでブログを始めるにはサーバーをレンタルし、独自のドメインURLを取得する必要があります。

レンタルサーバーはいろいろあるのですが、大手かつ長年運営していて信頼性の高い「エックスサーバー」でいいかなと。

エックスサーバーのクイックスタートは、名前や住所入力などの会員登録を行った後「WordPress簡単インストール」を実施するだけで、上記①〜④をまとめてできます。

僕は上記の記事内に書いてある手順で、10分ほどでこのブログを立ち上げることができました。
シン

WordPressの場合はデザインテーマを導入する

WordPressを立ち上げましたら、見た目のデザインを整えていきましょう。

デザインを設定するには、WordPressの「テーマ」を導入する必要があります。

HTMLやCSSの知識がある方であれば、無料のテーマでもOKです。

ただ、時間をかけたくない方やプログラミングの知識がない方は、有料テーマであれば知識不要で簡単にカスタマイズができます。

ちなみに当ブログは「AFFINGER6」という有料テーマをつかっています。
シン

エンジニアブログを技術ネタで収益化する方法

エンジニアブログを技術ネタで収益化する流れについて解説していきます。

2種類のエンジニアネタで記事を書く

2種類のエンジニアネタってかなりざっくりなのですが、主に以下の通りです。

  • プログラミングなどの備忘録系のキーワードを狙う→参考書を購入してもらったり、GoogleAdSenseなどの広告をクリックしてもらい稼ぐ
  • プログラミングスクールやIT転職系のキーワードを狙う→スクールへの申し込みや、転職エージェントへの無料会員登録をしてもらい稼ぐ

そもそもブログで稼ぐにはアクセスを集める必要があるのですが、そのためには人がGoogleで検索をするキーワードから逆算して記事を書かないといけません。

htmlのキーワード
htmlの検索キーワード例

たとえば、上記画像のように「html テーブル」で検索する人に対して、「htmlのテーブルの作り方」などといったキーワードで記事を書くということですね。

技術ブログで収益化をするには、このようにアクセスを集めた後に、広告をクリックしてもらうことで、報酬が得られます。

ブログを始めてから月1万円までの道のりに関しては、下記記事でご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

当ブログでもエンジニアネタを扱っておりますので、よければまたみていってください。
シン

広告を貼る

a8net公式サイトのトップページ画像
ASP「A8.net」

では、エンジニアブログの始め方と収益化の方法がわかった上で、広告を貼る準備をしていきましょう。

まずはASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)に無料で登録をし、広告主と提携をします。

ASPは色々あるのですが、最大手「A8.net」は無料で登録サイトの審査もないですし広告の種類もめちゃくちゃあるので、とりあえず登録しておくと良いと思います。

>>A8.netの申し込みページはこちら

ASPに登録が完了しましたら、あとは記事内に提携した広告を貼り付ければ完了です。

まとめ:エンジニアはブログをやると一石二鳥

エンジニアがブログをやることで、アウトプットにもなりますし、稼げるしで一石二鳥です。

本業以外の収入源もつくっておくことで心にゆとりも持てますよ。

なにより技術の知識が定着するので、それをまた本業に還元することができますね。

まずはさくっとブログを立ち上げて、試しに1記事書いてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

シン

ブロガー|本業プログラマー|大阪在住|29歳|SEOライティング独学|特化ブログ月間33万PV達成|使用プログラミング言語:Java/HTML/CSS/SQL|好きな食べ物はカレー|猫好きです。

-ブログ