プログラミングスクール

【安心】プログラミングスクールに働きながら通う最大のメリット

2022年1月8日

シン

現役エンジニア兼ブロガー/大阪在住29歳/受託開発IT会社勤務/Javaプログラマー/ブログ収益月5桁/エンジニア・ブロガー向け情報を発信/HTML/CSS/JavaScript/Java/SQL

本記事の内容

  • プログラミングスクールに働きながら通うのはありなのか
  • 働きながら通うメリットとデメリット
  • 目的別でおすすめのプログラミングスクール

プログラミングスクールに働きながら通うのってどうなの?やっぱり退職してからの方が良いのかな?」

このようなお悩みをお持ちの方に向けて、本記事では「プログラミングスクールに働きながら通うメリットを4つ」ご紹介いたします。

僕は現役のエンジニアで、過去にプログラミングスクールに行った経験もありますので、情報の信ぴょう性はあるかと思います。

結論から言うと、「プログラミングスクールに働きながら通うのはあり」です。実際に世の中働きながらスクールに通う方は多いですからね。

本記事をお読みいただくことで、「プログラミングスクールに働きながら通うとなぜ良いのか」がわかりますよ。

記事の後半では、働きながらスクールに通う方に向けて、「目的にあったプログラミングスクール」についてもご紹介しています。

ぜひ最後までご覧ください。

プログラミングスクールに働きながら通うのはありなのか

プログラミングスクールに働きながら通うのは全然ありです。むしろ働きながら通う方が給与が途切れないので安心ですからね。

  • 仕事をしながらでもプログラミングスキルは身につけられる
  • バイトをしながらでも全然OK

上記の2点について解説します。

仕事をしながらでもプログラミングのスキルは身につけられる

プログラミングのスキルは、仕事をしながらでも身につけられます。社会人でも、隙間時間や休日をうまく活用すれば良いからですね。

僕はプログラミングスクールのTech Academyを受講していたことがあるのですが、平日は仕事終わってから自宅でオンラインで学習していました。残業があってできない日もありましたが、その分休日にやっていたので、特に問題はありませんでした。

働きながらだと時間がないという方でも、行動をすれば時間は確保できます。

  • 朝はいつもより30分早く起きる
  • 昼休憩を活用する
  • 通勤時間を活用する
  • 娯楽を捨てる
  • 遊びや飲み会は断る

などなど。一度時間を捻出してみれば、忙しいと言われる社会人でも、意外と時間は確保できますよ。

バイトをしながらでも全然OK

学生の方やフリーターの方であれば、バイトをしながらプログラミングを学習するのもいいと思います。実際に大学生がプログラミングスキルを身につけて、その後エンジニアに転職されたり、フリーランスになったりするケースはよくあります。

とはいえ、バイトのシフトを入れすぎると学習時間が確保できなくなるので、その辺りは調整が必要です。

プログラミングスクールに働きながら通うメリット4つ

プログラミングスクールに働きながら通うメリットをあげていきます。結論、以下4点がメリットです。

  • 収入が途絶えないので安心
  • 万が一転職できなかったとしても現職がある
  • 働きながらの方が意外と学習が進みやすい
  • 就活でうまくいかなかったとしても病みにくい

順番に解説していきますね。

メリット①:収入が途絶えないので安心

プログラミングスクールに働きながら通う1つ目のメリットは、「収入が途絶えないので安心」ということです。これは最大のメリットではないでしょうか。

この記事を見ているということは、

  • 「プログラミングスクールに行ってエンジニア転職したい」
  • 「プログラミングで副業をやりたい」

という方が多いと思います。

もし仕事をやめてからスクールに行き、転職できなかった場合は、収入がなくなってしまうので不安ですよね。副業をやるにしても、挫折してしまってはキルが身につかないので、案件を取ることもできないです。

働きながらプログラミングスクールに通うのは、精神衛生面が良いので、安心して学習することができます。

メリット②:万が一転職できなかったとしても現職がある

プログラミングスクールに行ったものの、万が一転職できなかったとしても、現職があれば安心です。しかしスクールに行ったからといって、100%エンジニアに転職できるわけではありません。

なぜなら、プログラミングスキルは身につけたものの、就活で心が折れて挫折するパターンもあるからですね。他にも学習自体に挫折してしまうケースもあります。

もしエンジニアになれなかったとしても、現職があれば問題ないですよね。ただ僕の経験上、きちんとスクールでプログラミングを学習し、面接対策も行えば問題なくエンジニアになれると思っています。

確かに、未経験からエンジニアになるのは難しいですが、

  • プログラミングスクールで学ぶ
  • 転職支援を受ける
  • 就活を諦めない

上記の3つを行えば、未経験の方でもエンジニアになることは十分可能です。

メリット③:働きながらの方が意外と学習が進みやすい

プログラミングスクールに働きながら通う3つ目のメリットは、「働きながらの方が意外と学習が進みやすい」です。人は時間があればあるほど心に余裕が生まれるので、別の娯楽に走りやすい傾向にあります。

たとえば、「今日はまだまだ時間があるから、酒でも飲んでYoutubeみよ!」と言った感じです。一度娯楽に走ると、そこから学習モードに切り替えるのはなかなか難しいと思います。

しかし働きながらであれば時間が限られているので、「学習をしないといけない」という風に、自発的に行動しやすくなります。

メリット④:就活でうまくいかなかったとしても病みにくい

プログラミングスクールに働きながら通う4つ目のメリットは、「就活でうまくいかなかったとしても病みにくい」ということです。どういうことか説明しますね。

人は時間があればあるほど、考え事をしてしまいやすいです。仮に面接でうまくいかなかった場合、「自分にはきっと魅力がないのかな...」とネガティブ思考に陥りやすいです。

