テックキャンプ卒業後にフリーランスエンジニアになれるのか

2022年6月12日

テックキャンプ卒業後にフリーランスエンジニアになれるのか

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住

テックキャンプを卒業すれば、フリーランスエンジニアになれるのかな?卒業生でフリーランスになった人の意見を聞いてみたい

こんなお悩みにお答えします。

本記事では、「プログラミングスクールTECH CAMP(テックキャンプ)を卒業後、フリーランスになれるのか?」というテーマで解説します。

先に結論を言うと、テックキャンプ卒業後にフリーランスになることは可能です。

僕は2020年6月にTECH CAMP を卒業し、1年5ヶ月後に月収50万円稼げるフリーランスエンジニアになれました。現在も大阪の受託開発企業で、フリーランスとして勤務しています。

テックキャンプを卒業後いきなりフリーランスになるのは、不可能ではないですが、かなり厳しいです。

そこでテックキャンプを卒業してからフリーランスになるための、具体的なSTEPについてもまとめました。

4分ほどで読めるので、ぜひ最後までご覧ください。

テックキャンプ(TECH CAMP)の概要

tech camp

テックキャンプとは、YouTubeの登録者数88万人のマコなり社長が運営する、有名なプログラミングスクールです。

まずは、テックキャンプの概要について解説します。

  • テックキャンプの料金とコース
  • テックキャンプのフリーランスコースが廃止された理由

テックキャンプの料金とコース

テックキャンプの料金とコースは、以下の通り。

  • 短期集中スタイル:657,800円
  • 夜間・休日スタイル:877,800円

どちらのコースも、分割払いは可能です。退職後に受講する方は、短期集中。働きながら学ぶ方は、夜間・休日スタイルが良いですね。

ちなみにテックキャンプは給付金対象のスクールなので、対象の方は受講料金が7割減ります。

僕は給付金制度が出る前に受講したので、受講料金は全額支払いました。まぁフリーランスになってすぐ元は取れたので、問題なしです。

給付金についての詳細やその他疑問点は、TECH CAMPの無料カウンセリング で聞いてみてくださいね。

テックキャンプのフリーランスコースが廃止された理由

テックキャンプには、もともとフリーランスコースがありましたが、今は廃止されています。

廃止された理由は明確にはわかりませんが、おそらく実務未経験からフリーランスになることが難しいからだと思います。

僕自身、実務経験1年でフリーランスになりました。dでも、もしプログラミング初心者レベルでフリーランスになっていたとすると、業務についていけていけなかったでしょう。

テックキャンプで学習をし、まずは企業に就職できるレベルまでスキルを身につけましょう。あとは企業で実務経験を積むことが、フリーランスになるための安定ルートです。

テックキャンプ卒業後はフリーランスエンジニアになれる?

繰り返しですが、テックキャンプを卒業しフリーランスになることは可能です。

とはいえ、いろいろ条件はありますので、そちらについて解説します。

  • 卒業後にフリーランスになれる理由
  • ただし、いきなりフリーランスは厳しい
  • 卒業後は最低でも1年の実務経験を積むべし

卒業後にフリーランスになれる理由

テックキャンプ卒業後、フリーランスエンジニアになれます。なぜならテックキャンプで学べるボリュームは多く、エンジニアとしてのスキルが身につけられるから。

例えばテックキャンプでは、実際にwebアプリを作成してインターネット公開するところまで実践できます。実際の開発現場に近い環境で学習ができるのです。

ただし、いきなりフリーランスは厳しい

テックキャンプを卒業後、いきなりフリーランスエンジニアになろうと思えばなれます。しかし、正直なところ、卒業後いきなりフリーランスは厳しいです。

何故厳しいかというと、単純にプログラミングスクールでの学習だけでは、フリーランスに求められる即戦力が身につかないから。

みなさんご存知だと思いますが、フリーランスエンジニアは高収入な傾向にあります。しかし、収入が高いということは、それなりに即戦力が求められるのです。

卒業後は最低でも1年の実務経験を積むべし

テックキャンプ卒業後は、一度企業に就職し、実務経験を積み上げた方が良いです。エンジニアとしてスキルを身につけていくには、実務経験を積む必要があるから。

例えば僕は、テックキャンプ卒業後に一度就職しました。そして1年の実務経験を積んだ結果、無事フリーランスエンジニアに転身できました。実務経験を積んだ方が良いと言っても、5年も10年も必要はないですよ。

