テックキャンプに仕事しながら受講はあり?卒業生が解説

2022年6月16日

テックキャンプに仕事をしながら受講はありか

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住

「TECH CAMP(テックキャンプ)は仕事しながら受講はできるのかな?働きながらだと、どんなスケジュールになるのだろう」

こんなお悩みにお答えします。

プログラミングスクールのTECH CAMP(テックキャンプ) は、仕事しながらでも学習ができる「夜間・休日スタイル」があります。

本記事では、プログラミングスクールのテックキャンプを仕事をしながら受講するのは、ありかなしかについて解説していきます。

僕はテックキャンプ76期の卒業生です。現在は大阪の受託開発企業でフリーランスエンジニアをやっていますので、お伝えする情報の信ぴょう性はあるかと。

テックキャンプは人生を変えるビッグイベントです。失敗しないためにも、ぜひ本記事を読んでから受講するかどうか決めてくださいね。

3分ほどで読めますので、ぜひ参考にしてみてください。

TECH CAMP(テックキャンプ)の概要

tech camp

まずはテックキャンプの概要についてまとめました。

運営会社株式会社div
公式サイトTECH CAMP公式HP
コース別料金(税込)短期集中スタイル:657,800円/夜間・休日スタイル:877,800円
学べる言語HTML/CSS/JavaScript/jQuery/Ruby/Ruby on Rails/SQL
受講形態オンライン/教室
受講期間最短10週間 600時間
転職支援キャリアアドバイザーによる履歴書・職務経歴書添削・面接対策・求人紹介
転職保証転職できなかったら受講料全額返金
転職成功率98%
返金保証14日以内であれば無条件で全額返金
メンターサポート時間平日:10:00~22:00/土日:11:00~22:00
ポートフォリオ作成あり(サポートはなし)
無料カウンセリング

テックキャンプで学べるスキルは多種多様です。

Webサイト制作に必要なHTML/CSS・JavaScriptはもちろんのこと、プログラミング言語のRubyをメインに学習していきます。

エンジニアに転職する場合、最短10週間で学べる「短期集中スタイル」、6ヶ月間仕事をしながら学べる「夜間・休日スタイル」があります。

仕事をしながらテックキャンプを受講する場合、「夜間・休日スタイル」になりますね。

テックキャンプは他のスクールと比較して、料金がやや高め。しかし、その分サービスの質が良いので、自立したエンジニアを目指すことができます。

以下の記事で、テックキャンプをお得に受講する方法を解説していますので、よければ参考にしてみてください。

テックキャンプに仕事しながら受講はありかなしか

結論からいうと、これは人によります。

なので、仕事しながら受講すべき人とそうでない人の特徴を解説していきますね。

仕事しながら行くべき人の特徴

仕事しながら行くべき人の特徴は、ずばり金銭的余裕がない場合です。

当然ですが金銭的に余裕がないと、生活が困難になりますからね。

  • 現職を挫折した時の保険としておきたい
  • 失業保険が適用できない

上記のいずれかに当てはまる方は、仕事しながらテックキャンプを受講すべきかなと。

やはり一番の問題は、金銭的余裕があるかないか。お金がないと心に余裕が持てないので、変に焦ってしまいます。

もし仕事を辞めてテックキャンプを受講して、途中で挫折してしまった場合、職がなくなってしまいますからね。

仕事しながら行くべきではない人の特徴

反対に仕事を辞めてからテックキャンプを受講すべき人の特徴もあげてみます。

結論、確実にエンジニアになるという意思がある方は、退職後にテックキャンプを受講しても良いでしょう。

というのも、人は覚悟を決めたときに、本領を発揮できるからです。

僕自身も仕事を辞めた後にテックキャンプを受講していますが、職がないので後戻りができなかったです。

つまり、「もうやるしかない」という状況だったので、嫌でも挫折できなかったんですよね。

他にも1日中プログラミングに集中できるため、圧倒的に効率が良いのも、メリットの一つです。

仕事しながらでも仕事やめてからでも、エンジニアになるならどのみち現職は辞めることになります。

必ずエンジニアになるという覚悟がある方は、仕事を辞めてからTECH CAMP を受講するのもありですよ。

この辺りは以下の記事で詳しく解説していますので、よければどうぞ。

テックキャンプに仕事しながら受講する際の学習時間とスケジュール

テックキャンプを仕事をしながら受講する場合の1日のスケジュールはどうなるのでしょうか?

