プログラミングスクール

高卒でもエンジニアになれる理由【現役エンジニアが解説】

2020年10月5日

シン

現役エンジニア兼ブロガー/大阪在住29歳/受託開発IT会社勤務/Javaプログラマー/ブログ収益月5桁/エンジニア・ブロガー向け情報を発信/HTML/CSS/JavaScript/Java/SQL

本記事の内容

  • 高卒未経験でもITエンジニアになれるのか
  • 高卒未経験からエンジニアになる方法
  • 高卒未経験からエンジニアになる為の面接対策

高卒未経験でもITエンジニアになれるのか疑問ですよね。本記事をお読みいただければ、高卒未経験でもエンジニアになる方法について知る事ができます。

実際に僕は高卒未経験から受託開発企業のエンジニアに転職する事ができました。
シン

これからお話しすることは、全て僕の実体験に基づいてますので、信憑性はあるかとおもいます。

ぜひ最後までご覧ください。

高卒未経験でもエンジニアになれるのか

結論として、高卒未経験でもエンジニアにはなれます。

高卒未経験でもエンジニアになれる

ITエンジニアというと学歴がないと難しいイメージがありますが、高卒でも中卒でもエンジニアになってる人はたくさんいます。実際に僕も高卒未経験ですが、「システムエンジニア兼プログラマー」として転職する事ができました

エンジニアになるための対策方法については後述していきますね。
シン

高卒未経験でもエンジニアになれる理由

高卒未経験でもエンジニアになれます。なぜなら、大手企業とかでないかぎり、エンジニアに学歴や経験はあまり求められていないからです。

実際に僕が就活をしてきた中で、学歴不問で未経験でもOKの求人も多かったです。学歴よりもエンジニアの実務経験があるかどうかや、未経験でも適性があるのか等によって、採用のされやすさが変わると感じました。

未経験者であればポテンシャル採用なので、面接対策をバッチリ行えば受かることはできます。

高卒未経験からエンジニアになるには【タイプ別】

高卒未経験からエンジニアになる方法について解説していきます。

  • プログラミングをしないエンジニアになる場合の対策
  • プログラミングをするエンジニアになる場合の対策

ITエンジニアといっても、プログラミングをしないエンジニアもいるため、タイプ別に分けて解説していきますね。

プログラミングをしないエンジニアになる場合の対策

プログラミングをしないエンジニアになるなら、プログラミング学習はしなくてもOKです。プログラミングをしないエンジニアとは、保守運用がメインのインフラエンジニアやネットワークエンジニアのことですね。

インフラエンジニアやネットワークエンジニアが実務で求められるのは、プログラミングのスキルよりも、ネットワークの知識やコミュニケーション能力のほうが大きいです。

エンジニアは上司やお客様と話す機会が多いため、会話力がもとめられます。なので技術力を上げるよりも、面接対策と求人への応募を行えば良いかと思います。

プログラミングをするエンジニアになる場合の対策

プログラミングをするエンジニアになりたい方は、面接でアピールするために、プログラミングでポートフォリオ(実績証明物)を作りましょう。ポートフォリオとは、プログラミングで作った掲示板やSNSのような、Webアプリケーションですね。

ポートフォリオがある事で面接官からもやる気があると思われます。現にプログラミングスクールの卒業生たちが山ほど面接に応募してるので、採用の基準値はあがっています。なのでポートフォリオは1つくらいは最低でもあったほうが良いです。

プログラミングは独学だと挫折しやすいですが、プログラミングスクールであれば挫折しにくい環境作りがされており、効率よく学習することができます。僕はプログラミングスクールにいき、1日10時間を10週間学習した後に無事エンジニアに転職できました。

高卒未経験からエンジニアになるには【面接対策】

ここからはエンジニアになるための面接対策について解説していきます。

複数の転職サイトに登録する

まずは転職サイトに登録しましょう。転職サイトによって企業の求人が変わってきますので、複数のサイトに登録すると良いですね。

実際に私が使っていたサイトを下記に記載しておきますので、よければご参考ください。

  • リクナビ
  • マイナビ
  • doda
  • indeed
  • ワークポート
  • Green
  • wantedly

面接対策をする

転職サイトへの登録が終わりましたら、あとは面接対策をしていきましょう。

主に聞かれる想定質問は以下の通り。

  • 自己紹介(あなたの経歴)
  • 自己PR(強み・弱み)
  • エンジニア志望理由
  • なぜうちの会社を選んだのか?
  • 前職の退職理由(転職者)
  • 前職での成果・苦労した事
  • あなたが会社に求める事

他にも会社によって質問は様々ですが、概ね上記を抑えておけば大丈夫です。面接のコツは「なぜその質問をするのか」と、面接官の立場に立って考える事です。実際に面接をしてみて練習をするのもありだと思います。受けてみないとわからないことなどもありますからね。

no image
【失敗しない】未経験エンジニア転職の会社の選び方【現役エンジニアが解説】

続きを見る

企業に応募しまくる

面接対策がある程度できたら、あとはご自身の行きたいと思う企業にどんどん応募していきましょう僕は70社程応募しましたので、高卒未経験の方であれば、それくらいの覚悟は持っておいた方がいいかもしれません。

とはいっても応募は応募ボタンを押すだけなんで特に苦ではありません(笑)ちなみに面接対策は完全でなくても、応募をしながら進めていけば良いですよ。

高卒からエンジニアになるならプログラミングスクールがおすすめ

エンジニアになるならプログラミングスクールにいくことをおすすめします。僕も実際にスクールを卒業したのですが、学習期間は1日10時間の学習を10週間行いました。

プログラミングスクールに行けば嫌でもプログラミングスキルが身につきますし、なにより転職サポートがあるのがありがたいです。転職サポートは、求人の紹介や履歴書の添削、面接練習なども親身になって行ってくれます。

多くのプログラミングスクールは無料カウンセリングもやってるので一度気軽に相談してみると良いですよ。

高卒未経験でも対策をすればエンジニアになれる:まとめ

高卒未経験からエンジニアになるための対策

  • プログラミングをしないエンジニアになるなら面接対策を万全に
  • プログラミングをするエンジニアになるならプログラミング学習を先にする
  • プログラミングをするエンジニアになるならポートフォリオを作る
  • 複数の転職サイトに登録する→面接対策をする→企業に応募する

高卒未経験でもプログラミング学習を行い、面接対策さえきちんとすれば、エンジニアになることは可能です。

それでは今回はここまでとなります。

  • この記事を書いた人

シン

現役エンジニア兼ブロガー/大阪在住29歳/受託開発IT会社勤務/Javaプログラマー/ブログ収益月5桁/エンジニア・ブロガー向け情報を発信/HTML/CSS/JavaScript/Java/SQL

-プログラミングスクール