2〜3年の実務経験があれば、フリーランスとして十分案件は獲得できます。なので、まずは企業に就職し、実務経験を積みましょう。

以下の記事では、仕事をしながらテックキャンプを受講するのはありなのか?について解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

テックキャンプ卒業後にフリーランスになれる人となれない人の違い

テックキャンプを卒業しても、絶対にフリーランスエンジニアになれるかというと、答えはNOです。

実際に僕はフリーランスになれましたが、他の受講生で挫折している方はいました。

そこで受講生が挫折しないためにも、フリーランスになれる人とそうでない人の特徴について捕捉していきます。

  • フリーランスになれる人の特徴
  • フリーランスになれない人の特徴

フリーランスになれる人の特徴

フリーランスになれる人の特徴は、行動力のある人です。なぜなら、行動力がある人は、「考えるよりもとりあえずやってみる」という精神の持ち主だから。

たとえば、多くの正社員は、「正社員が安泰」というイメージをもっています。

もちろん正社員はクビを切られにくいと言う意味では、安泰。しかし、僕の友人は正社員エンジニアを5年間やっているにもかかわらず、給料が20万円なんです。

フリーランスエンジニアの方が正社員よりも平均年収が高いことは、一目瞭然です。しかし、会社から離れて「独立」する勇気がない人が多いのです。

フリーランスになるには、才能や地頭の良さとかは必要ありません。1年以上の実務経験と、行動力さえあればなれます。

フリーランスになれない人の特徴

フリーランスになれない人の特徴は、スキルアップを怠る人です。フリーランスエンジニアには即戦力が求められるので、スキルがなければすぐに契約を切られてしまいます。

そのため、スキルがないエンジニアには、そもそも案件がないというわけです。

とはいえ、会社で実務経験を積めばいいだけの話です。別にプライベートも、全て勉強しないといけないわけではありません。

本業も適当にし、プライベートでも全く勉強しないとなると、いうまでもなくエンジニアとしてのスキルは身につきませんよね。

なので、エンジニアに転職後は、手を抜かず本業に打ち込みましょう。

テックキャンプ卒業後にフリーランスになってよかったこと

卒業後にフリーランスになってよかったことは、以下の通り。

  • フリーランスになって収入が2倍になった
  • 精神的余裕がもてるようになった

フリーランスになって収入が2倍になった

フリーランスになって収入が伸びたことが、最大のメリットだと感じています。会社員のエンジニア時代は、給料が月収20万円でしたが、フリーランスになった途端に2倍以上になりました。

フリーランスエンジニアになれば、日本の平均年収くらいなら普通に超えられるんですよね。コンビニに行っても値段が気にならなくなったり、ネットショッピングする際も、値段より品質や利便性で考えられるようになりました。

フリーランスエンジニアになるのに学歴やコネ、資格や才能はいりません。必要なのはやる気と、なによりも「諦めないこと」だと思います。

2〜3年の実務経験を積めば、フリーランスに転身することは十分可能です。

精神的余裕がもてるようになった

もう一つのメリットが、フリーランスエンジニアになって、精神的に余裕が生まれたことです。フリーランスになった途端に収入が増え、正社員特有の無駄な会議や雑用に巻き込まれなくなったからですね。

たとえば僕は、新卒で入社した配送業では、

  • 手取り16万円でボーナスなし
  • パワハラ上司が多い
  • 入社3ヶ月で新卒の半数が退職

上記の通りです。

フリーランスになってからは、基本的に開発に専念しているので、人間関係でくよくよ悩むことも減りました。

もし今後人間関係が悪化したとしても、いざとなれば案件を変えるができますからね。心に余裕が生まれたのは、大きな恩恵です。

以下記事では、テックキャンプをお得に受講する方法をまとめていますので、よければ参考にしてみてください。

テックキャンプ卒業後にフリーランスになるための5STEP

テックキャンプを卒業してからフリーランスになるためのSTEPをご紹介します。

僕は以下の通りに実践した結果、フリーランスになれました。

  • テックキャンプを卒業する
  • IT企業に就職する
  • 実務経験を積み上げる
  • フリーランスエージェントに相談
  • フリーランスエンジニアになる

