ライティング

ブログの書き方パターン|記事作成手順【マニュアル】

2020年8月13日

シン

ブロガー|本業プログラマー|大阪在住|29歳|SEOライティング独学|特化ブログ月間33万PV達成|使用プログラミング言語:Java/HTML/CSS/SQL|好きな食べ物はカレー|猫好きです。

ブログの書き方のパターンを教えて!1から10までの手順が知りたい。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • ブログの書き方のパターン
  • ブログの記事構成の作り方
  • ブログの書き方のコツ

ブログ記事を作成する際に、どのような手順で書いていけば良いのか迷いますよね。

僕も初めは記事作成の手順がわからず、毎回記事作成時に「次は何しようかな?」と無駄に悩んでいました。

ですがブログの書き方をパターン化してからは、悩む時間がなくなり、圧倒的に負担が減りました。

そこで今回は、ブログの書き方のパターンについて解説していきます

誰でも即実践できる内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

ブログの書き方パターン【記事作成手順】

結論として、僕は下記のパターンで記事作成を行っております。

  1. 執筆ジャンル選定
  2. キーワード選定
  3. ペルソナ設定
  4. ライバルチェック
  5. 記事タイトル作成
  6. 見出し作成
  7. リード文作成
  8. 本文執筆
  9. レイアウト調整
  10. 記事の見直し
  11. 記事公開

こちら順番に解説していきますね。

手順①執筆ジャンル選定

まずは執筆ジャンルを選定します。

ここはご自身のブログジャンルにあったジャンルを選ぶと良いですね。

もし何書いていいか分からないという方は、下の記事より、まずはブログのジャンルを決めてみてください。

ブログジャンル一覧|決め方や選び方も解説【稼げないネタ有り】

続きを見る

手順②キーワード選定

次にキーワード選定をしていきましょう。

アクセスを増やすには、読者が検索するキーワードを選び、記事を書いて検索結果の上位を狙っていきます。

キーワードはラッコキーワードという無料のツールを使うと効率良いです。

やり方は簡単で、まず「ラッコーキーワード」のサイトにアクセスをし、右上の新規登録をクリックします。

ラッコキーワードトップ
ラッコキーワード公式ページ

続いてメルアドを入力し登録を押しますと、認証の確認メールが届きますので、そちらに記載のURLから本登録を完了させましょう(2分でできます)

ラッコキーワード
ラッコキーワード公式ページ

登録ができましたら、下記のように検索窓にキーワードを打ち込むと、関連するたくさんのキーワードが出てきます。

ラッコキーワード公式ページ
ラッコキーワード公式ページ

ラッコキーワードはGoogleで実際に検索されているキーワードを一覧で表示してくれます。

この一覧の中から、ご自身が書けそうなものを1つ選び、記事作成していくのもありです。

キーワード選定のより詳しいやり方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

【SEO】ブログキーワード選定のやり方とコツ【5つの手順】

続きを見る

手順③ペルソナ設定

キーワードが決まったら、次にペルソナ設定(想定読者)をします。

記事でアクセスを伸ばすなら、「誰に向けて書くか」が重要です。

ペルソナの決め方は主にキーワードから決めていきます。

たとえば、狙うキーワードが「SEO ライティング コツ」であれば、「SEOライティングのコツが知りたいブログ初心者の人」とターゲット設定ができます。

ペルソナの具体的なやり方については下記記事を参考にどうぞ。

ブログのペルソナの作り方は?想定読者の決め方や考え方についても

続きを見る

手順④ライバルチェック

ライバルチェックとは、狙うキーワードの検索結果の上位サイトを分析することをいいます。

ライバルチェックをする理由は以下の通りです。

  • 情報量を増やし、記事の質を上げるため
  • 狙うキーワードで上位表示できるのかを確認するため

例えば飲食店や販売店などは、他店の来店客数や接客対応、どんなキャンペーンをやっているのか「競合調査」をしますよね。

ブログも同じで、他の人がどんな内容の記事を書いているのか、事前に競合調査する必要があります。

より質の高い記事を書くためにも、ライバルチェックはやっておきましょう。

ブログのライバルチェック方法|競合分析のやり方【サイト調査】

続きを見る

手順⑤記事タイトル作成

次に記事タイトルを作成していきます。

タイトル作成のポイントは以下の通り。

  • 文字数は30文字以内
  • 狙うキーワードを含める
  • キーワードは左詰めにする
  • キーワードは多くても2語か3語

タイトルは特にキャッチーを意識しなくてもOKなので、キーワードを入れつつも、日本語として自然になるように意識してみて下さい。

SEOに強いタイトルの付け方については、下記の記事で詳しく解説しております。

ブログ記事タイトルの決め方と付け方のコツ【例あり】

続きを見る

手順⑥見出し作成(目次)

