アフィリエイト

セールスライティングの型まとめ【アフィリエイトで使える】

2021年8月3日

シン

ブロガー|本業プログラマー|大阪在住|29歳|SEOライティング独学|特化ブログ月間33万PV達成|使用プログラミング言語:Java/HTML/CSS/SQL|好きな食べ物はカレー|猫好きです。

セールスライティングを学びたいのだけど、型ってどんなものがあるのかな?

アフィリエイトで使えるものはどれなのかも教えて欲しい。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • セールスライティングの意味
  • セールスライティングの型まとめ
  • アフィリエイトで使えるセールスライティング2つ
シン(1000)
Twitter(@shin_memo09)

本記事をご覧いただければ、セールスライティングの意味から、どのような型があるのかについて知る事ができます。

セールスライティングはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、実は多くの売れてるアフィリエイター達が活用しているのです。

世の中にあるセールスライティングについて、徹底的にリサーチを行いましたので、初心者の方にもわかりやすく解説します。
シン

記事の後半では、アフィリエイトで使えるセールスライティングの型2つをご紹介しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

セールスライティングとは

まずはセールスライティングの基礎からみていきましょう。

  • セールスライティングの意味
  • セールスライティングのメリットとデメリット

セールスライティングの意味

セールスライティングとは、商品やサービスを売るための文章のことを言います。

よく使われる場面でいうと、LP(ランディングページ)と呼ばれる「商品を売るために1ページにまとめた記事」などがあげられます。

他にもアフィリエイター達が自身のブログのレビュー記事や比較記事などでも使っていますね。

ちなみにコピーライティングは商品を認知してもらうためのものなので、セールスライティングとはまた違った意味になります。
シン

セールスライティングのメリットとデメリット

セールスライティングを使うメリットは、商品やサービスの成約率をアップさせるところです。

デメリットは正直思いつきませんでしたが、「胡散臭い」などと思う方も中にはいるようです(僕は思った事ないですが)

セールスライティングはアフィリエイターなら身に付けておくべきでしょう。
シン

セールスライティングの型まとめ

セールスライティングにはいろいろな型があるので、ひとまずまとめみました。

  • AIDMAの法則(アイドマ)
  • 新・PASONAの法則(パソナ)
  • BEAFの法則(ビーフ)
  • QUESTの法則(クエスト)
  • AIDCASの法則(アイドカス)

一つずつ解説して行きますね!

AIDMAの法則

AIDMAの法則とは、セールスコピーを書く上での基本的な型で、消費者が商品やサービスを認知してから購入に至るまでのプロセスに沿った型です。

AIDMAの法則役割
Attention(注意)読者に商品を認知してもらうように注意を引きつける
Interest(関心)商品の機能や特徴、他社との違いを説明し、興味関心を持ってもらう
Desire(欲求)商品を欲しいと思ってもらうよう購入後の良い未来を想像させる
Memory(記憶)商品を欲しいと思ってもらった気持ちを忘れさせないよう継続的にアプローチする
Action(行動)最後の一押しで成約につなげる

AIDMAの法則はわりと聞いたこともある方多いのではないでしょうか。

セールスライティング以外でも、販売店の棚の並べ方の際にも使われるなど、いろんな場面で活用されています。

新・pasonaの法則

新・PASONAの法則とは、神田昌典さんが提唱した法則で、PASONAの法則の改訂版になります。

新と旧の違いですが、PASONAのA(Agitation=煽り)が(Affinity=親近感)に変わったようです。

新・PASONAの法則役割
Problem(問題)問題提起
Affinity(親近感)同じ境遇を共感する
Solution(解決)問題解決策として商品紹介や機能を説明する
Offer(提案)具体的に提案する
Narrowdown(絞込)期間やターゲットを絞る
Action(行動)最後に行動を促す

Affinity(親近感)で共感を得る事ができれば、読者も心を開いてくれやすくなりますね。

ブログのリード文でも使える型です。
シン

BEAFの法則

BEAFの法則とは、すでに商品が気になってる方に向けた型で、もとは営業やプレゼンで使われていた「FABE分析」を変形させたものです。

BEAFの法則役割
Benefit(恩恵)商品やサービスを利用し、メリットを得た先で得られる恩恵のこと
Evidence(根拠)なぜその恩恵を得られるのか
Advantage(優位性)他社との違いを具体的に明示し、おすすめする商品が優れている点を主張する等
Feature(特徴)最後に商品やサービスの機能や特徴を説明

読み手はすでにその商品に興味を持っているため、最初から商品のベネフィットを訴求していきます。

アフィリエイトのレビュー記事にも使える型ですね。

QUESTの法則

QUESTの法則とは、自分の抱えている悩みが明確で、その悩みを解決するための商品やサービスを探している読者に向けての型です。

QUESTの法則役割
Quality(絞込)読者を絞り込む事で見込み客かそうでないかを選別する
Understand(共感)相手の悩みに対して理解し、同情する
Educate(啓発)商品のサービスや特徴、メリットを説明する
Stimulate(興奮)商品購入後の未来、購入しない場合のマイナスイメージを想像させることで、購買意欲を高める
Transition(変化)見込み客から顧客へ変化させるためのクロージングをする

