プログラミングスクール

プログラミングスクール行くなら仕事を辞めるべき?【実体験を元に解説】

2020年10月7日

シン

現役エンジニア兼ブロガー/大阪在住29歳/受託開発IT会社勤務/Javaプログラマー/ブログ収益月5桁/エンジニア・ブロガー向け情報を発信/HTML/CSS/JavaScript/Java/SQL

本記事の内容

  • プログラミングスクールに退職後に通うべき人とそうでない人の特徴
  • プログラミングスクールに通うメリットとデメリット
  • プログラミングスクールに仕事を辞めてから通う際の注意点

本記事をご覧いただければ、「仕事を辞めてプログラミングスクールに行く際の注意点」「仕事を辞めてまで通うべきなのか」について知る事ができます。これからお伝えすることは、全て実体験なので、わりと信憑性は高いかと思います。

僕は2020年10月に未経験からエンジニアになることができました。仕事を辞めてプログラミングスクールのTECH CAMPに行きましたが、無事転職できたのでよかったと思ってます。

ただ本記事では決して「仕事辞めるべきだ!」と主張するつもりはありません。結論を言うと、プログラミングスクールに行くなら仕事を辞めるべきかどうかは人によります。

では前置きはこのくらいにして、早速みていきましょう。

no image
【比較表】最もおすすめなプログラミングスクール20社【現役エンジニアが厳選】

続きを見る

プログラミングスクールに行くなら仕事を辞めるべき?

僕は仕事を辞めてプログラミングスクールに行き、無事転職することができました。ですが、仕事を辞めるべきかどうかは人によります。

なので仕事を辞めて通った方が良い人と、そうでない人の特徴を解説していきます。

  • 仕事を辞めても良い人の特徴
  • 仕事をしながらの方が良い人の特徴

順番にみていきましょう。

仕事を辞めても良い人の特徴

仕事を辞めても良い人の特徴は以下の通りです。

  • 効率よくプログラミングを学習したい
  • 6ヶ月は無収入でも暮らせる
  • 自分を追い込める環境に飛び込みたい
  • 早くエンジニアになりたい

仕事を辞めると収入が途絶えるので、6ヶ月は無収入でも暮らせるくらいの貯金はあった方が良いかと思います。ちなみに失業保険もらえる方は実際もっと貯金が少なくてもいけるかもです。

自分を追い込んででも絶対にエンジニアになる!」という方は、仕事を辞めて通ってもOKです。僕は仕事をしながら学習するというマルチタスクができなかったので、退職後に通いました。

no image
【感想】テックキャンプエンジニア転職コースを受けてみた体験レビュー

続きを見る

仕事をしながらに通った方が良い人の特徴

仕事しながら通った方が良い人の特徴について解説します。

  • 金銭的余裕がない
  • 挫折するのが怖い
  • そこまで急いではいない

主に上記の通り。仕事を辞めるのはリスクがありますし、辞めて通ったからといって、絶対に転職できるわけではないです。当前ですが、面接に受からないとエンジニアにはなれません。

仕事をしながらであれば、仮にエンジニアになれなかったとしても、職を失うことはないですからね。

プログラミングスクールに行くために仕事を辞めるデメリット

プログラミングスクールに行くために仕事を辞めるデメリットについて解説します。

主に以下がデメリットと感じました。

  • 金銭面のリスクが大きい
  • 途中で挫折しても後戻りできない
  • スクール卒業後の転職活動がつらい

どういうことか、詳しく解説していきますね。

金銭面のリスクが大きい

仕事を辞めると金銭面のリスクが大きいです。まず仕事を辞めると給料がなくなるので、焦りが出てきます。普通に生活していると、税金とか含めたら月20万くらいはもってかれるので、6ヶ月で120万はなくなります。

さらにプログラミングスクール代も含めると、結構な費用がかかります。とはいえ大体のスクールは分割支払いできますし、今は給付金制度を受けられるスクールもありますので、ここはそこまで問題じゃないですね。

途中で挫折しても後戻りできない

プログラミングスクールに仕事を辞めて通ったとして、途中で挫折しても後戻りができません。中には以前の会社に再度就職させてもらえる会社もあるかもですけど、正直気まずいですよね笑

なので、そういった意味でも仕事を辞めて通う方が自分を追い込めちゃいます。

転職後の就職活動がつらい

僕自身が一番デメリットだと感じたのがこれです。プログラミングスクール卒業後は、基本的に一人で就活をするので、結構つらいです。

なにが辛いかというと、主に以下の通り。

  • 家にいる時間が長くなる
  • 仕事してないので生活リズムが崩れやすい

面接に落ちた時は結構ショックだったりするんですけど、家にいる時間が長いので、ネガティブなことを考える時間が長くなります。仕事してたら集中できますけど、してないと時間があまるため、考えなくて良いことも考えてしまいます。