学習時間

まず、仕事をしながらテックキャンプを受講する場合、エンジニア転職を目指す方なら「夜間・休日スタイル」になります。

夜間・休日スタイルは、週23時間の学習時間を確保しつつ、約6ヶ月間学習することになります。

6ヶ月間学習した後に転職活動をし、エンジニアに転職をするという流れです。

転職活動期間中は、テックキャンプのキャリアアドバイザーが親身に対応してくれます。

1日のスケジュールの例

テックキャンプの夜間・休日スタイルは、週23時間の学習時間を確保しなければなりません。

そして会社員の場合、おそらく下記のようなスケジュールになるかなと。

平日の場合

  • 7時:起床
  • 9時:出社
  • 12時:昼休憩
  • 18時:退社
  • 19時:帰宅
  • 20時:学習開始
  • 23時:学習終了
  • 24時:就寝

休日の場合

  • 7時:起床
  • FREE
  • 12時:昼休憩
  • 13時:学習開始
  • 18時:学習終了
  • FREE
  • 24時:就寝

上記は平日で3時間×5日で15時間。休日は5時間×2日で10時間。合計で25時間なので、少し余裕がある感じですね。

もちろん、上記はあくまで例です。たとえば、休日にまとめて学習するのもありです。

もし平日残業などで遅くなった場合は、その分休日に学習するなど工夫をすれば問題ないかなと。

テックキャンプに仕事しながら受講する際の注意点

仕事しながらテックキャンプを受講する際の、注意点についてもまとめました。

結論として、以下の3つが注意点となります。

  • 学習時間を確保しよう
  • 目的を明確にしよう
  • 退職の意向は早めに伝えてよう

注意点1:学習時間を確保する

学習時間は、週23時間は確保しましょう。

テックキャンプは自習形式のカリキュラムで学習を進めていくため、学習時間を確保しないと、進捗に遅れが生じます。

受講期間は夜間・休日コースだと、6ヶ月間ありますので、その期間中はプライベートもある程度は犠牲にしないといけなくなるでしょう。

とはいえ先述したスケジュールの例から見ても、週23時間の時間を確保することは、そこまで難しいものではありません。

仮に平日2時間を5日間、休日7時間を2日間だったとしても、週に合計で「24時間」確保できます。

注意点2:目的を明確にしよう

目的は明確にしておきましょう。

仕事をしながらテックキャンプを受講するとなると、半年間は学習しなければなりません。

期間が長いほど、途中で目的を見失いやすく、挫折につながりやすいです。

そこで明確な目的があれば、途中で挫折しそうになったとしても、「〇〇のために頑張らないといけない」と自分を奮起させることができます。

ただ目的といっても人によって様々だと思います。

  • お金を稼げるようになりたい
  • 手に職をつけたい
  • 将来性が良い仕事につきたい
  • フリーランスエンジニアになりたい
  • リモートワークで自由に働きたい

などなど。

ちなみに僕は上記5つ全てが目的でした。

特別な目的でなくても良いので、ひとまず受講する場合は、事前に目的を明確にしてみてください。

注意点3:現職の退職の意向は早めに伝えておこう

現職の退職の意向は、2ヶ月前には伝えておくことをお勧めします。

あまりギリギリになってからだと、職場によっては引き継ぎが間に合わなかったりするからですね。

この辺りは社内規定によって、いつまでに退職する都度を伝える必要があるか決まっていると思いますので、確認してみてください。

退職の意向を伝えるタイミングですが、転職活動をスタートする頃で良いかなと。

転職活動を開始した場合、転職するまでに早くても2ヶ月くらいはかかると思います。

テックキャンプは仕事をしながら受講はあり:まとめ

「テックキャンプに仕事しながら受講する」というテーマで解説してきました。

テックキャンプは仕事しながらでも学べる夜間・休日スタイルが用意されています。

実際にテックキャンプを受講して、これまでに3,200名以上がエンジニアに転職しています。

受講後14日以内にもし退会する場合、受講料金が全額返金されます。

試しに受講してみて、もし学習カリキュラムやプログラミングが自分に合っていないと感じた場合は、14日以内に退会してもOKです。

現段階でもし迷っているのであれば、まずはTECH CAMPの無料カウンセリング で気軽に相談してみてくださいね。

  • この記事を書いた人

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住