現役エンジニアが教える!プログラミング学習の始め方【完全ロードマップ】

2022年1月10日

プログラミング学習の始め方

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住

プログラミングのスキルを身につけて今より収入を増やしたい。プログラミング初心者は何から始めたらいいの?

こんな疑問にお答えします。

ご紹介する「プログラミングの始め方」を実践していただければ、プログラミングを効率よく学習することができますよ。

僕は現役でエンジニアをやっています。プログラミングを学んでエンジニアに転職しました。その後1年5ヶ月で独立し、月50万稼げるようになったので、実体験を基に「プログラミングの始め方」をわかりやすく解説しますね。

後半では「プログラミング学習のコツや挫折しないための対策」を解説しました。

プログラミング学習で無駄な遠回りをせず、未経験から市場価値の高いエンジニアになりたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事でわかること
  1. プログラミングの基礎を学ぼう
  2. プログラミングを学ぶメリット
  3. プログラミング学習で必要なもの
  4. プログラミングの始め方【勉強順序】
  5. プログラミング学習後はどうすればいい?
  6. プログラミング学習に役立つ勉強方法5選
  7. プログラミングを効率よく身につけるコツ
  8. プログラミングスクールを受講するメリット
  9. プログラミング学習で挫折しそうな時の対処法
  10. プログラミングの学習でよくある質問
  11. プログラミングで手に職をつけ市場価値を高めよう:まとめ

プログラミングの基礎を学ぼう

プログラミングの基礎を学ぼう

まずプログラミングの基礎を学習しておきましょう。

プログラミングとは

プログラミングとは、プログラミング言語を使ってコンピューターに命令をすることをいいます。

そしてプログラミング言語とは、「コンピューターが理解できる言語」のことを指しています。

たとえば人間も言語を使って会話をしますよね。日本人なら日本語を話しますし、中国人は中国語で会話します。

それと同じでパソコンに命令するには、プログラミング言語を使います。

主要のプログラミング言語

プログラミング言語はたくさんありますが、主要な言語は以下の通りです。

プログラミング言語特徴よく使われる分野
HTMLロゴ
HTML
Web上にテキストを表示させるための言語
WebサイトやWebアプリケーション開発全般で使われている
Webサイト制作
Webアプリ開発

CSS
HTMLの見た目を装飾する言語
WebサイトやWebアプリケーション開発全般で使われている
Webサイト制作
Webアプリ開発
JavaScriptロゴ
JavaScript
Webページに動きをつける言語
ポップアップの表示やチャットアプリの
リアルタイム通信などで使われている
WebサイトやWebアプリ開発全般で使われている
Webサイト制作
Webアプリ開発
Rubyロゴ
Ruby
Webアプリ等の裏側の処理を行う言語
コードの記述が簡潔なのが特徴的
スピード開発向きなのでスタートアップ企業で採用されやすい
Webサイト制作
Webアプリ開発
Javaロゴ
Java
Webアプリ等の裏側の処理を行う言語
セキュリティが強く大規模システム開発などで採用されやすい
Andoroidアプリにも採用されている
Webサイト制作
Webアプリ開発
業務アプリ開発
Androidアプリ開発
PHPロゴ
PHP
Webサイトの裏側処理を行う言語
Web制作でよく使われている
Webサイト制作
Webアプリ開発
Pythonロゴ
Python
Webサイトの裏側処理を行う言語
Webアプリ全般、AI開発で採用されやすい
Webサイト制作
Webアプリ開発
AI開発
Swiftロゴ
Swift
iosアプリで採用されている言語
Apple社が開発したiosアプリ専用の言語
Webサイト制作
Webアプリ開発
iPhoneアプリ開発
MySQLロゴ
SQL
データベースに問い合わせをする言語
顧客の情報を検索や登録、変更や削除といった操作ができる
Web開発や業務システム開発全般で使われている
開発全般

初心者はフロントエンドで使われているHTMLとCSS、JavaScriptから始めるのが良いです。これらの言語は大半の開発現場で使われています。

その後はバックエンドで使われる「サーバサイド言語」を一つ学んでいきましょう。

サーバサイド言語とは、裏側の処理を担当する言語。RubyやJava、PHPやPython、Swiftなど

具体的な学習手順は後述しますね。他にもプログラミングでできることを詳しく知りたい方は、以下を読んでみてください。

プログラミングを学ぶメリット

プログラミングを学ぶメリット

プログラミングは多くのメリットがあります。

プログラミングをやるメリット

  • 手に職がつく
  • 将来性がある
  • 市場価値が上がる
  • 自分でサービスを開発できる
  • エンジニアに転職できる
  • 副業で稼げる
  • 会社が潰れてもスキルは無くならない
  • 収入を伸ばせる
  • 論理的思考力が身につく
  • 問題解決能力が身につく
  • 人生を変えられる
  • 自信がつく
  • フリーランスエンジニアになれる
  • リモートワークができる

