SEでプログラミングできないは損!プログラムが書けない原因と対策

2022年7月22日

SEでプログラミングができないのは損

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住

「SEだけど、プログラミングをする機会が少なくて、プログラムのスキルが全然ない。他のSEはどんな感じなのかな?」

こんな疑問に答えます。

SEといえば、プログラミングができる印象を持たれている方は多いです。実際のところは、プログラミングができないSEはたくさんいます。

この記事をお読みいただいているということは、おそらくあなたは現役SEだけど、プログラミングができないのではないでしょうか?

なぜプログラミングができないSEがいるかというと、これは現代の日本のIT業界の仕組み上、仕方のないことなんですよね。というのも、プログラミング工程は外注に任せて、自社のSEには上流工程を担当させる会社が増えてきているからです。

とはいえ、プログラミングができないSEの中には、「プログラムが書けないけど、このままで将来大丈夫かな?」「システムエンジニアを名乗るなら、やっぱりプログラミングはできた方が良いよね」と思われている方もいます。

そこで今回は、「SEでプログラミングができないのは損している」というテーマで解説していきます。

僕は現役のフリーランスSEで、大阪の開発会社で日々プログラムを書いています。これまでにプログラミングができないSEを何人も見てきました。

この記事をお読みいただくことで、「なぜSEでプログラミングができないのは損なのか」「これからどのように対策をすれば良いのか」が明確になりますよ。

SEとして市場価値を高めるなら、プログラミングスキルはあった方が有利です。

3分ほどでお読みいただけるので、ぜひ最後までご覧ください。

SEでプログラミングができない原因は?

SEでプログラミングができない原因は、以下の2つがあげられます。

  • プログラミングの案件に参画できない
  • プログラムを書く習慣がない

原因1:プログラミングの案件に参画できない

1つ目の原因は、そもそもプログラミングの案件に参画できないからです。プログラミングの案件に参画できないと、経験を積むことができません。

経験を積むことができないので、プログラミングのスキルを身につけることもできないんですよね。

例えば、プログラミングの案件に参画できない理由は、いろいろあります。

  • 上流工程ばかりを担当している
  • 会社が開発案件を保有していない
  • スキル不足なので参画できない

上記の通り。

そもそもあなたが所属している会社が「開発案件」を保有していない場合、今後もその会社でプログラミングができる可能性は低いといえます。

原因2:プログラムを書く習慣がない

2つ目の原因は、プログラムを書く習慣がないからです。ITエンジニアといっても、日頃から実務でプログラミングばかりをしているわけではありません。

たとえば

  • 設計書の作成
  • 資料作成
  • テスト

など。プログラミング以外にもやることは多いですよね。

そうなると、プライベートでもプログラミングをする習慣を身につけることが、ポイントになります。

もしプログラミングをする習慣がなければ、一向にプログラムを書けないし読めるようにもならないのです。

SEでプログラムが書けないのは損!その理由とは

世の中にはプログラムが書けないSEがたくさんいます。でも実際は、プログラムが書けなくても、仕事はできますし給料はもらえます。

ですがSEであれば、プログラミングはできた方が、ほぼ間違いなく良いです。

SEならプログラムが書けないと損だと思っています。

その1:SEとは、プログラマーの上位職である

そもそもSEって「プログラマーの上位職」なんですよね。本来SEはプログラマーを経験し、ステップアップしていくことでなるのが王道ルートです。

実際に僕が以前勤めていた会社でも、ベテランSEたちはみな最初はプログラマーでした。

彼らはプログラマーを経験しているからこそ、プログラムのコードが読めるしプログラマーに指示出しもできるわけです。

SEであれば、プログラミングの知識はあって当然なんですよね。

その2:プログラミングができないと的確な指示が出せない

プログラミングができないSEは、プログラマーに的確な指示を出すことができません。プログラミングができないと、どういうロジックを組めば良いかわからないのです。

たとえばサッカー未経験の監督が、選手に上手なシュートの打ち方を教えられるかというと、経験したことがないので教えられるはずがありません。それと同じです。

プログラミングができないと、精度の高い設計書を作ることもできません。プログラマーに的確な指示が出せないということは、開発システムの品質にも問題が生じる可能性があります。