あとは単純に朝起きるのも夜寝るのも自由なので、割と生活リズムがくるいます。

プログラミングスクールに行くために仕事を辞めるメリット

プログラミングスクールに行くために仕事を辞めるメリットを解説していきます。

主に以下の3つがメリットだと感じます。

  1. 効率よく学習することができる
  2. 最短でエンジニア転職することができる
  3. 仕事を辞めてるので挫折できない

順番に解説していきます。

効率よく学習することができる

仕事を辞めるということは、1日の時間の多くをプログラミング学習に費やすことができます。僕が通っていたプログラミングスクールTECH CAMPでは、1日8時間以上は学習していました。

時間効率もよく学べるので、その分エンジニアになれる時期も早くなります。TECH CAMPは学習期間中、不明点があればメンターに質問し放題なので、学習効率も良かったです。

最短でエンジニア転職することができる

仕事しながらだと、仮に学習期間が半年あるとたら、そこから就活して転職になるので1年くらいかかります。

でも仕事を辞めてからだと、スクールにもよりますが3~6ヶ月ほどで転職できる場合が多いです。実際に私は4月末からスクールに通い始め、10月から働き始めました。

仕事を辞めてるので挫折できない

仕事を辞めているので、ちょっとやそっとじゃ挫折できません。特に一人暮らしの方は、挫折しても副収入とかがない限り、生活ができないからですね。僕自身一人暮らしで頼れる人もいなかったので、嫌でも挫折できなかったです。

僕が仕事を辞めてプログラミングスクールに行った経緯

実際に僕が仕事を辞めてプログラミングスクールに行った経緯についてお伝えします。

  1. 将来性のあるエンジニアになりたい
  2. テックキャンプの無料カウンセリングを受ける
  3. 3ヶ月の転職活動の後エンジニア転職

将来性のあるエンジニアになりたい

ありきたりな理由かもですが、将来性のあるエンジニアになりたいと思ったのがきっかけです。前職は販売員だったので、エンジニアは全くの未経験でした。いかに効率よく転職するにはどうするべきかを考えたときに、プログラミングスクールに行くことを決めました。

テックキャンプの無料カウンセリングを受ける

プログラミングスクールに行くことはほぼ固まっていたのですが、やっぱり全くの未経験だったので不安はありました。さらに自分は高卒だったので、IT系とかいけるのかな?と思ってました。なので、まずTECH CAMPの無料カウンセリングを受けて、色々と相談させてもらいました。

ちなみにTECH CAMPにした理由は、

  • メンターにすぐに質問ができる(し放題)
  • チーム開発経験が積める
  • カリキュラムが充実している
  • 転職サポートが充実している

主に上記の通りです。カウンセリングでは親身に話に乗っていただき、無理な勧誘も一切なかったので、気持ちもスッキリしました。

3ヶ月の転職活動の後エンジニア転職

TECH CAMPで10週間学習した後に、3ヶ月の転職活動を行い、無事エンジニアになることができました。学習期間中はチーム開発や、個人でWebアプリを作成するなどをしてました。

就活は面接落ちるなどできつかったですが、TECH CAMPのキャリアアドバイザーと週1くらいで面談あったので、なんとか乗り越えれたのでよかったです。

同期の存在も大きかったです。よくSkypeで一緒に勉強とか就活情報の共有とかしてましたね。

プログラミングスクールに退職後に通う際の注意点

プログラミングスクールに退職後に通う際の注意点についてまとめていきます。

主に下記の準備はしておくべきです。

  1. 最低でも6ヶ月は無収入で暮らせる貯金
  2. 仕事を辞める前に受講予約を済ませておく
  3. まずは無料カウンセリングで相談する

半年分の貯金はあった方が安心です。ちなみに失業保険もらえる方はラッキーなのでもらっておきましょう。あとプログラミングスクールによって予約いっぱいの時もあるので、事前に予約してから辞めると金銭的負担を減らせます。

またいきなり決断するのではなく、疑問に感じていることなどを事前に無料カウンセリングで相談しておいた方が良いかと思います。僕はTECH CAMPの無料カウンセリングで、疑問に思ってることを全部聞きました。

仕事を辞めて行くリスクは大きいが挫折しにくい:まとめ

結論、プログラミングスクールは仕事を辞めるとリスクは大きいですが、圧倒的に効率よく学習することができます。

とはいえ別に仕事をしながらでも、いざ失敗した時に今の職がありますし、精神的にも余裕があるのでいいと思います。今はオンライン受講ができるところもほとんどですし、働きながらスキルを身につけるのも全然アリですよ。

いずにしても「最短距離でエンジニアになりたい」という方はプログラミングスクールにいきましょう。

下記記事では、無料のプログラミングスクールや働きながらでも受講できるスクールもご紹介しております。ぜひ参考にしてみて下さい。

no image
【比較表】最もおすすめなプログラミングスクール20社【現役エンジニアが厳選】

続きを見る

  • この記事を書いた人

シン

現役エンジニア兼ブロガー/大阪在住29歳/受託開発IT会社勤務/Javaプログラマー/ブログ収益月5桁/エンジニア・ブロガー向け情報を発信/HTML/CSS/JavaScript/Java/SQL

-プログラミングスクール