上記の通り。

プログラミングスキルがあればエンジニアになれます。エンジニアになれば給料をもらいながらプログラミングを学べるので、さらにスキルアップができます。

本業で学んだスキルを活かして、副業で稼ぐことも可能。反対に副業で身につけたスキルを本業に活かせます。

デメリットは強いて言うなら、習得するには継続的に学習する必要があるところですかね。

プログラミングは効率よく学ぶ手順などは存在しますが、近道とか裏技ってないんですよ。だから量をこなす必要があります。

コツコツ頑張れるタイプの人はエンジニアに向いています。

プログラミングスキルがあれば需要のある人材になれる

プログラミングのスキルを持つ人は、需要があります。いま世の中はIT化が進んでいるにもかかわらず、IT人材が追いついていないからですね。

プログラミングのスキルを身につけることで市場価値が上がり、収入アップを実現した方は多くいます。僕自身、そのうちの一人で、実際にプログラミングで月50万円稼げるようになりました。

たまにプログラミングを習得するのに、「学歴や資格、才能がいるんじゃないか?」と思う方がいますが、それは間違いです。本当に必要なのはやる気だけです。

僕自身、高卒で学歴や資格は持っていませんでしたし、才能もコネもなかったです。それでも「人生を変えたい」とやる気だけはあったので、やってこれました。

以下では、プログラマーのメリットとデメリットをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

プログラミング学習で必要なもの

プログラミングの学習で必要なもの

プログラミングの学習を始めるにあたり、必要なものをみていきましょう。

結論として、以下が必要です。

  • プログラミングの目標設定
  • 学習期間を決める
  • パソコンとネット環境を用意する
  • コードエディターを用意する

プログラミングの目標設定をする

プログラミングを学んでどうするのか、目標を決めましょう。目標がないとやる意味を見出せず、挫折しやすいからですね。

もし目標が決まっていない方は、以下を目標にしてみると良いですよ。

  • エンジニアに転職する
  • 副業で稼ぐ

ちなみにおすすめは「エンジニアへの転職」です。本業をエンジニアにすれば給料をもらいながらプログラミングを学べるから。

たとえば、エンジニアになって2年ほど経験を積んでから独立すれば、月50万円くらいなら稼げる可能性があります。

現に僕はプログラミングを学んでからエンジニアに転職し、その後1年5ヶ月の業界経験を経て月50万円稼げるフリーランスエンジニアになれました。

仮に本業がエンジニアでない場合、本業以外の限られた時間の中でプログラミングを学ぶことになるので、スキルアップするには非効率なんですよね。

とはいえ、全くの未経験からエンジニアに転職するのは、そう簡単にはいきません。多くの企業は、経験者を求めていますし、未経験の場合ならポテンシャルのある人を求めています。

なので未経験でもある程度の一定水準まで、プログラミングスキルを身につける必要があるのです。そうすればエンジニアに転職するハードルを下げられます。

学習期間を決める

プログラミング学習期間の目安は「3ヶ月」でOKです。副業で仕事を取るにしても、エンジニアに転職するにしてもです。

なぜならプログラミングは学習に時間をかけても、現場での実践スキルが身につかないからです。

たとえば、サッカーが上手くなりたいのに、リフティングばかりしていても上手くはならないですよね。上達するには練習するのはもちろんのこと、何より試合に出て実践経験を積むことが重要です。

3ヶ月ほど自分でプログラミングを学び、スキルを磨きましょう。

その後はエンジニアに転職して実務経験を積み上げていけば、あとは勝手に市場価値が上がっていきます。

パソコンとネット環境を用意する

プログラミングをやる上で、パソコンはWindowsかMacであればどちらでも良いです。

パソコンをお持ちでない方は、金銭的に余裕があれば、多くのWEB系エンジニアが利用するMacBookPro13インチでOKです。

Apple MacBookPro13

ネット環境がない方は、これからプログラミングで稼いでいくのであれば必須なので、自己投資として準備しましょう。

ネット回線何にすれば良いかわからない方は、工事不要でコンセントに差すだけで使える「ソフトバンクエアー」であれば楽に導入できますよ。僕も自宅で使ってます。

パソコンやネット環境は、エンジニアになるなら必須です。これらは浪費ではなく投資なので、スキルを身につけるために準備しましょう。

コードエディターをインストールする

プログラミングはコードエディターを使っておこないます。

コードエディターとは、プログラミングコードを書いて動かすためのツール。無料ですぐにインストールが可能

たとえば、以下画像がコードエディターの例です。

VSCode
コードエディター「VSCode」

コードエディターはいろいろ種類がありますが、多くのWEB系エンジニアに愛用されているVSCodeは使い勝手が良いです。今回はVScodeをインストールしておきましょう。

STEP1:VSCodeにアクセスする

STEP2:VSCodeをインストールする

VSCodeのインストール手順1

STEP3:インストールしたフォルダに移動しzipファイルを開く

VSCodeのインストール手順2

STEP4:アプリが入っているフォルダに移動し「VSCode」を起動する

STEP5:初期画面が表示される

VSCodeのインストール手順4

インストールは以上です。

今後自身でプログラミングの学習や何か開発する際に、このエディターを使ってみてください!

