WordPressデザインテーマおすすめ9選

2021年8月8日

WordPressのおすすめテーマ

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住

本記事では、WordPressでどんなテーマがあるのかや、各テーマの特徴について解説していきます。

それぞれのテーマの機能や値段、おすすめなポイントについて、わかりやすくお伝えしていきます。

さっそくWordPressテーマの比較表を作成しました!

テーマ名称値段(税込)SEOデザインおすすめ度特徴
AFFINGER6
AFFINGER6
14,800円おしゃれなデザインからかっこいいデザインまで実現可能
表示速度が速く、SEO対策がしやすい
SWELL
SWELL
17,600円シンプルでオシャレなデザイン
初心者から上級者まで幅広く支持されている
THE THOR
THE・THOR
16,280円無駄のない洗練されたデザイン
初心者でも使いやすい
スワロー
スワロー
9,900円内部SEO対策がされており、上位表示がしやすい
SANGO
SANGO
11,000円見た目が優しくフレンドリーなフラットデザイン
つい長居したくなる居心地の良いデザイン
賢威
賢威
27,280円有名Webマーケティング会社が制作
SEOに特化している
Cocoon
Cocoon
無料SEOや表示速度、モバイルフレンドリーに最適化している
初心者でも感覚的に操作できる
Xeory
Xeory
無料有名Webマーケ会社が提供するテーマ
サイト型またはブログ型デザインが無料で使える

STINGER
無料AFFINGER6と同様の制作会社
シンプルなデザインでかつ高機能

結論から言うと、最もおすすめなのはAFFINGER6です。当ブログも使用していますが、カスタマイズ性やデザインが抜群に良いです。

他にももっと詳しく知りたいという方は、ぜひ読み進めてみてくださいね。

おすすめのWordPressブログテーマ6選【有料】

有料でおすすめのWordPressブログテーマ

まずは有料でおすすめのWordPressテーマをご紹介していきます。

以下の順でみていきましょう。

  • AFFINGER6(アフィンガー)
  • SWELL(スウェル)
  • THE THOR(ザ・トール)
  • スワロー
  • SANGO(サンゴ)
  • 賢威(けんい)

有料テーマ1:AFFINGER6(アフィンガー)

おすすめ度:

AFFINGER6の特徴

  • おしゃれなデザインからかっこいいデザインまで実現可能
  • 表示速度が速く、SEOに強い
  • 多くのトップブロガーも愛用

AFFINGER6は当サイトも利用しております。SEO対策がしやすいだけでなく、「稼ぐに特化」しているのもメリットです。

有名タレントの方や企業や学校のホームページとしても使われており、多くのトップブロガーやWebマーケティング企業からも熱く支持されている優秀なテーマです。

一方でカスタマイズの自由度が高いが故に、機能が多いので、慣れるのに少々時間がかかる場合があります。

ただAFFINGERは利用者が多く、ネット上にカスタマイズのノウハウが沢山あるため、調べれば大体のことは解決します。

AFFINGER6の公式サイトはこちら

有料テーマ2:SWELL(スウェル)

おすすめ度:

SWELLの特徴

  • シンプルでオシャレなデザイン
  • 高機能でブロックエディターに最適な使いやすさ
  • サイト速度が速く、初心者から上級者まで幅広く支持されている

SWELLは高級感があっておしゃれなデザインなのが特徴的です。

大きなメリットは、ブロックエディターが使いやすいところでもあります。

WordPressの知識がない初心者の方でも、難しい設定などは必要なく、テーマを変えるだけでサイト速度が上昇したという声もあります。

おしゃれなデザインが好きで、ブロックエディターも使いこなしたい方におすすめのテーマです。
シン

SWELLの公式サイトはこちら

有料テーマ3:THE THOR(ザ・トール)

おすすめ度:

THE THORの特徴

  • 内部SEO対策がされており、上位表示がしやすい
  • 制作にトップブロガーや一流のデザイナーが関与している
  • おしゃれなデザインがワンクリックで実現可能

公式でも解説されてますが、THE THORは検索上位を取るために必要な内部SEO対策がされており、上位表示がしやすいテーマです。

収益やアクセス数の増大にこだわっている方は、THE THORにしておけば間違いないと思います。

おしゃれなデザインもワンクリックで実現可能なので、ややこしい設定なども必要なく、スムーズにブログ運営を行うことできます。

初心者の方から上級者の方まで幅広く使えるテーマです。
シン

THE・THORの公式サイトはこちら

有料テーマ4:スワロー

おすすめ度:

スワローの特徴

  • 無駄のない洗練されたデザイン
  • プロブロガー「八木仁平さん」監修のもと制作
  • 初心者でもカスタマイズがしやすい

スワローはSEOに強い以外にも、シンプルで洗練されたデザインなのも特徴的です。

プロブロガー八木仁平さんが監修しており、必要な機能のみに絞られています。

初心者でも使いやすく、中級者以降のブロガーからも支持されているテーマです。

値段も他のテーマに比べてお安く、コストパフォーマンスがかなり良さげです。

スワローの公式サイトはこちら

有料テーマ5:SANGO(サンゴ)

おすすめ度:

SANGOの特徴

  • 見た目が優しくフレンドリーなフラットデザイン
  • Googleのマテリアルデザインを採用
  • つい長居したくなる居心地の良いデザイン

SANGOはデザインやカスタマイズ性に優れており、Googleが推奨するマテリアルデザイン(立体的で見やすいデザイン)を大部分で採用しているところが特徴的です。

月間250万PVのブログを運営するサルワカさんが制作しているしていることでも有名です。

かっこいいよりフラットなデザインを追求したい方にはおすすめのテーマです。

SANGOの公式サイトはこちら

有料テーマ6:賢威(けんい)

おすすめ度:

賢威の特徴

  • 2万7千人以上のユーザーが使用
  • 有名Webマーケティング会社が制作
  • とにかくSEOに特化している

賢威は沈黙のWebマーケティング、沈黙のwebライティングなどの有名書籍を出している「株式会社ウェブライダー」が制作するWordPressテーマです。

実際に公式HPでも公開されていますが、賢威を導入している複数企業で、多くのビッグキーワードで上位表示した実績があります。

一方でデザインはシンプルで現代風ではないため、そこまでデザインは重視しておらず、とにかく上位表示を狙いたいという方は賢威がおすすめです。

賢威の公式サイトはこちら

おすすめのWordPressブログテーマ3選【無料】

無料でおすすめのWordPressブログテーマ

無料でおすすめのテーマもみていきましょう。

  • Cocoon(コクーン)
  • Xeory(セオリー)
  • STINGER(スティンガー)

無料テーマ1:Cocoon(コクーン)

Cocoon

おすすめ度:

Cocoonの特徴

  • SEOや表示速度、モバイルフレンドリーに最適化している
  • 初心者でも感覚的にカスタマイズできる
  • アドセンスやAmazon広告が貼りやすい

Cocoonは無料なのに高機能なところが特徴的で、多くのブログ初心者の方に愛用されています。

WordPressを始めたばかりの方で有料テーマは検討していないのであれば、カスタマイズが簡単にできるCocoonが良いと思います。

Cocoonの公式サイトはこちら

無料テーマ2:Xeory(セオリー)

おすすめ度:

Xeoryの特徴

  • 有名メディア「バズ部」のテーマ
  • サイト型またはブログ型デザインが無料で使える
  • バズ部のブログ運営ノウハウが詰め込まれている

Xeoryは有名Webメディア「バズ部」が提供している無料のワードプレステーマです。

バズ部では多くのキーワードで上位表示をしている実績もあります。

そんな実績のあるバズ部のノウハウが詰まったテーマが無料で使えるのはお得ですね。

僕がもし無料テーマを選ぶならXeoryにします。

Xeoryの公式サイトはこちら

無料テーマ3:STINGER(スティンガー)

おすすめ度:

STINGER8の特徴

  • AFFINGER6と同様の制作会社
  • シンプルなデザインでかつ高機能
  • 無料で多機能な「STINGER PLUS2」がある

STINGER8はAFFINGERと同じ制作会社である「株式会社オンスピード」が提供するWordPress無料テーマです。

もう一つ無料で機能が多い「STINGER PULUS2」もありますが、初心者の方は機能の少ないSTINGER8の方が良さそうです。

あまり機能が多いと返って混乱しがちだからですね。

慣れてきた頃にSTINGER PLUS2または、有料版のAFFINGER6にするのもありです。

STINGERの公式サイトはこちら

WordPressテーマを導入して収益化しよう

おすすめのWordPressテーマについて解説してまいりました。

さくっとお好みのテーマを導入して、おしゃれなデザインにカスタマイズしてみてくださいね。

テーマ導入後は記事作成に専念し、アクセスや収益を最大化していきましょう。

どのテーマにしようか迷っている方は、当ブログも利用しているAFFINGER6にしておけば、まず失敗しないかと。

今回は以上です。

  • この記事を書いた人

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住