記事タイトルを作成した後は、見出しを作りましょう。

いきなり本文を書いてしまうと、途中で話が脱線して何を書いて良いか迷ってしまうからですね。

見出しの作成ポイントは以下の通り。

  • H2とH3のみ使う
  • H2の下にH3を使う
  • 見出しにも狙うキーワードを入れる
  • タイトルに沿った見出しを構成する

見出しを先に書くことで、記事執筆のスピードも上がります。

見出しの作り方や効果的な付け方・構成については下記の記事で詳しく解説しております。

ブログ記事の見出しの作り方【SEOに強い付け方のコツ】

続きを見る

手順⑦リード文作成

見出し作成後はリード文を書いていきます。記事の冒頭文のことですね。

リード文は読者が記事を読み進めるかどうかの判断する箇所です。

主に意識するのは下記の点でOKです。

  1. 読者の悩みの具体化
  2. 悩みが解決できることを主張
  3. 悩みが解決できる根拠を提示
  4. 記事を読むメリット

詳しいリード文の作成方法は、下記の記事をご確認ください。

ブログのリード文の書き方を5STEPで解説【コツあり】

続きを見る

手順⑧本文執筆

ここからようやく本文を執筆していきます。

本文を執筆する上で特に大事なのは「結論から書く」ことです。

結論から書かないと、どこに答えが載っているのかわかりにくいため、読者に離脱されやすくなります。

他にも読みやすさやわかりやすさも重要です。

読みやすい文章の書き方やコツについては下記の記事をご参考ください。

ブログで読みやすい文章の書き方|例文付きで解説【ポイントは9つ】

続きを見る

手順⑨装飾

次は文字装飾や画像を挿入していきましょう。

ポイントは以下の通りです。

  • 重要な箇所を太字にする
  • 読んで欲しいところにマーカーを引く
  • 文字装飾は2色までにする
  • ワードプレスのテーマのボックスを使う
  • H2の直下に画像を挿入する

文字装飾はカラフルにしすぎると、何が重要なのかわからなくなってしまいますので、多くても2色程度にしておきましょう。

WordPressのテーマのボックス等も使い、より見やすくしてみてください。

ちなみに当ブログはAFFINGER6というテーマを使っておりまして、こちらのテーマは「SEO対策がしやすい」「デザインがかっこいい」「サイト速度が速い」など様々なメリットがあります。

【最強テーマ】AFFINGER6のメリット|使ってみた感想レビュー【限定特典有】

続きを見る

手順⑩記事の見直し

文章の見直しをしていきます。

見直しをするポイントは以下の通り。

  • 誤字脱字がないか
  • 1文が長すぎていないか
  • 不自然な言い回しをしていないか
  • 結論から先にかけているか
  • 見出しを見て記事の概要がわかるか

特に誤字脱字やおかしな言い回しがあると、信頼性が低下するので注意しましょう。

あと、記事を読みにくる人はスマホユーザーがほとんどなので、記事作成後はスマホで見直しをすると良いですね。
シン

手順⑪記事公開

最後に記事を公開していきましょう。  

記事公開後はGoogleサーチコンソールを使い、検索結果にいち早く載せてもらうための「インデックス登録依頼」を行ってください。

その後は必ずキーワード順位チェックもしておきましょう。

狙ったキーワードで何位になったのかを確認することは、ブログで成果を上げるためにも必要な分析作業です。

キーワード順位チェックツールは、多くの稼ぐブロガーが愛用している「RankTracker」が使いやすいです。

ブログの書き方のコツ

ブログの書き方のコツは4つあります。

  1. 記事構成する
  2. 文章構成する
  3. 読者目線で書く
  4. 完璧を目指さない

順番に解説していきます。

コツ①記事構成を作る

ブログ記事は先に見出しを作ってから本文を書く方が良いです。

見出しを作るにしても、型を決めておくと、読者のニーズを満たしやすくなります。

具体的には下記の順番で見出しを作っていくと良いです。

  • h2:前提でしっておきたいこと(例:〇〇とは)
  • h2:読者が知りたい情報(例:〇〇の方法7選)
  • h2:読者が自分で気づいていないけど知りたかった情報(例:〇〇のコツ)

詳しい記事構成の作り方は下記記事で解説しておりますので、参考にしてみて下さい。

コツ②文章構成を作る

ブログの文章も型を決めておくことで、論理的でわかりやすい文を書くことができます。

おすすめは「PREP法」という型です。

PREP法

「結論→理由→具体例→結論」の順に文章を組み立てていく流れですね。

この型は文章以外でもリアルで話す時とかにもつかえます。

コツ③読者目線で書く

ブログは常にユーザーの視点で記事を書くことがポイントです。

ブログをやっていると、どうしてもPVを増やしたり、収益を上げたりすることに目が行きがちです。

ユーザーにとって価値のない記事は、Googleからも評価されないので、そうなると結果的にアクセスも収益も上がりません。

テクニックを磨くことも重要ですが、本質も忘れずに記事作成をしていきましょう。
シン

コツ④完璧を目指さない

ブログ記事を書く際に、思うように筆が進まない時があります。

そのような時は、一旦書ききることを意識してみて下さい。

まずは終わらせることが大事です。

ただ、その中でも記事の質はあげていく必要がありますので、あとから文章の見直しやリライトは必ず行いましょう。

ブログ記事のリライト方法|圏外から6位に上げたやり方

続きを見る

ブログの書き方パターン:まとめ

ブログの書き方のパターンやブログを書く際のコツについて解説してまいりました。

内容をまとめていきます。

ブログの書き方パターン

  • 執筆ジャンル選定
  • キーワード選定
  • ペルソナ設定
  • ライバルチェック
  • 記事タイトル作成
  • 見出し作成
  • リード文作成
  • 本文執筆
  • レイアウト調整
  • 記事の見直し
  • 記事公開

記事作成はパターンを決め、無駄に悩む時間をなくしていきましょう。

ブログの書き方のパターンで迷ったら、何度もこの記事を見直しながら作業をしてみてください。
シン

それでは今回はここまでとなります。

豪華特典付き!WordPress有料テーマ
SEO検索順位チェックツール
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

シン

ブロガー|本業プログラマー|大阪在住|29歳|SEOライティング独学|特化ブログ月間33万PV達成|使用プログラミング言語:Java/HTML/CSS/SQL|好きな食べ物はカレー|猫好きです。

-ライティング