プログラミングの始め方【勉強順序】

プログラミング学習の始め方【勉強順序】

プログラミングの学習手順を解説します。

プログラミングを何から学べば良いかわからない初心者の方でも、お伝えする方法を実践していただければ、無駄な遠回りをしなくて済みますよ。

以下の手順で学習を始めていきましょう。

  • HTML・CSS・JavaScriptを学習する
  • Webの基礎を学習する
  • サーバーサイド言語を1つ学習する
  • フレームワークを学習する
  • SQL・データベース基礎を学習する
  • ポートフォリオを作る
  • ポートフォリオを公開(デプロイ)しよう

HTML・CSS・JavaScriptを学習する

まずは基礎となるHTML・CSS・JavaScriptを学習していきましょう。

言語特徴よく使われる分野
HTMLロゴ
HTML
Web上にテキストを表示させるための言語
WebサイトやWebアプリケーション開発全般で使われている
Webサイト制作
Webアプリ開発

CSS
HTMLの見た目を装飾する言語
WebサイトやWebアプリケーション開発全般で使われている
Webサイト制作
Webアプリ開発
JavaScriptロゴ
JavaScript
Webページに動きをつける言語
ポップアップの表示やチャットアプリの
リアルタイム通信などで使われている
WebサイトやWebアプリ開発全般で使われている
Webサイト制作
Webアプリ開発

これらの言語はWebサイト制作やWebアプリ開発など、大半の現場で使われています。

プログラミング言語の中でも比較的に学習難易度が低いので、初心者はまずこれらの言語を学習するのが効率的です。

学習は「ドットインストール」でOKです。動画で解説してくれるので、わからないところは停止しつつ、学んでみてください。

学習手順としては、以下の2つを進めてみてくださいね。

  • Webサイトを作れるようになろう:HTML/CSSが学べる
  • Webサイトに動きをつけてみよう:JavaScriptが学べる

ドットインストールは無料でも学べますが、受講できるコースが少ないです。月額1,000円課金すれば全コース学習できますので、課金しましょう。退会はいつでもできます。

Webの基礎を学習する

STEP2で「Webの基礎」を学習していきましょう。プログラミングをする上で、知っておくべき知識になります。

主に以下の点をググりつつ、理解を深めてみてください。

  • httpsとは
  • URLとは
  • Webサーバとは
  • Webページが表示される仕組み

サーバーサイド言語を1つ学習する

サーバーサイド言語を1つだけ学習していきましょう。

ここでサーバーサイド言語のおさらいです。

サーバサイド言語特徴よく使われる分野
Rubyロゴ
Ruby
Webアプリ等の裏側の処理を行う言語
コードの記述が簡潔なのが特徴的
スピード開発向きなのでスタートアップ企業で採用されやすい
Webサイト制作
Webアプリ開発
Javaロゴ
Java
Webアプリ等の裏側の処理を行う言語
セキュリティが強く大規模システム開発などで採用されやすい
Andoroidアプリにも採用されている
Webサイト制作
Webアプリ開発
業務アプリ開発
Androidアプリ開発
PHPロゴ
PHP
Webサイトの裏側処理を行う言語
Web制作でよく使われている
Webサイト制作
Webアプリ開発
Pythonロゴ
Python
Webサイトの裏側処理を行う言語
Webアプリ全般、AI開発で採用されやすい
Webサイト制作
Webアプリ開発
AI開発
Swiftロゴ
Swift
iosアプリで採用されている言語
Apple社が開発したiosアプリ専用の言語
Webサイト制作
Webアプリ開発
iPhoneアプリ開発

