プログラミングスクール

プログラミングスクールに行くべき?独学とどちらが良いのか解説

2021年1月16日

シン

現役エンジニア兼ブロガー/大阪在住29歳/受託開発IT会社勤務/Javaプログラマー/ブログ収益月5桁/エンジニア・ブロガー向け情報を発信/HTML/CSS/JavaScript/Java/SQL

本記事の内容

  • プログラミングスクールには行くべきか
  • プログラミングスクールに行きエンジニアになるまでの流れ
シンです。

2020年にプログラミングスクール「TECHCAMP(テックキャンプ)」を卒業し、未経験からエンジニアに転職しました。

シン

未経験からエンジニアになる為に、プログラミングを独学するか、スクールに行くかは悩みどころですよね。

僕も当時は独学かプログラミングスクールに行くかで悩んでいました。

僕は独学も経験しましたが、その後プログラミングスクールへ行き、3ヶ月の就活期間を経てエンジニアになることができました。

今回は独学とプログラミングスクール両方の経験をもつ筆者が、これからプログラミングスクールに行こうか迷っている方に向けて、わかりやすく解説していきます。

この記事を読むことで「どのような人が独学もしくはスクールに行くべきか」について知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

プログラミングスクールには行くべきか?

結論、プログラミングスクールには「行くべき人とそうでない人」がいます。

ではスクールに行くべき人と、独学でも良い人の特徴について解説していきます。

こんな人はプログラミングスクールに行くべき

以下に当てはまる方は、プログラミングスクールでの学習がお勧めです。

  • 独学で挫折しそう
  • プログラミングの基礎を身につけたい
  • 質問できる環境で学習したい
  • 実務に近い学習をしたい
  • 転職支援をしてもらいたい
  • 早くエンジニアに転職したい

独学だとエラーで詰まったり、わからない問題が出てきた際に解決できず、挫折しやすいです。

しかしプログラミングスクールなら、詰まった時はすぐにプロのエンジニアに質問ができますので、効率よく学習が行えます。

時間を買うイメージですね。

下記記事では無料のプログラミングスクールも紹介していますので、参考にどうぞ。

こんな人は独学のみでも良い

以下に当てはまる方は独学のみでも問題ないかと思われます。

  • 時間を気にせずゆっくり学習したい
  • 自力で学習したい

今すぐエンジニアになりたいというわけではない方は、独学でも良いでしょう。

独学だとどうしても効率よく学習することに限度がありますので、時間がかかってしまうからです。

ただ独学はすぐに質問できる環境ではない為、多くの方が挫折しているのも事実です。

独学のみでもエンジニアになることはもちろん可能ですが、正直ハードルは高いです。
シン

プログラミングスクールに行ってからエンジニアになるまでの道のり

もしプログラミングスクールに行くとするなら、どういった手順でエンジニアになるのかについて解説します。

まず一般的なロードマップは下記の通りです。

  1. プログラミングスクールに申し込む
  2. プログラミングの学習をする
  3. スクール卒業後に就職活動をする
  4. エンジニアに転職をする

順番に解説していきます。

プログラミングスクールに申し込む

まずはプログラミングスクールに申し込みをします。

エンジニア転職をしたい方は「転職保証付き」のコースがあるスクールを選んだほうが良いです。

スクールにもよりますが、転職保証があると、転職できなかった場合に全額返金される場合があります。

あとはキャリアアドバイザーの方に履歴書や職務経歴書の添削、求人の紹介などをしてもらえます。

他にも面接の練習を手伝ってくれることもあるので、絶対に転職保証があるところを選びましょう。

プログラミングの学習をする

スクールでの学習が始まったら、ひたすらプログラミングやWebの学習をしましょう。

プログラミングは学校の勉強と違い、暗記するものではなく、実際に手を動かしながら学んでいきます。

もしわからないところが出てきた場合は、まずは自分でネットで調べてみてください。

調べてもわからない場合はメンターに質問をし、理解をする。これの繰り返しですね。
シン

スクール卒業後に就職活動をする

スクールを卒業したら、いよいよ転職活動を初めていきます。

転職保証付きのスクールであれば、キャリアアドバイザーの指示に従って就職活動を進めていきます。

スクールから求人の紹介があると思いますが、それだけだと求人数が足りないので、個人でも転職サイトに登録をして企業に応募していきます。

転職サイトはとりあえず下記のサイトに登録をしておけばいいでしょう。

  • リクナビnext
  • doda
  • Indeed
  • GREEN
  • Wantedly
  • ワークポート

ちなみに人にもよりますが私は70社ほど応募をして、4社から内定をもらいましたので、結構苦戦はしました。

エンジニアに転職をする

晴れてエンジニアになることができたら、ひとまず目的達成となります。

とはいえ、ここからが「ようやくスタート地点」です。

あきらめずに経験を積み、手に職をつけて市場価値を高めていきましょう。
シン

結局プログラミングスクールには行くべきなの?

「結局のところ、プログラミングスクールに行った方が良いのかどうかよくわからない」

このように思われている方へ。

ここからはもう少し個人的な意見を交えて解説していきます。

個人的にはプログラミングスクールには行った方が良い

個人的には、プログラミングスクールは行った方が良いと思います。

その理由は以下の2つとなります。

  • やりきる環境に身を置けるので挫折しにくい
  • 独学で膨大な時間がかかるところをショートカットできる

特に「時間を買える」というのはかなり大きなメリットだと思います。

独学のみだと大体のケースは学習期間が半年〜1年ほどかかりますが、スクールに行けば2〜3ヶ月ほど。

早くエンジニアになって実務経験を身につけた方が、より早くスキルアップすることが可能です。

例えばエンジニアになって2年ほど経験を積み、フリーランスになれば月収50万円だって夢ではありません。

そもそもプログラミングスクールって有料だと思っていませんか?実は無料のスクールもあるんですよね。

なのでプログラミングスクールには絶対に行った方が良いと断言できます。

プログラミングスクールは必要ないと言う意見は結果論だと思う話

ネットで調べると、「プログラミングスクールは必要ない」といった意見が散見されます。

しかし筆者としては、そのような意見は「結果論でしかない」と思っています。

例えば独学でエンジニア転職ができた人にとっては、プログラミングスクールには行かなくてよかったと思いますよね。

でもそれは、その方が独学でいけたというだけであって、他の人が独学でいけるとは限りません。

「プログラミングスクールは必要ない」というのは、結果論でしかないのです。

そういった意見を鵜呑みにしてはいけません。

自分のスタイルにあわせて、スクールに行くべきか、独学でするべきなのかを考えましょう。
シン

まとめ

  • 効率よく学習して早くエンジニアになりたい人はプログラミングスクールに行くべき
  • 独学は時間がかかるし挫折しやすいので、迷っている時点であまりおすすめではない
  • プログラミングスクールは必要ないと言う意見は結果論

僕はプログラミングスクールに行ったおかげで、エンジニアになれました。

プログラミングスクールは無料のところもあり、転職支援も行ってくれるので、正直にいうと行くメリットしかないと思っています。

独学で人生の貴重な時間を膨大に消費するくらいなら、スクールに行って最短でプログラミングスキルを身につけ、エンジニア転職したほうが100倍良いです。

下記記事では、無料と有料のプログラミングスクールをご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人

シン

現役エンジニア兼ブロガー/大阪在住29歳/受託開発IT会社勤務/Javaプログラマー/ブログ収益月5桁/エンジニア・ブロガー向け情報を発信/HTML/CSS/JavaScript/Java/SQL

-プログラミングスクール