フリーランスエンジニアはむしろスキルアップできる【やり方も解説】

2022年3月21日

シン

プログラマー【経歴】新卒でブラック配送業▶︎販売員▶︎プログラミングスクール▶︎受託開発IT企業1.5年▶︎フリーランスエンジニア|Java/Spring|Oracle認定Java Silver資格保有|サイト運営のテーマ「市場価値の高いITエンジニアを輩出する」|大阪在住29歳

フリーランスエンジニアになりたいのだけど、スキルアップできないと聞いた。これ本当かな?

こんなお悩みにお答えします。

本記事では、フリーランスエンジニアはスキルアップしづらいのかについてご紹介します。

僕は現役のフリーランスエンジニアで、いまも大阪のIT企業で開発していますので、お伝えする情報の信ぴょう性はあるかと思います。

結論から言うと、フリーランスエンジニアはむしろスキルアップできますよ。詳細は本記事でお伝えしますね。

記事の後半では、スキルアップしづらい工程についても解説しました。

ぜひ最後までご覧ください。

フリーランスエンジニアはむしろスキルアップできる

フリーランスエンジニアはむしろスキルアップできます。

  • 開発に専念できるから
  • 時間的余裕が生まれるから
  • 金銭的余裕が生まれるから

理由①:開発に専念できるから

1つ目の理由は、開発に専念できるからですね。

なぜならフリーランスエンジニアはあらかじめ決められた契約に沿った業務を行うからです。

たとえば僕は、大手フリーランスエージェントの「レバテックフリーランス 」に相談した結果、月単価50万円のJavaのWebアプリケーション開発案件に参画できました。そして契約はプログラミング〜テストの工程でしたので、文字通りプログラミング〜テストまでを担当できました。

正社員だとスキルアップしづらい誰にでもできる雑用とかありますけど、フリーランスエンジニアは比較的そういったことがないです。

そのため、開発に専念することができるので、むしろスキルアップができます。

理由②:時間的余裕が生まれるから

2つ目の理由は、時間的余裕が生まれるからです。

時間的余裕があれば、技術を身につけるための勉強ができますよね。

フリーランスエンジニアは働く日数を下げられるので、週3,4稼働とかも実現することが可能です。

たとえば週3稼働にして、空いた分を新しいスキルを身につけるための時間に使うとかですね。

たしかにフリーランスエンジニアなりたてのころは、スキル的に週4稼働の案件に参画するのはきびしいかもですが、ある程度技術が身に付いたらそういった案件に参画することは可能。

なかには週15時間で月収50万円稼ぐエンジニアもいます。

フリーランスエンジニアは時間的余裕を生み出すことができるので、空いた時間で新しい技術を身につけることもできますね。

理由③:金銭的余裕が生まれるから

3つ目の理由は、金銭的余裕が生まれるからです。

フリーランスエンジニアは高収入なので、金銭的余裕がうまれます。そして金銭的余裕があれば、技術を身につけるための自己投資ができますよね。

ちなみにフリーランスエンジニアの平均年収は、レバテックフリーランス によると約826万円あるとの結果が出ています。

フリーランスエンジニアの年収は、働き方によって個人差があります。2018年7月時点でレバテックフリーランスが取り扱っている週5日稼働の案件単価を年収に換算すると、約826万円です。

引用元:レバテックフリーランス

僕自身、フリーランスエンジニアになってからは正社員時代より収入が2倍以上になり、金銭的余裕が生まれました。

お金に余裕が生まれたら自己投資ができるので、身につけたいスキルの動画教材や参考書を購入したり、プログラミングスクールに行ったりできますよね。

このように、フリーランスエンジニアは高収入なので、スキルアップするための自己投資がしやすいのです。

フリーランスエンジニアがスキルアップする方法

フリーランスエンジニアがスキルアップする方法をご紹介します。

  • 身につけたいスキルの案件に参画する
  • ちょっと背伸びするくらいの案件に参画する
  • 新しいスキルを身につけるなら稼働日数を減らす
  • 同じ現場でスライドできないか交渉する
  • 勉強会に参加する