HTMLやCSSがWebページの外観を作る言語に対し、サーバサイド言語は裏側の処理を担当します。

サーバサイド言語は、言語によってコードの書き方が変わります。とはいえ、どれも概念が似ているので、1つを極めれば2つ目3つ目と習得しやすくなります。

なので初心者はまず、サーバサイド言語の中でも比較的簡単なRubyから入ると挫折しにくいです。Rubyはドットインストールで学べますよ。

ドットインストール「Ruby入門(全26回)」

フレームワークを学習する

次にフレームワークを学習しましょう。

フレームワークとは、アプリを効率よく開発するための骨組みを簡単に構築できるものです。

フレームワークとは

たとえばプログラミング言語を使って1から10まで開発するとなると、膨大な時間がかかります。

しかし、フレームワークを使えば、ある程度の形は一瞬でできあがるので、時短になります。

フレームワークはプログラミング言語によって色々ありますが、初心者はRubyのフレームワーク「Ruby On Rails」でOKです。

Railsを学ぶなら、「Railsチュートリアル」一択です。たった1,078円の買い切りで、Railsの全体像が学べます。

SQL・データベース基礎を学習する

SQLとは、データベースを操作するための言語です。データベースとは、データを格納するためのものです。

SQLとは

WebサイトやWebアプリは、必ずデータベースと連携してデータのやりとりを行います。たとえば、顧客の個人情報や商品情報を保存するなど。

そのデータを操作するためにSQL言語を用います。SQLは多くの現場で使われているので、必須の学習です。

SQLを学ぶならドットインストールでOKです。MySQL入門基礎編と応用編がありますので、この2つを学習しましょう。

ポートフォリオを作る

これまで学習した知見をもとに、自分で1からポートフォリオを作ってみましょう。

ポートフォリオを作る目的は、エンジニアの面接の際に、担当者に実力を証明するためです。

副業でプログラミングの案件を獲得する際にも、ポートフォリオがあると獲得が有利になります。

自分で何かアプリを作ったり、Webサイトの模写をしたりして、成果物を面接で見せます。

たとえば、いくら口で「プログラミング独学しました」といっても、相手には伝わりません。実際にソースコードや完成品をみないと、どのくらい学習したのかがわからないからです。

ポートフォリオがあれば、ソースコードを見ればその人がどのくらいの学習したのかがわかるため、信頼性が高まるのです。

といっても、初めは簡単な電卓アプリとかでOKです。ググりながら作るといいですよ。

プログラミングを学習したあとは、ポートフォリオを作成してみてください。

ポートフォリオの例

どんなポートフォリオを作ればいいかわからない方に向けて、一例をご紹介します。

たとえば、以下のような簡単なものを作ると良いですよ。

  • 掲示板サイト
  • メモアプリ
  • Webサイト
  • SNSアプリ
  • 電卓

上記以外でも、既存のWebサイトを模写してみても良いですね。

ポートフォリオは、スクールを活用すればプロの講師のサポートを受けながら作成することができます。独学で時間がかかりそうな方は、スクールを活用してみると良いです。

以下で無料と有料のプログラミングスクールをまとめていますので、参考にしてみてください。

ポートフォリオを公開(デプロイ)しよう

ポートフォリオが作れたら、ネット上に公開しましょう。

公開する方法は、主に以下の方法になります。

  • AWS:有料
  • FireBase:無料
  • Heroku:無料
  • GitHubPages:無料

AWSは有料ではありますが、現場で使われていることが多いサービスなので、できればAWSでデプロイが望ましいです。

難しければ無料のサービスでもいいので、とりあえずデプロイはしておきましょう。やり方は「ポートフォリオ + デプロイ」などで調べてみてください。

ネット上にあなたのアプリを公開しておくことで、面接の時や案件を獲得する際に、相手に実力をアピールすることができますよ。

プログラミング学習後はどうすればいい?

プログラミング学習後はどうすればいい?

プログラミングを学習した後は、エンジニアになるか副業で稼ぐのが良いです。

  • エンジニアに転職する
  • 副業で稼ぐ

①会社員エンジニアに転職する

プログラミングを学んだ後はエンジニアになるのがおすすめです。

エンジニアになれば本業でプログラミングを学べるので実践スキルが身につきます。

もしプログラミングの副業をやりたい方は、本業で得たスキルで副業をすればOK。

会社員エンジニアとしてキャリアアップしていけば、年収アップも実現できます。

エンジニアになった方が、プログラミングのスキルを最大限に活かすことができます。

以下では、未経験からエンジニアになるために必要なことをまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

②プログラミングの副業で稼ぐ

今の本業を辞めずに、副業としてプログラミングをする道もあります。

副業でプログラミングをするなら、比較的難易度の低いWebサイト制作が良いでしょう。

Web制作をするなら以下のスキルがあればOKです。

  • HTML
  • CSS
  • Bootstrap
  • JavaScript
  • jQuery
  • WordPress
  • PHP

案件の取り方は、基本的にクラウドワークスなどのクラスドソーシングサイトで応募します。

もしくは知人や友人で店舗を経営している人がいれば、店舗のWebサイトを制作させてもらえないかお願いするのもありですね。

Web制作でおすすめのスクール

Web制作はプログラミングスクールで案件の取り方まで教えてくれるところがあります。

結論として、副業でWeb制作をするなら以下のスクールがサポートが手厚いので効率よく案件の受注まで進められます。

スクール名コース費用特徴
デイトラWeb制作コース99,800円Web制作に必要なスキルが学べる
HTML/CSS/JavaScript/PHP/WordPressなど
1年間質問し放題。カリキュラムは無制限で閲覧可能
Tech Academyフロントエンド副業セット50,4900円Web制作に必要なスキルが学べる
HTML/CSS/JavaScript/jQuery/Bootstrap
副業案件を紹介してくれる。1件目の獲得は100%保証