その3:顧客対応の時に時間が無駄にかかってしまう

SEは顧客と打ち合わせをすることが多いですが、プログラミングの知識がないと時間が無駄にかかってしまう場合があります。プログラムの知識がないと、顧客からの要望に対しての返答が遅れがちだからですね。

たとえば取引先の顧客が「〇〇の機能が欲しい」と言った時、プログラムの知識がないSEは、一旦プログラマーに聞きに行く手間がかかったりします。

もちろんその場しのぎで適当に返答するわけにもいかないので、一旦プログラマーに聞きに行くというのは間違いではありません。

でも自分自身にプログラムの知識があれば、その場で回答できます。わざわざプログラマーに聞きにいかなくて済むのです。

SEにプログラムのスキルがあれば、顧客やプログラマー、自分自身にも「無駄な工数がかからなくて済む」というわけです。

その4:市場価値があがりにくい

プログラミングのスキルがないSEは、市場価値が上がりにくいです。プログラミングのスキルがないと、プログラム以外での技術で勝負しなければならないからですね。

たとえば転職する際にも、多くの開発会社は

「〇〇の言語開発経験3年以上」

といったように、プログラミング言語を用いた開発経験を問う会社が多いです。

もちろんプログラミングスキルがなくても、要件定義や設計書の作成などができるSEは、市場価値が高い傾向にあります。

でも上流工程だけでなく、プログラミングもできるSEの方が圧倒的に価値は高いですよ。

プログラミングができないSEが今から取るべき対策

SEならプログラムのスキルはあった方が有利に仕事を進められます。

ここからはプログラミングができないSEが、「今から取るべき対策」についてご紹介します。

結論からいうと、以下の3つの対策が効果的です。

  • プログラミングを独学する
  • 製造工程から入れるか交渉する
  • 開発ができる会社に転職する

対策1:独学でプログラミングスキルを身につける

1つ目の対策は、独学でプログラミングのスキルを身につけようです。プログラミングは実務経験だけでなく、独学でも身につけることができます。

実務でプログラミングができないなら、プライベートで独学すればOK。

たとえば僕は実務以外にも、プライベートでプログラミングの無料学習サイトを活用したり、動画教材を買ったりして勉強しています。

他にもプログラミング言語の資格を取るのもいいと思います。

プログラミングのスキルを身につけておけば、会社から開発案件を紹介してもらえる可能性もでてきますよ。

プログラミングの独学の方法は、以下の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

https://shin-memo.com/programming-study-method/

対策2:プログラミングの案件に入れないか会社に交渉してみる

所属会社の営業に、プログラミングができる開発案件に入れないか交渉してみるのもありですよ。プログラミングは実践でやる方が、圧倒的にスキルが身に付きやすいです。

独学でもいいですが、独学だとエラーでつまずいたりした時に、質問できる人がいないと解決するのに時間がかかります。

現場なら他にもプログラマーがいるはずなので、聞けば一瞬で解決したりします。

とはいえ、交渉するにしても、あなた自身になんのスキルもなければ交渉が成立する確率は低いでしょう。

まずは独学するなりして、プログラムのスキルを身につけるのが先です。その上で、所属の会社に交渉してみると良いですね。

対策3:プログラミングができる会社に転職する

所属会社に交渉しても無理なら、いっそのことプログラミングができる会社に転職するのもありです。あなたにスキルがあったとしても、会社によっては交渉しても無理な場合もありますからね。

世の中プログラミングをしている会社は山ほどありますので、探せば案件はたくさん見つかります。

以下の記事では、エンジニア転職に最適な転職サイトをまとめていますので、ぜひ活用してみてください。

SEならプログラミングができた方が有利:まとめ

SEならプログラミングができないと損ですし、できた方が圧倒的に有利に仕事を進められます。

プログラマーへの正確な指示だし、設計者への反映など。プログラミングのスキルがあれば市場価値も上がりやすいです。

現時点でプログラムが書けないという方も、今から学習していけばOKです。

以下では、Javaエンジニアになるためのロードマップをご紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住