つまり就活がうまくいかなかったときに、時間があることで「ぐるぐるとネガティブ思考のループ」になってしまい、メンタルが病んでしまいやすいのです。

しかし、働きながらであれば仮に面接に落ちたとしても、長時間ネガティブ思考になることは避けられるんですよね。僕はエンジニア転職時に70社ほど応募し、そのうちの4社から内定をもらえましたが、ほとんど書類選考落ちで病んだこともありました。

なのでメンタルが強く無い方は、働きながら通う方が精神的に楽かなと思います。

プログラミングスクールに働きながら通うデメリット2つ

プログラミングスクールに働きながら通うデメリットについても、2つ挙げていきます。

  • 学習効率が悪い
  • 予定が入れにくい

順に見ていきましょう。

デメリット①:学習効率が悪い

プログラミングスクールに働きながら通う1つ目のデメリットは、「学習効率が悪い」ことです。フルタイム8時間働いたとして、家に帰って家事や食事、風呂に入ることを考えると、平日は2〜3時間ほどしか多分時間が作れないですよね。

一方で仕事をやめてからであれば丸1日時間があるので、圧倒的な差が生まれます。

働きながらの場合

平日:3時間×5日

休日:8時間×2日

週:31時間

退職後の場合

平日:8時間×5日

休日:8時間×2日

週:56時間

プログラミングスクールに働きながら通う場合と退職後に通う場合とでは、1週間で約25時間差になりますね。1ヶ月にすれば100時間差。

とはいえ先述しましたが、結局時間があってもやらない人も中にはいるので、そういった方はあえて働きながらの方が学習が進めやすいというケースもあります。

デメリット②:予定が入れにくい

プログラミングスクールに働きながら通う2つ目のデメリットは、「予定が入れにくい」ということです。働きながらプログラミングスクールで学習するとなると、休日もプログラミング漬けになると思うので、他の予定が入れにくくなります。

とはいえ、特に重要な予定でない限り、プログラミングを優先すべきでしょう。むしろそのくらい優先する意識がないと、未経験からエンジニアになることはできないので。学習が終わってから存分に遊んだりすれば良いかなと。

働きながら学べるプログラミングスクール【目的別】

働きながら学べるプログラミングスクールをご紹介していきます。

  • 挫折せずにエンジニア転職をしたいなら:TECH CAMP
  • プログラミングで副業をしたいなら:Tech Academy
  • 無料でプログラミングを学び転職したいなら:GEEK JOB

目的別で解説していきますね。

挫折せずにエンジニア転職をしたいなら:TECH CAMP

tech camp

働きながらプログラミングスクールに通うなら、TECH CAMPが良いです。TECH CAMPはプログラミングのライザップと呼ばれているくらい、学習環境が整っているからです。

TECH CAMPのメリットをまとめると、以下の通り。

  • オンラインで受講ができる
  • チーム開発を経験できる
  • ビデオ通話orチャットでメンターに質問ができる

僕自身、TECH CAMPの卒業生ですが、TECH CAMPはチーム開発があったり相談できるライフコーチがいたり、とにかく挫折しにくい環境があります。

学習進捗に遅れないように、進捗を記入したり、何か悩み事があればいつでもライフコーチに相談することができます。さらに転職保証付きなので、転職できなかった場合に受講料金全額返金制度や、転職支援を受けることも可能です。

なので確実にエンジニアに転職したい方は、TECH CAMPが良いかなと。

プログラミングで副業をしたいなら:Tech Academy

tech academy

副業をするためにプログラミングを学びたい方は、Tech Academyが良いですよ。Tech Academyのフロントエンド副業コースは、プログラミングの学習に加え、副業案件を獲得して納品までサポートしているからです。

Tech Academyは他にも以下のメリットがあります。

  • オンライン完結
  • チャットでメンターに質問ができる
  • 初心者にもわかりやすいカリキュラム

プログラミングの副業で一番大変なのは、最初の案件獲得です。実績がないので獲得しにくいからですね。

なので副業をやりたい方はTech Academyにしておけば間違いないかと思われます。

無料でプログラミングを学び転職したいなら:GEEK JOB

費用をかけずにプログラミングを学び、エンジニアに転職したい方は、GEEK JOBが良いですね。GEEK JOBは、なんと受講料金が無料で、さらに転職支援も行っています。

  • 受講料金が無料
  • エンジニア転職支援がある

無料でプログラミングが学べて転職支援もしてくれるなんて、素晴らしいサービスだと思います。もちろん無料と言ってもスクール側は企業から紹介料をもらっていたりするので、運営ができているのです。

プログラミングスクールは働きながら通うのはあり:まとめ

プログラミングスクールは働きながら通うのは全然ありですし、むしろ働きながらの方が安心でかつ学習に専念しやすいという方もいるかと思います。

僕は早くエンジニアになりたかったので、仕事をやめてからTECH CAMPに通いましたが、中には働きながらの方が自分に合っている方もいるでしょう。

  • 安全に転職をしたい方は、働きながら
  • 最短でエンジニアになりたい方は、退職後に通う

下記記事では、現役エンジニアの僕がおすすめするプログラミングスクールを20社紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

  • この記事を書いた人

シン

現役エンジニア兼ブロガー/大阪在住29歳/受託開発IT会社勤務/Javaプログラマー/ブログ収益月5桁/エンジニア・ブロガー向け情報を発信/HTML/CSS/JavaScript/Java/SQL

-プログラミングスクール