デイトラは費用が安い割にサービスの質が良いです。運営者がインフルエンサーで、SNSを活用しているため、広告費を抑えられているからなんですよね。

一方でテックアカデミーは案件の獲得までサポートしてくれます。初心者にはありがたいですね。

コスパ重視ならデイトラ。実案件サポートを受けたいならテックアカデミーがいいでしょう。

③フリーランスエンジニアになる

プログラミングを学べばフリーランスのエンジニアになることができます。

フリーランスエンジニアは収入が高い傾向にあり、2〜3年の実務経験があれば月50万円超えは珍しくありません。

僕自身、フリーランスエンジニアになるために、プログラミングを学びました。

結果的にプログラミングを始めてから2年でなれたので、プログラミングに感謝しています。

いきなりプログラミングでの独立はNG

プログラミングを学習していきなりフリーランスエンジニアになるのはおすすめではありません。

なぜなら実践スキルがないため、仕事をとることが困難だから。

もし取れたとしても1〜2ヶ月程度で案件が終了する、比較的簡単なWebサイト制作のような単価の低い案件ばかりです。案件が終了するたびに次の案件を探さないといけないので、コスパが悪い。

まずは本格的なエンジニアとして会社に就職し、2〜3年の実務経験を得てから独立した方が、長期的にみて安定ですし稼げますよ。

プログラミング学習に役立つ勉強方法5選

プログラミング学習に役立つ勉強方法5選

プログラミングは色々な学習サイトやアプリで学べます。

世の中にあるプログラミングの学習サイトや書籍、アプリなどをご紹介しますね。

プログラミングサイトで学習する

プログラミングは無料の学習サイトで勉強するのが効率良いです。

学習サイトはたくさんありますので、自分が学びたい言語が学べるサイトを選びましょう。

初心者の方は、下記のサイトは解説がわかりやすいのでおすすめです。

  • Progate:プログラミングの基礎をスライド形式でゲーム感覚で学べる
  • ドットインストール:解説動画付きでわかりやすく、順序よく学べる
  • Paiza:解説動画付きでわかりやすく、順序よく学べる

