SESのヘルプデスクはスキルがつかない?抜け出すべき理由と対策

2022年7月17日

SESのヘルプデスクはスキルがつかない|抜け出すべき理由と対策

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住

「手に職をつけるためにIT業界に入ったけれど、SESでヘルプデスクばかりさせられている。全然スキルが身につかないし、将来が不安」

こんなお悩みにお答えします。

SESのヘルプデスクは、専門的な技術を必要としない作業が多く、スキルが身につきにくいです。そして、「スキルがつかないから将来が不安」という自身の考えは、僕は正しいと思います。

そこで今回は、SESのヘルプデスクはスキルがつかない理由と、いますぐ抜け出すべき理由について解説します。

僕は現役のフリーランスエンジニアとして、Webアプリ開発を行なっています。僕の友人でSESのヘルプデスクをやっていた方もいるので、今回はそちらの実例も交えてお伝えしますね。

この記事をお読みいただくことで、「SESのヘルプデスクの抜け出す方法」「エンジニアとしてスキルを高める方法」について知ることができますよ。

ぜひ最後まで読んでみてください。

SESのヘルプデスクとは

まずSESとは、システムエンジニアリングサービスの略です。自社の社員を他社に紹介し、客先常駐で業務を行うことを指しています。

そして、SESのヘルプデスクとは、「客先常駐でヘルプデスクを行うこと」を指しています。

SESのヘルプデスクとは?
SESのヘルプデスクとは
  • コールセンター
  • テスター
  • データ整備
  • 問い合わせ対応
  • その他、単純作業

ヘルプデスクとは、主に上記のことです。これら1つ1つの仕事自体は、一見するとよくある一般職ですね。

SES業界で昔から問題になっているのは、長きにわたり自社の社員に「ヘルプデスク業務しかさせない」ということです。

本人は開発がしたくて入社したのに、ずっとヘルプデスクをさせられているという悪質なケースが一部の企業であります。

SESのヘルプデスクはスキルがつかない!抜け出すべき理由

SESのヘルプデスクはスキルが身につかない

SESのヘルプデスクは、専門的なスキルが身につかないです。

あなたがヘルプデスクをしているけど、今後ITエンジニアとして実務経験を積みたいのであれば、今すぐ抜け出すべきかと。

僕がそう思う理由を3つご紹介します。

  • 技術を必要としない業務だから
  • 一生這い上がれない可能性が高い
  • 市場価値が上がりにくいから

抜け出すべき理由1:技術を必要としない業務だから

ほとんどのヘルプデスク業務は、専門的な技術を必要としないです。なぜならヘルプデスクは単純労働が多く、比較的に難易度の低い業務が多いからです。

たとえばコールセンターは、電話応対のマニュアルを覚え、あとは業界知識を身につければ難しいことではありません。

僕自身、前職は販売員で、毎日電話対応をしていたことがあるのでわかります。

もちろんコールセンター業務も、顧客の要望に応えなければならない大切な職業の一つ。対人スキルも必要ですし、決して簡単な仕事ではないです。

しかし、あなたが「技術者」として成長していきたいのであれば、エンジニアとしての実務経験を積むべきです。

抜け出すべき理由2:一生這い上がれない可能性が高いから

SESのヘルプデスクは、一生はい上がれない可能性が高いです。理由としては、ヘルプデスクは単純労働なので、スキルが身につかないからですね。

つまり、

ヘルプデスクを続ける→いつまでもスキルが身につかない→スキルがないのでヘルプデスクをさせられる

上記の通りで、いまのSES企業に所属している限り、一生抜け出せない無限ループ状態に陥る可能性が高いです。

もちろんヘルプデスクという仕事にやりがいを感じていたり、特に高望みはしていないというのであれば問題ではありません。

でも、この記事を見ているということは、おそらくあなたは「スキルも収入も上げたい」と思っているのではないでしょうか。

スキルや収入を上げたいのであれば、実務経験を積む必要があります。

抜け出すべき理由3:市場価値が上がらないから

SESのヘルプデスクを続けていても、市場価値はほぼあがりません。ヘルプデスクは難易度の低いテスターやデータ整備などの案件が多く、エンジニアではなくても仕事ができるからです。

