【悲報】新人エンジニアは勉強しないと99%詰む理由【実体験】

2021年12月31日

シン

フリーランスエンジニア【経歴】新卒で配送業▶︎販売員▶︎プログラミングスクール卒業▶︎会社員プログラマー1.5年▶︎独立|保有資格:Oracle認定Java Silver|サイトのテーマ:市場価値の高いITエンジニアを輩出する|大阪在住29歳

ITエンジニアに転職できたのはいいのだけど、そもそも勉強が嫌いなんだよなぁ...。やっぱりプライベートも勉強しないダメ?

こんなお悩みにお答えします。

本記事のテーマは、「新人エンジニアは勉強しないと99%詰む理由と解決策」です。

どうも、現役フリーランスエンジニアのシンです。実務ではJavaを使ってWebアプリ開発を行っています。

新人エンジニアで勉強が嫌いな方は多いと思います。

僕自身も勉強が嫌いで、プライベートは自分の時間を優先したい派でした。特に1年目は、プライベートで一切勉強をしなかったため、実務でついていけずに上司に迷惑をかけ、足を引っ張っていました。

先に結論をいうと、新人は最初の2年間はプライベートでも勉強しないとほぼ確実に詰みます。今遊んでしんどい思いをするか、今頑張って後で楽をするかですね。

そして本記事をお読みいただくことで、勉強しないと具体的にどういった損失が出るのかや、効率よく学習する方法について知ることができます。

僕が新人の頃に知っておきたかったことをまとめていますので、新人エンジニアの方はぜひ最後までご覧ください。

新人エンジニアは勉強しないと生き残れない理由4つ

なぜ新人エンジニアは勉強しないと99%詰むのか。

下記4つの理由を解説していきますね。

  • 理由①:覚えることが多いから
  • 理由②:実務でついていけなくなるから
  • 理由③:技術は常に進化していくから
  • 理由④:開発ばかりできるとは限らないから

順番に見ていきましょう。

理由①:覚えることが多いから

1つ目の理由は、「覚えることが多いから」です。

無数にあるIT用語やプログラミングの技術など、覚えることが多いです。その中で勉強を怠ると、なかなか自身のレベルアップができません。

僕は入社してから最初の1年は、プライベートでは全く勉強をしませんでした。その結果、一向にIT用語やプログラミングを覚えることができず、実務で同じ質問をしたり、ミスを繰り返したりして上司に怒られることが多々ありました。

勉強しないと自分のためにならないどころか、周囲の足を引っ張ってしまい、余計な迷惑をかけてしまうのです。

理由②:実務でついていけなくなるから

2つ目の理由は、「実務でついていけなくなるから」です。

新人プログラマーは勉強しないと知識が身につかないので、なかなか実務についていけません。

未経験者を採用している企業の中には、最初の3ヶ月間は研修を行い、その後に現場に入るというケースは多いです。しかし研修で学んだからといって、現場で即プログラミングがバリバリできるようになるわけではありません。

僕自身、入社前はプログラミングスクールでRubyを2ヶ月ほど学び、エンジニアに転職して1ヶ月間は研修でJavaを学びました。

しかし、その後の実務で全くといっていいほどついていけませんでした。

例えるなら現場はサッカーの試合で、研修はリフティングをしているだけに過ぎないです。リフティングだけしていても、試合は上手くならないですからね。

研修で習ったことは自宅で復習をするとか、とにかく仕事を覚えようという意欲を持つことが重要ですね。

理由③:技術は常に進化していくから

3つ目の理由は、「技術は常に進化していくから」です。

習得した技術が、数年後には使い物にならないという話はよくあります。

ただ新人の方からすると、「いやいや、自分はまだまだだし、いまは先のことなんか考えなくてもいいや」と思うかもしれません。

しかし人生はあっという間なので、新人のうちから自ら技術を習得するという意識を癖づけておかないと、後で「あの時もっと勉強してたらよかったな...」と後悔しかねません。

理由④:開発ばかりできるとは限らないから

4つ目の理由は、「開発ばかりできるとは限らないからから」です。

エンジニアといっても、必ずしもフルタイムで実務経験が積めるわけではないからですね。

たとえば、以下の作業もプログラマーの仕事です。

  • 打ち合わせ
  • 突発的な業務
  • エクセルにデータをまとめる
  • プログラミングのテスト
  • 会社独自の技術

要は、自身のスキルアップにつながらない業務も多々あるということです。

このようにスキルアップに繋がらない業務ということもわからないまま、「本業で実務経験つめてるからプライベートは勉強しなくても、まぁいけるだろう」という気持ちでいると、一向にスキルが身に付かず市場価値が上がりません。

世の中には「エンジニア歴5年」と名乗っている人でも、全くスキルのないシステムエンジニアやプログラマーはいます。そのような方は本業でプログラミングやその他の実務経験を積む機会がなく、自宅でも勉強をしてこなかったため、技術力が皆無なのです。