どのサイトも途中までは無料で学べますが、月額1,000円ほど課金すれば全コースを受講することができます。

Progate

Progate

Progateは、初心者でも分かりやすくスライド形式で解説してくれます。学習を進めていくごとにレベルが上がっていくので、ゲーム感覚でプログラミングを学べます。

Progateは基本無料ではありますが、無料だと学習できる範囲が狭いので、利用するなら課金しましょう。

課金といっても月額1,000円程度ですし、違約金なしでいつでも退会できます。

progateの公式サイトはこちら

ドットインストール

ドットインストール

すでに当記事でもご紹介した「ドットインストール」です。

ドットインストールは解説付きの動画で学べるので、テキストより理解しやすいです。動画時間は1本当たり分程度なので、細かく区切りながら学習を進めることができます。

基本は無料で学べますが、月1,000円課金すれば全てのコースを受講できます。

プログラミングをどの学習方法で勉強しようか迷っている方は、ドットインストールなら実践形式で学べるので、実力がつきやすいですよ。

ドットインストールの公式サイトはこちら

Paiza

paizaラーニング

Paizaは解説付きの動画で学べる他、文章問題でプログラミングの練習ができます。基本無料で月額1,000円ほど課金すれば全コース受講できます。

プログラミング初心者はドットインストールで基礎を学んだ後に、Paizaを利用するとより実力を伸ばしていくことが可能です。

Paizaは文章問題があり、自分で問題を考えて解いていくため、プログラミングのコードを考える力が身につきやすいです。

そのため中級者になるステップにおいてPaizaは最適です。

Paizaの公式サイトはこちら

プログラミングスクールの無料体験で学習する

プログラミングの基礎を学ぶなら、プログラミングスクールの無料体験を利用する方法があります。

テックアカデミー無料体験1
Tech Academy公式ページ

たとえばTech Academyであれば、1週間プログラミングの無料体験を受講できますので、そちらを活用してみるのもありですね。

Tech Academy無料体験で学べる内容は、以下の通り。

  • Webサイトの仕組み
  • HTMLとは
  • CSSとは
  • JavaScriptとは
  • 変数
  • 数値計算
  • 条件分岐

僕も過去に、Tech Academyの無料体験を受講したことがあります。プログラミングの基本が身についたのと、自分に適性があるかないかが判断できました。

無料体験後に有料コースへの無理な勧誘も一切なかったですし、「何でこれが無料?」というくらいお得でした。

現役エンジニアと面談できる機会があります。その際にエンジニアになるにあたって不安に思っていることや、気になることを質問してみると良いですよ。

本で学習する

プログラミングに関する書籍はたくさんあります。ただ、初心者はいきなり書籍で学ぶより、まずは学習サイトでプログラミングの基礎を学ぶ方が良いでしょう

というのも、プログラミング関連の書籍は難しい内容が多かったりするので、初心者がいきなり本から入ると挫折しやすいからです。

仮に本で学習するならば、初心者向けでやさしめの書籍を選ぶことをお勧めします。

プログラミングに慣れてきたら、徐々に難易度の高そうな書籍にも手をつけていくとよいかと。

実際に僕は現役エンジニアになってから、書籍で学ぶことが増えてきました。

動画で学習する

プログラミングは、有料の動画で学習することができます。代表的なサイトは「Udemy」ですね。

udemy

Udemyは有料ですが、自分が身につけたいプログラミング言語やフレームワークを「ピンポイント」で学ぶことができます。

たとえばRubyを学びたいなら、Rubyを解説している動画を購入すればOKです。値段はピンキリですが、大体2,000円〜10,000円前後で購入ができます。

動画によっては2万円以上するものがありますが、よくセールで格安になっていたりするので、そのタイミングで購入するとお得ですよ。

僕自身、Udemyには今でもめちゃくちゃお世話になっています。

スマホアプリで学習する

プログラミングはスマホアプリで学習することができます。アプリで学ぶなら、Progate一択ですね。

iPhoneやAndroidスマートフォンにProgateを入れておけば、隙間時間に独学することができます。

僕はときどき、隙間時間にスマホでProgateをしています。

スマホ版はPC版に比べると受講できるコースが少ないですが、それでもわりとボリュームはありますね。

スマホに入れておけば、いつでもどこでもプログラミングが学べるので、ぜひ活用してみて下さい。

プログラミングを効率よく身につけるコツ

プログラミングを効率よく身につけるコツ

プログラミングを効率よく学習するためのコツをご紹介します。

不明点は即ググる

1つ目のコツは「不明点は即ググる」です。プログラミング初心者は、初めはわからないことだらけだからですね。

最初はコードを書いている時間よりも、Googleで調べている時間の方が長くなると思います。

エンジニアは日々問題との戦いですので、新しいことを学ぶ機会が多くなります。そのため、常に検索し続けなければなりません。

初心者のうちから、わからないことはすぐにググる癖をつけておくと、問題解決能力が向上しやすくなります。

以下では、具体的な検索のやり方をまとめていますので、1度目を通しておいてください。

基礎を学んだら実際につくってみる

2つ目のコツは「基礎を学んだら実際に作ってみる」です。

初心者あるあるなのが、無料サイトでプログラミングの基礎を何周もやって覚えようとするところです。

プログラミングは基礎学習を終えたら、実際に何か作ってみる方が早くスキルアップできます。

たとえば、試合で勝てるボクサーになりたいのに、試合に出ずにサンドバックばかり打っていても、実践スキルはなかなか身につかないですよね。

それと同じでプログラミングも基礎学習を終えたら、なるべく早めに何か制作してみる方がより早く成長できます。

もしプログラミングで作りたいものがない方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ブログでアウトプットする

3つ目のコツは「ブログでアウトプットする」です。

プログラミングで学んだことや解決できたエラーなどを、自身のブログでアウトプットするのことで、より知識が定着します。

ブログに書くことで反復になりますし、後で見返せるので、同じ問題で詰まった時に役立ちます。

たとえば、当ブログのようなWordPressであれば、オリジナルのデザインにカスタマイズすることができますよ。自分だけの技術ブログがつくれます。

プログラミングはコードの記述量が多く、ノートとペンでまとめるのは非効率です。ブログのようなデジタルでかつ文章でまとめておいた方が、あとで修正できますし、管理がしやすいです。

さらに技術ブログを運営していると、エンジニア転職の面接において、面接官から「積極性がある」ということでプラス評価を得られやすいですよ。

技術ブログをまだ開設していない方は、下記記事を参考に始めてみてくださいね。

暗記するより概念を理解する

プログラミングは膨大な量をこなす必要があるため、全てを暗記しようとすると挫折しやすいです。

たとえば学校の勉強なら、授業で教わったことはノートにまとめて暗記しますよね。プログラミングの場合、コードの書き方は何通りもあるため、暗記しても概念を理解していなければロジックを組み立てることができないんですよね。

暗記するよりも「なぜ?」を追求しつつ、コードの動きや1つ1つのメソッドの意味を理解することに焦点を当てた方が、効率よく習得ができますよ。

近道をしようとせずに量をこなす

プログラミングの上達のコツは、近道をしようとせずに量をこなすことです。

優秀なエンジニアは皆、過去に膨大な量をこなしています。だから優秀なんです。

プログラミングに近道や裏技はありませんので、いい意味で諦めて、とにかくコードを書くことに専念した方が良いですね。

質問サイトを活用する

プログラミングは学習しているとエラーで詰まったり、わからないことがたくさん出てきます。

基本はググりながら進めるのが良いですが、初心者はググってもわからないことがあります。

そこで質問サイトを活用すれば、現役エンジニアや有識者が回答してくれたりします。

その質問サイトでおすすめなのが以下の3つです。

おすすめの質問サイト

  • teratail:有名なエンジニア向けの質問サイトです。「15分悩んでわからなかったら質問しよう」をキャッチコピーにしているところが特徴的です。自分が学んでいるプログラミング言語や詰まっている箇所などを質問することで、現役エンジニアたちから回答がもらえます。
  • Yahoo!知恵袋:Yahooが運営する質問サイトです。プログラミングにかかわらず、エンジニアについての質問など、分野問わず質問ができます。こちらも無料で使えます。
  • MENTA:現役エンジニアから直接教わることができるサービスです。有料ですが未経験者が現役エンジニアに教わることができるので、コスパが良いですね。プログラミングを独学で学びたい方には強い味方です。