実際、転職サイトdodaによると、ヘルプデスクの平均年収は「297万円」との結果が出ています。

dodaヘルプデスク平均年収
画像引用元:doda公式サイト

一方で、システムエンジニアやプログラマーの平均年収は467万円です。

ヘルプデスクを続けていても、スキルが身につかないので市場価値が上がらず、年収もあがりにくいのです。

SESのヘルプデスクはスキルがつかない?実例をご紹介

SESのヘルプデスクは、スキルが身につかないです。その実例をご紹介します。

実際に僕の友人2人が、SESのヘルプデスクを経験しておりますので、彼らから聞いた話となります。

  • K君:SESでサーバーの監視役
  • O君:エクセル等でデータ整備

友人K君:SESでサーバーの監視役

友人K君は、SESでサーバーの監視役を2年ほどされていたそうです。サーバーの監視とは、その名の通り、サーバーを目視で監視する仕事です。

K君はもともと開発がしたいといって入社したにもかかわらず、気がつけばヘルプデスクで2年経過していたとのこと。

僕はK君に「入社後に開発をしたいと、営業担当者とかにアピールはしなかったの?」と聞きました。

するとK君は「言ったけど、じゃあ何ができますか?と営業担当者に言い返された。結局、ずっと開発案件に入らせてもらえなかったから、退職をした」とのことです。

このことからみても、ヘルプデスクだとスキルが身につかないですし、会社に居続けても開発案件に参画できる可能性は低いと思われます。

友人O君:エクセル等でデータ整備

友人O君は、SESのヘルプデスクでデータ整備をしていました。データ整備とは、エクセルなどでデータをまとめたりする、単純作業です。

O君は将来フリーランスエンジニアになりたくて、IT業界に入ったそうです。しかし、SESのヘルプデスクをさせられ、気がつけば1年が経過していました。

僕はO君に「開発ができる会社に転職をすればいいのではないか?」とアドバイスをしました。でもO君は「もうこのままでいい」と、当時のフリーランスになるという目標の熱が、冷めているように見えました。

未経験でもある程度のスキルを磨き、転職活動を頑張れば、開発経験が積める会社に転職することは可能です。

そもそもなぜヘルプデスクに回されるのか

そもそもなぜ開発志望にもかかわらず、ヘルプデスクに回されるのでしょうか?

その理由は大きく分けて2つ。

  • その1:本人に技術がないから
  • その2:開発案件がないから

その1:本人に技術力がないから

ヘルプデスクに回される理由は、シンプルに「技術力がないから」だったりします。

逆に技術力があるエンジニアを、あえてヘルプデスクに回すメリットってないですからね。

  • 技術力がない→ヘルプデスク
  • 技術力がある→開発案件

上記の通り。

反対にスキルがないのに、いきなりヘビーな「開発案件に放り込まれる」というケースもあるようです。でもこれは、ついていけなくて辛い思いをします。

ただSESでそのようなケースは、あまりないかなと。

開発案件に入りたいなら、未経験とはいえ、ある程度の水準までスキルは上げておく必要はあります。

その2:開発案件がないから

2つ目の理由は、そもそも開発案件を保有していないからです。

所属しているSES企業の営業力が弱く、案件が取れなかったりする可能性はあります。

当前ですが案件がなければ、たとえ技術力があったとしても、開発することができません。

そもそも所属している会社で開発案件に入れるのかどうかは、調査しておくと良いですね。

SESのヘルプデスクでスキルがつかない時の対処法2つ

SESのヘルプデスクでスキルがつかない時の対処法をご紹介します。

結論からいうと、以下の2つが対処法です。

  • 実務経験が積める会社に転職する
  • 独学して営業にアピールする

対処法1:実務経験が積める会社に転職する

1つ目は、実務経験が積める会社に転職することです。一番手っ取り早い方法ですね。

まずは一度、今の会社で開発案件に入れないかどうか交渉してみるのがいいと思います。交渉しても難しそうなら、転職がいいです。

転職するなら、次はヘルプデスクは避けましょう。

面接時に以下の項目をチェックしてみてください。

  • 受託開発(SIer)や自社開発企業に転職する
  • 次もSESならヘルプデスクがないか確認する

なるべく受託開発や自社開発企業に転職すると良いですよ。受託や自社開発は開発がメインであるケースが多いからですね。

もし次もSESにするにしても、ヘルプデスク業務があるところは避けるべきです。面接で要確認です。

「最初の数ヶ月はテスター」でそこから徐々に開発していくというのであれば、まだマシかもですね。

以下の記事では、ITエンジニア転職に役立つ転職サイトをまとめていますので、ぜひ活用してみてください。

対処法2:独学して営業にアピールする

2つ目の対処法は、独学をして営業にアピールすることです。

ヘルプデスクは継続しつつ、空き時間に独学をして技術力を高めておくと良いです。

技術力が身につけば、営業から開発案件を紹介してもらえる可能性が高まります。

たとえば1日平日1時間、休日は土日それぞれ4時間ずつとかでもいいのでプログラミングの学習をするなど。

スキルさえ身につけば、たとえ所属のSES会社で開発案件に参画できなかったとしても、他の開発会社に転職すればいいです。

プログラミングの独学方法については、以下の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

開発がしたいならヘルプデスクは早めに脱出しよう:まとめ

SESのヘルプデスクでは、スキルが身につきませんので、実務経験を積み上げたい方は、すぐにでも行動するべきです。

スキルを身につけて営業にアピールするか、開発経験が積めそうな会社に転職するという選択肢もありです。

未経験から開発エンジニアになるのは、そう簡単な話ではないです。ですがスキルを身につけて転職活動をすれば、開発経験が積める会社に転職することは、十分できます。

ヘルプデスクを続けていても、市場価値はあがりません。技術者として価値を高めていくのであれば、独学や転職活動をするなど、行動する必要があります。

  • この記事を書いた人

シン

フリーランスエンジニア|Oracle認定Java Gold保有|全日本SEO協会認定 SEO検定全級保有(1〜4級)|プログラミング、エンジニア、SEO情報を発信|大阪在住