方法①:身につけたいスキルの案件に参画する

方法その1は、身につけたいスキルの案件に参画することです。

フリーランスエンジニアは事前にどんな案件に参画するのか決めることができます。

たとえばRubyのスキルを身につけたいのであれば、Rubyの案件に参画すればOK。もちろん経験がないと参画することは難しいです。

僕の場合はJavaで1年の経験があったため、Javaの案件に参画することができました。

1年あればある程度の戦力にはなります。とはいえ、やはり1年だと、自分としては「まだまだスキルを伸ばせるな」といった感じでした。

なので、極めたいスキルの案件に参画することができるため、フリーランスエンジニアはスキルアップすることが可能です。

方法②:ちょっと背伸びするくらいの案件に参画する

2つ目は、ちょっと背伸びするくらいの案件に参画することです。

少し背伸びするくらいですと、届く範囲ではあるものの、ぬるい案件ではないので成長することができますよね。

実際に僕は詳細設計書を作成する経験が浅かったのですが、あえて詳細設計書が工程にある案件に参画した結果、作成スキルが身につきました。

このように少し背伸びすれば届くくらいの案件に参画し、徐々にスキルアップをすることができます。

方法③:新しいスキルを身につけるなら稼働日数を減らす

方法1で「身につけたいスキルの案件に参画しよう」とお伝えしましたが、実務経験のないスキルは参画することが難しいですよね。

そこで新しいスキルを独学して身につけるために、あえて現状の稼働日数を減らして学習時間を確保するという方法もありです。

たとえば週5で稼働しているところを週4にし、空いた日に新しい技術を身につけるために学習するといった感じです。

あとは面談時に身につけたスキルで作ったポートフォリオなどを見せてアピールすれば、新たな技術の案件に参画することは十分可能です。

方法④:同じ現場で別案件にスライドできないか交渉する

4つ目の方法は、「同じ現場で別案件にスライドできないか交渉すること」です。

フリーランスエンジニアによくあるのは、契約終了後に別案件にそのままスライドするということです。

これを活用すれば同じ参画先の企業で別案件に移れますよね。

そこで身につけたい新しい技術があれば、フリーランスエージェントか現場責任者に参画できないか交渉することが可能。

いまの現場で良い成果物を残して信頼を得ていれば、「この人ならなんとかやってくれそうだな」と思ってくれやすいので、他の案件も任せられやすいです。

方法⑤:勉強会に参加する

5つ目は、「身につけたいスキルの勉強会に参加する」ですね。

勉強会はオンラインでやっていますので、ネットで検索すればOKです。

または知人や友人でエンジニアがいる方は、勉強会を実施していないかを聞いてみるのもいいですね。

僕の友人もエンジニアなのですが、勉強会に参加しないか誘われたこともあります(当時は断った)

ですので、フリーランスエンジニアは自ら技術を身につけるために勉強会を活用するのは効果的です。

フリーランスエンジニアがスキルアップしづらい傾向にある工程

フリーランスエンジニアがスキルアップしづらい工程を解説します。

  • 上流工程
  • マネジメント

その①:上流工程

フリーランスエンジニアは、上流工程のスキルは比較的身につきにくいかなと思います。

というのも、正社員である程度上流工程の経験がないと、いきなりフリーランスエンジニアになって上流工程を任せられるケースが少ないからですね。

たとえば僕も上流工程である「要件定義」「基本設計」の経験がないため、フリーランスエンジニアのエージェントからそういった案件は紹介されませんでした。

仮に応募しても多分受からないかなと。

なので、上流工程のスキルは身に付きにくい傾向にあります。

その②:マネジメント

フリーランスエンジニアは現場のリーダー的ポジションを任せられにくく、部下を教育する能力などが身に付きにくいです。

そのため、マネジメント能力はあまり身につかない傾向にあります。

もちろん全てのフリーランスエンジニアがそうではないですが、やはり責任が思い仕事は企業側も自社の正社員に任せたがりますからね。

自社の正社員に任せた方が、社員の能力が上がるので将来的に会社に利益をもたらしてくれそうですからね。

なので、マネジメント能力はみにつきにくいです。

フリーランスエンジニアはスキルアップできる:まとめ

フリーランスエンジニアはスキルアップできないという情報がとても多いですけど、実際はそんなことはありません。

すでに上流から下流工程まで経験していてスキルが高い方からすると、スキルアップは難しいかもしれません。

しかし、実務経験1~3年くらいの方であれば、フリーランスエンジニアの方がむしろ成長しやすいんじゃないかなと思います。

今回は以上です。

  • この記事を書いた人

シン

プログラマー【経歴】新卒でブラック配送業▶︎販売員▶︎プログラミングスクール▶︎受託開発IT企業1.5年▶︎フリーランスエンジニア|Java/Spring|Oracle認定Java Silver資格保有|サイト運営のテーマ「市場価値の高いITエンジニアを輩出する」|大阪在住29歳