質問サイトを利用する際の注意点

質問サイトを利用する際は注意点があります。

出来るだけ質問内容を相手が理解しやすいように伝えることです。

たとえば、複雑な内容は順を追って詳しく伝えることがポイントです。また何をしたいのか結論から書くことも大事ですね。

的確な質問は相手の時間を短縮できるので、相手の負担が減りますし、素早く回答をもらうことができます。

プログラミング言語はまず一つを極める

プログラミング言語はまず一つを極めると良いです。

言語は大体概念が似ているので、1つを極めれば2つ目以降も習得しやすくなるからです。

たとえば僕は、Javaを学んでからReactを学習し始めましたが、スムーズに理解ができています。

プログラミング言語は、各々コードの書き方は違えど、考え方は同じようなものですよ。

プログラミングに一点集中する

まずはプログラミングに一点集中しましょう。

プログラミングをし始めると、他の副業などに手を出し始める人がいますが、非効率ですよ。

人が1日に使える時間は限られています。限られた時間の中で最大のパフォーマンスを出すには、パワーを1つに集中させることがポイントです。

あれこれ手をつけて、どれも中途半端になってしまい、結果が出ないというのはよくある話です。

まずはプログラミングで安定収入を得られるようになってから、他のことをやると良いですよ。

プログラミングスクールを受講するメリット

プログラミングスクールを受講するメリット

プログラミングは独学するかプログラミングスクールに行くかは多くの議論がされています。

結論として、ショートカットするなら僕はありだと思っています。その理由は、以下のメリットがあるからです。

スクールを受講するメリット

  • プロの講師に質問し放題
  • 挫折しにくい環境に身を置ける
  • エンジニア転職支援を受けられる
  • 転職できなかったら全額返金(スクールによる)
  • 非公開の求人を紹介してもらえる
  • エンジニアの仲間ができる
  • 最短でプログラミングが学べる
  • ポートフォリオが作れるようになる
  • 実践に近い形式で学習できる

実際に僕はプログラミングスクールに行き、未経験からエンジニアになれましたからね。今では念願のフリーランスエンジニアとして働くことができています。

プログラミングスクールは浪費ではなく投資なので、「人生において貴重な時間を買う」という意味で、受講してみても良いかと思われます。

以下で無料と有料のスクールを比較していますので、ぜひ参考にしてみてください。

プログラミング学習で挫折しそうな時の対処法

プログラミング学習で挫折しそうな時の対処法

プログラミングの学習は挫折率が9割と言われています。10人中9人は挫折するので、対策が必要です。

以下が主な対策です。

  • 一旦別のことをする
  • 学習で挫折する原因を把握しておく
  • Twitterを活用する
  • プログラミングスクールにいく
  • 周りに宣言する

一旦別のことをする

独学で挫折しそうになった場合、あるいは挫折してしまった場合は、一旦別のことをしましょう。

趣味に没頭したり、友人と遊んだり。副業でブログもお勧めですよ。

挫折しそうになっている状態は、脳がプログラミングが苦痛と判断している時です。一旦他のことに意識を向け、またプログラミングをやりたいと思ったら再開してみましょう。

もしプログラミングが全くわからないという状況であれば、以下を参考にしてみてください。

学習で挫折する原因を把握しておく

プログラミングの学習で挫折する原因を知っておくことは大切です。事前に挫折する原因を知っておけば、事前に対策ができるからですね。

学習で挫折する原因は、主に以下の点が考えられます。

プログラミングの独学で挫折する理由

  • コードの書き方がわからない
  • プログラミング学習方法が不明
  • エラーの解決方法がわからない
  • 環境構築でつまづいている
  • 質問できる人がいない
  • 学習が継続できない
  • 難しい参考書やサイトで学習している

詳しくは以下で解説していますので、1度目を通しておいてください。

Twitterを活用する

Twitterを活用すると挫折率が低くなります。Twitterにはモチベーションを高めてくれる要素がたくさんあるからですね。

たとえば今日やることを投稿すると、周りの人たちがその投稿を見て静かに応援してくれます。さらにあなた自身が同期のプログラミング初心者の方の作業報告や成果報告を見て、やる気を高められます。

現役エンジニアの有益な投稿は非常に参考になりますし、

Twitterアカウントを持っていない方は、無料で作れるので是非作成してみてください。

プログラミングスクールにいく

モチベーションが維持できない方はプログラミングスクールを活用すると良いです。独学で挫折する原因は、モチベーションが続かないという理由が多いです。

僕自身も独学で挫折したことがあったので、プログラミングスクールを活用しました。そしたらエンジニアに転職できましたし、今では月50万稼げるフリーランスになれたので、あの時スクールの受講を決断したのは間違いではなかったです。

スクールはプロのエンジニアたちが作った学習カリキュラムに沿って学べるので、勉強順序が明確です。

エラーで詰まった時は講師に質問できるので、一人で長時間悩む必要がありません。そのため、圧倒的に効率よくプログラミングを習得できますよ。

周りに宣言する

プログラミングで成果をだすということを、周囲の人たちに宣言するのは効果ありです。

というのも、人は誰かに宣言すると、「一貫性の法則」が働くからですね。

たとえば宣言したのに、達成できなかったら恥ずかしい思いをしますよね。だから失敗したくないと思えますし、目標達成に向けて頑張れる。

僕自身、プログラミングを学んでフリーランスエンジニアになると、友人や親に宣言していました。

実際に学習開始から2年で独立できたので、宣言効果はありましたね。

以下では、プログラミングの勉強を続けるコツをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

プログラミングの学習でよくある質問

プログラミング学習でよくある質問集

これで最後になりますが、プログラミング学習において、初心者がよく疑問に思うことをまとめました。

タイピングが遅いけどエンジニアになれるの?