もしあなたが開発エンジニアとして市場価値を高めたいのに、一向に開発ができていないのであれば、プライベートで勉強しないとまずいです。

逆にプライベートでも勉強しておけば、その意欲が上司に認められることで、意外と開発案件に参画させてもらえたりします。

プライベートでも勉強してスキルを身につけておけば、いざという時に転職もしやすいですからね。

新人エンジニアが効率よく勉強をしてスキルアップする方法

では解決策もご紹介しますね。

  • 休日もプログラミングの学習をする
  • 技術ブログを始める
  • 睡眠時間は7時間以上とる
  • 本業はスキルアップできる業務を取りに行く
  • 勉強するなら外に出る(カフェかコワーキングスペース)

上記を実践すれば、間違いなくプログラマーとしての市場価値が上がり、実務でついていけない問題を解決することができます。

勉強が嫌いな方でも、これからお伝えする方法であれば、勉強をやらざるを得ない環境を作れますよ。

その①:休日にプログラミングの勉強をする

そもそも「本業が忙しくて勉強する時間がない」という新人エンジニアの方は多いと思います。

じゃあどうすればいいかというと、時間を捻出するしかありません。

たとえば

  • 「スマホゲームをアンインストールする」
  • 「無駄な遊びや飲み会は断る」
  • 「朝のダラダラしている時間をやめる」
  • 「平日は1時間はプログラミングをやる」
  • 「休日は5時間はプログラミングをやる」

などと決めておくと良いですよ。

何を勉強すればいいかわからない方は、Paizaラーニングの問題集をひたすらやりましょう。

僕もPaizaラーニングを利用しているのですが、色々なプログラミング言語の解説動画や、コードを書いて学べる問題集があります。現役エンジニアでもスキルアップができる教材です。

月1,000円ほど課金すれば幅広く学べるので、ぜひ試してみてください。

その②:技術ブログを始める

プログラミングの勉強をするために、技術ブログを始めてみるのもありです。

ブログに書くということは、知識がないとかけません。そして知識をつけるために、インターネットや書籍で調べ物をすることになります。

調べ物をすることでインプットすることができ、ブログに書くことでアウトプットすることができるのです。

たとえば僕は、下記の技術記事を書いた結果、Javaのクラスの基礎知識が身につきました。

自分が調べた情報をネット上に公開することで、人の役に立てますし自身のスキルアップにもつながるので、一石二鳥です。

広告を貼っておけば副収入を得ることもできるので、一石三鳥。プログラマーなら間違いなく全員技術ブログを始めるべきですね。

技術ブログの始め方は下記記事で解説していますので、ぜひ始めてみてください。

その③:睡眠時間は7時間以上とる

睡眠時間は7時間以上は取った方がいいです。

よく「成功者は睡眠時間を削ってでもやる」と聞くかもしれません。しかし人は寝ないと、翌日のパフォーマンスが大幅に低下するので、非効率です。

僕も実際に徹夜してた時期もありました。しかし、翌日眠過ぎてうとうとして全く仕事が進まなかったり、いくらカフェイン取っても睡魔に襲われたりした経験があります。

いまは睡眠時間は必ず7時間以上とっているので、翌日眠気に襲われることはほぼなくなりました。

おかげで本業に集中できていますし、結果的に早く仕事を片付けられたりして、残業を減らすこともできています。

空いた時間で家ではプログラミングの資格勉強、またブログを書く時間を確保することができています。

徹夜は不要なので、とにかく睡眠はしっかり取った方がいいです。

その④:本業はスキルアップできる業務を取りに行く

新人エンジニアでも、自らスキルアップができる仕事を取りに行った方が良いです。

言われたことをやるだけの指示待ち人間だと、雑用をさせられる確率が上がるからですね。

僕は面接の時に「Javaをやりたいです」「他のこともなんでもします」と、しっかりと自分の意思を伝えた結果、Javaで1年ほど経験を積ませてもらうことができました。

実務経験1年積んでからフリーランスエンジニアになれば、月収45万円以上なんてあっという間に超えますよ。

その⑤:勉強するなら外に出る(カフェかコワーキングスペース)

プログラミングの勉強をするなら外に出た方が良いです。

家だと誘惑に負けやすいので、なかなか集中力を保つことができないからですね。

僕自身、休日はほぼ外に出てブログを書いたり、プログラミングの勉強をしたりしています。集中できるところならどこでもいいのですが、僕のおすすめはカフェかコワーキングスペースです。