STEP1:テックキャンプを卒業する

まずはテックキャンプを受講しましょう。テックキャンプは短期集中型と、仕事をしながら学習する夜間・昼間コースがあります。こちらは自分に合った方を選んでみてください。

僕は退職後にテックキャンプの短期集中コースを受講しました。1日10時間ほど、プログラミングに費やすことができました。

おかげでテックキャンプ卒業後、約2ヶ月半でエンジニアに転職できたので、短期集中コースにしてよかったなと思います。

もちろん働きながら学べる夜間コースでも、良いと思います。収入が途絶えないというのは、一つのリスク回避ですからね。

ひとまず、今疑問に思っていることがあれば、TECH CAMPの無料カウンセリング で相談してみてください。

STEP2:IT企業に就職する

テックキャンプを卒業後は、一旦どこかの会社に就職しましょう。テックキャンプから求人の紹介をしてくれますので、そちらから応募してもいいですし、自分で転職サイトを使って就活でもOKです。

僕もテックキャンプからの紹介に加えて、自分でも転職活動をしていました。結果的に大阪の受託開発企業のエンジニアとして転職できました。

テックキャンプを卒業するころには、プログラミング脱初心者レベルなので、早い人なら卒業後1〜2ヶ月ほどで転職できますよ。

STEP3:実務経験を積み上げる

IT企業に就職後は実務経験を積み上げていきましょう。エンジニアとして市場価値を高めるには、実務経験を積み上げるしかありません。

ちなみに実務経験とは、わかりやすくいえばプログラミングですね。他にも、設計書の作成や、プログラミングのテストもそうです。

僕の場合は会社で1年間、Javaの実務経験を積んだ後、フリーランスになりました。中には1年半でフリーランスになる人もいれば、じっくり2年ほどスキルを身につけてからなる方もいます。

なので、まずは2年ほど実務経験を積んでみてください。

STEP4:フリーランスエージェントに相談する

実務経験を積んだ後は、どうすればいいの?と疑問の方は多いと思います。結論として、フリーランスエージェントに相談すればOKです。

世の中には自分で営業をかけて案件を取る人もいますが、手続きが面倒だったり、そもそも営業力がない人は案件取りづらいですよね。

フリーランスエージェントを利用すれば、フリーランスエンジニアのための案件をたくさん紹介してくれます。面倒な契約の手続きなども、代行してやってくれます。

エージェントは、僕は以下でご紹介している2社を利用しました。あなたがもしフリーランスになるタイミングがあれば、ぜひ利用してみてください。

STEP5:フリーランスエンジニアになる

フリーランスエンジニアは2〜3年の実務経験があれば、なることができます。そしてフリーランスだからといって、会社員エンジニアとやることは大差ないです。

また、案件の難易度も自分で選ぶことができるので、ゆったり稼ぎたいなら軽めの案件。スキルアップしていきたいなら少し難しめの案件に入れば良いです。

軽めの案件でも、単価40万円以上はざらなので、あまり背伸びしたくない方にはもってこいです。

僕はやや難しめの案件に参画しつつ、スキルを磨きながら、今後も単価をあげていこうとしています。

テックキャンプを卒業しフリーランスエンジニアになろう:まとめ

テックキャンプは、プログラミングスクールの中でも、比較的有名なスクールです。受講料金はやや高めではありますが、僕はフリーランスになって月収50万円稼げるようになり、すぐにスクール代の元が取れました。

テックキャンプにいった結果としてエンジニアになれましたし、フリーランスにもなれました。もし独学してたとなると、モチベーションが続かず挫折していたと思います。

テックキャンプは最短10週間の学習でエンジニアになれるので、独学するよりも他のスクールを受講するよりも、時短になります。

これからテックキャンプを受講しようか迷っている方は、まずはテックキャンプの無料カウンセリング で疑問点などを相談してみてくださいね。

以下記事では、未経験からエンジニアになるためのロードマップをご紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

  • この記事を書いた人

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住