タイピングが遅くてもなれます。実際にタイピングが遅いエンジニアはいますからね。

タイピングの速さよりも正確にコードが書けるかが大切です。

プログラミングに英語力や数学力は必要ですか?

中学レベルの英語力と、足し算や引き算、割り算や掛け算などの四則演算ができれば問題ないです。

英語力はあるに越したことはないですが、大体のエンジニアは翻訳しているので、翻訳すれば良いです。

数学はAIエンジニアやゲームプログラマーなら必要ですが、WebサイトやWebアプリ開発者になるなら基本的な四則演算ができたらOKですよ。

いまからプログラミングを始めても遅くないですか?

全く遅くないです。

IT人材不足は今後加速していくといわれていますからね。

実務未経験からでもエンジニアになれますか?

未経験からでもエンジニアになれますよ。

みんな最初は未経験ですし、僕も最初は未経験でした。

とはいえ、全くプログラミングを触ったことがない場合は転職は難しいです。

採用者側に立つとわかりますが、独学である程度でもやっている人の方が信用できますよね。

企業としては、採用するなら未経験でも可能性のある人材が欲しいのです。

なので一定水準までは学習をし、ポートフォリオを制作して面接に挑むのが良いでしょう。

エンジニアになるのに学歴は必要ですか?

学歴はあるに越したことはないですが、必須ではありません。

中小企業なら学歴はあまり重視されていないですね。

たしかに大手企業なら、大卒以上でないと応募できないケースが大半なので、学歴は必要です。

基本的にIT業界は実力主義の世界なので、中卒でも技術力があれば重宝されやすいです。

30代未経験でもエンジニアになれますか?

30代未経験でもエンジニアになれます。

実際、僕の友人は30代後半でエンジニアになっていますし、Twitterを見ればわりとゴロゴロいますからね。

たしかに年齢的にマイナス要素はありますが、逆にプラス要素もあります。それは社会経験が豊富なところですね。

IT業界は考える力が求められる場面が多々あるので、自立している人の方が効率よく業務をこなしやすいです。

Web制作とWebアプリ開発どっちが良いですか?

目的によりますが、安定面と収入面の観点でみるなら「Webアプリ開発」がおすすめです。

Web制作は今の本業を辞めずに、副業でプログラミングをやりたい方には向いています。ですが、「単発案件なので、常に営業し続けなければならない」「単価が低い」といったデメリットがありますね。

Webアプリ開発をする場合、大半は企業にエンジニアとして就職することになるので、転職が伴います。

しかし、2〜3年の実務経験を積み、独立すれば月収50万円くらいなら稼げる可能性は高いです。

プログラミング初心者は何から始めるべきですか?

プログラミングの勉強順序は、まずWebサイトの見た目を作れるHTML・CSSから学習すると良いですよ。

次にWebサイトに動きをつけられるJavaScriptを学び、裏側の処理を担当するサーバサイド言語を学びましょう。

基礎学習を終えたら実際に自分でサイトやアプリを作ってみると知識が定着しやすくなります。

プログラミングは独学で何ヶ月かかりますか?

どのくらいのペースなのかによりますが、大半の方は6ヶ月から1年くらいかけていますね。

プログラミングスクールは最短で12週間なので、3ヶ月前後でエンジニアを目指せます。

自分のペースで学習したい方は独学がいいですし、効率重視するならスクールを活用が良いでしょう。

プログラミングで手に職をつけ市場価値を高めよう:まとめ

プログラミングで手に職をつけ市場価値を高めよう

プログラミング学習の始め方を解説しました。

この記事の内容を実践していただければ、未経験からエンジニアになるためのプログラミングのスキルを身につけることができますよ。

僕自身、現役エンジニアになるまで色々失敗や遠回りをしてきました。なので、本記事では「こうすれば効率よく学べるな」と思う要素に絞っています。

プログラミングのスキルを身につければ、会社が潰れてもスキルはなくなりませんし、自信がつきます。プログラミングができる人は需要があり、市場価値が高いので、収入アップを実現できますよ。

プログラミングをまだ始めていない方は、今からでもぜひ始めてみてください。

以下では、未経験からエンジニアになりたい方に向けて、プログラミング学習後にどうすべきかをまとめていますので、あわせてチェックしてみてくださいね。

  • この記事を書いた人

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住