カフェなら多少なりともお金を払うことになるので、「せっかくお金を払ったんだから勉強しないともったいないよね」という気持ちになれます。

コワーキングスペースは月額料金がかかりますが、基本的に静かなので集中することができますよ。

ちなみに僕の一押しは「ビズコンフォート」です。僕は大阪で毎週土日はここで作業していますが、めちゃくちゃ作業効率が良いです。

外に一歩出ればあとは勉強するしかないという状態にもできるので、まずは外に出る習慣を作ってみるのがいいですよ。

本業でスキルアップが難しいなら転職するべきエンジニアの特徴

エンジニアは本業以外でも勉強するべきということを主張してきましたが、やはり一番重要なのは実務経験です。

ただ残念ながら、その本業でスキルアップが難しいという状態の方も中にはいるかなと。

  • これ以上学べるものがない
  • 事務作業や雑用が多い
  • 正社員で給与が上がらない
  • そもそも残業が多くて勉強時間がない

主に上記に当てはまる方に向けて、解決策を提示していきます。

特徴①:これ以上学べるものがない

シンプルに「もうこれ以上学ぶことがなくなった」という方は転職した方が良いでしょう。

なぜならエンジニアとして価値を高めるには、常に技術を磨いていかないといけないからですね。

IT市場は人材不足が続いているので、実務経験が1年以上あれば求人はたくさんありますし、フリーランスとして独立することもできます。

とはいえ、この記事を読んでいる方の大半はおそらく入社1年未満の新人エンジニアの方だと思います。

ですので、現状の会社で実務経験が積めるなら、もちろん現状維持がいいです。

もし今後スキルアップが難しくなってきたら、転職を視野に入れてみてください。

特徴②:事務作業や雑用が多い

ITエンジニアとして転職したのにも関わらず、テストやエクセルにデータをまとめるような事務作業ばかりさせられるケースがあります。

これは、SES企業によくある例ですね。

僕の友人もSES企業に転職していましたが、1年経っても全くプログラミングをさせてもらえていないようです。

自身が開発を希望しているのに、一向に開発ができないって問題ですよね。一生雑用をさせられて人生を終えるくらいなら、今すぐ転職すべきです。

半年経っても雑用ばかりなのに、なぜか「いつか実務経験を積ませてくれる」と、根拠もなく願っているだけの方って多いんですよね。

もちろん中には待ってたらいつか開発させてくれる会社もあります。しかし、仮に1年待っても実務経験を積ませてくれなかったら、その1年無駄にするということですからね。それなら早めに見切りをつけて転職した方が良いです。

世の中には新人でも、開発経験を積ませてくれる企業は探せばたくさんありますからね。

エンジニアとして市場価値をあげるのであれば、実務経験が積めるかどうかが、もっとも重要です。

特徴③:正社員で給与が上がらない

1~2年ほど経験を積んだ正社員のプログラマーの方で、スキルがあるのに給与が上がらない方は多いです。

僕の友人は5年ほど正社員プログラマーとして働いていますが、手取り20万円前後です。

友人はSESで働いていて、月単価50万円の現場に入っているとのことですが、給与は手取り20万円ほど。つまり、会社に半分以上はもっていかれているのです。

実務経験が2年もあれば、派遣エンジニアなら年収は400万円~500万円はいきますし、フリーランスエンジニアなら年収500万〜600万円はいくかなと。

正社員は安泰というイメージがありますが、何かと搾取されやすいんですよね。

実務経験があるにも関わらず、低賃金で給与アップが望めないのであれば、転職するかフリーランスエンジニアになった方が良いですよ。

特徴④:そもそも残業が多くて勉強する暇がない

そもそも残業が多過ぎて勉強する暇がないという方も、転職すべきですね。

とはいえ中には良い残業の例もありまして、それは「実務経験が積める残業」ですね。

たとえばプログラミングや設計書の作成、要件定義など。このような実務経験が積める残業であれば、お金をもらいながら勉強できるというチート状態なので、むしろOKです。

逆に悪い残業とは、

  • 「テスト」
  • 「誰にでもできるような雑用」

ばかりさせられているケースですね。

技術力が上がらないのに残業も多い→残業が多いと家で勉強もできない

という最悪の状態になってしまいます。

このような職場にいる方は、早めに見切りをつけるべきです。

エンジニアは勉強すればするほど市場価値が上がる:まとめ

決して脅したいわけではないのですが、新人エンジニアは勉強しないと、ほぼ確実に詰むのは事実です。

ある程度実務経験を積んだ方であれば、勉強しなくても既にスキルがあるので、プライベートを割いて勉強する必要はないかもしれません。

しかし入社1年未満の新人エンジニアは、勉強しないとなかなか実務についていけず、会社のお荷物になってしまいます。

そうなると、一向に市場価値を上げることができませんし、あなた自身がつらい思いをします。

エンジニアは転職するまでが難しいと聞きますが、転職してからが難しいです。実際、転職してからついていけず、辞める人も多いので

もし僕が過去の自分に伝えるとしたら、「絶対に最初の2年間は勉強しろ」ですね。

ブログでアウトプットするのでもいいですし、プログラミング言語の資格を取るための勉強でもいいでしょう。

もちろん時にはプライベートを優先するのも大切ですが、最初に勉強しておいた方がその分早く市場価値が上がるので、結果的に後で楽ができます。

今回は以上です。