QUESTの法則は、世界的にも有名なダイレクトレスポンスコピーライターのマイケルフォーティン氏によって考案されました。

AIDCASの法則(アイドカス)

AIDCASの法則とは、商品を購入してもらえるように不安を取り除きつつも、購入後もリピーターになってもらうための工夫を行う型です。

AIDCASの法則役割
Attention(注目)読者の注意を引きつけ、記事を読んでもらう
Interest(関心)どんな商品かを伝え、自分のための商品と思ってもらう
Desire(欲求)商品を実際に使ってみたいと感じてもらう
Conviction(確信)商品を購入しようと確信してもらう
Action(行動)最後の一押しで、商品を購入してもらう
Satisfaction(満足)商品購入後にリピーターになってもらう

最後のSatisfactionがポイントで、商品は売って終わりではなく、リピーターになってもらう事で継続的に売り上げが上がります。

noteやBrainなどの自社製品を販売する際に使えそうですね。
シン

アフィリエイトで使えるセールスライティングの型2つ

セールスライティングの型は、正直どれも使えるんですけど、実績のあるアフィリエイター達が推奨する型を2つ厳選しました。

それが、「新・PASONAの法則」「AIDMAの法則」の2つです。

順番に例文付きで解説していきますね。

その①新・PASONAの法則【例文】

まずは新・PASONAの法則のおさらいです。

新・PASONAの法則役割
Problem(問題)問題提起
Affinity(親近感)同じ境遇を共感する
Solution(解決)問題解決策として商品紹介や機能を説明する
Offer(提案)具体的に提案する
Narrowdown(絞込)期間やターゲットを絞る
Action(行動)最後に行動を促す

では実際に例文をみていきましょう。

■テーマ:ブログでアクセスを伸ばしたい方の悩み解決

■ターゲット:アクセス数に伸び悩んでいるブロガー&アフィリエイター

■Problem(問題提起)
ーブログを始めてから半年ほど経ったけど、なかなかアクセス数が伸びず、収益につながらないと悩んでいませんか?

■Affinity(共感)
ー僕もブログのアクセスに伸び悩んだ経験があり、なんども諦めようと思った事があります。

■Solution(解決策)
ーアクセスを伸ばすなら、需要のあるキーワードを選びつつも、上位表示が狙える競合の弱いところを狙えば可能です。

■Offer(提案)
ー上位表示するための対策について書かれているこの本をお読みいただければ、アクセスアップにつながるヒントが得られます。

■Narrowdown(絞込)
ー今なら3日間限定で初心者でも実践可能な「穴場キーワードPDF」付きです。

■Action
ーお申し込みいただくなら今がお得です(アフィリエイトリンク)

どうでしょう、この型めちゃくちゃ使えると思いませんか?

ちなみに例文はとっさに思いついたものです笑

セールスライティングをすれば売上UPが期待できそうですが、悪用は厳禁です!
必ず事実に基づいた情報を書きましょう。
シン

その②AIDMAの法則【例文】

では2つ目のAIDMAの法則についておさらいです。

AIDMAの法則役割
Attention(注意)読者に商品を認知してもらうように注意を引きつける
Interest(関心)商品の機能や特徴、他社との違いを説明し、興味関心を持ってもらう
Desire(欲求)商品を欲しいと思ってもらうよう購入後の良い未来を想像させる
Memory(記憶)商品を欲しいと思ってもらった気持ちを忘れさせないよう継続的にアプローチする
Action(行動)最後の一押しで成約につなげる

こちらも例文にしてみました。

■テーマ:収益をUPさせたいアフィリエイターの悩み解決

■ターゲット:収益を伸ばしたい駆け出しアフィリエイター

■Attention(注目)
ータイトル:これで稼げる!アフィリエイトに使えるライティング術

■Interest(関心)
ーアフィリエイトで収益を伸ばしたいあなたに、とっておきの商品がこちらの「ライティングマスター」という書籍。

■Desire(欲求)
ーこの本に書かれているライティング術をマスターしていただければ、あなたでも文章で稼ぎ、欲しいものが買えるスキルが手に入ります。

■Memory(記憶)
ー僕も実際にライティングマスターに沿った型で書き続けた結果、半年で売り上げが5倍以上にあがりました。

■Action(行動)
ー今なら5%引きのクーポンをお使いいただけます(アフィリエイトリンク)

このようなイメージですね。

Memoryの補足ですが、要は読み手の記憶に残るような印象を与える事が大切です。

仮に即決しなくても、記憶に残る文章を書いておく事で、後日購入される場合もあるからですね。

まとめ:アフィリエイターはセールスライティングを活用しよう

セールスライティングは人間の心理に沿った型ですので、型通りに執筆をすれば、売れる文章を書く事ができます。

一度で習得は難しいと思いますので、何度もこの記事をお読みいただき、型通りに実践してみてくださいね。

本記事が少しでも良いなと思っていただけた方は、下のSNSボタンからシェアしていただけると嬉しいです!
シン

それでは今回はここまでとなります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

シン

ブロガー|本業プログラマー|大阪在住|29歳|SEOライティング独学|特化ブログ月間33万PV達成|使用プログラミング言語:Java/HTML/CSS/SQL|好きな食べ物はカレー|猫好きです。

-アフィリエイト